実力派シンガー「平原綾香」


平原綾香は、日本の女性アーティストであり、サックス奏者でもあります。

彼女は父親がマルチリード奏者、祖父がトランペット奏者、そして姉がシンガーソングライター兼サックスフォンプレイヤーという音楽一家に育ちました。

彼女は楽器の腕前も確かなものですが、高音から低音まで伸びやかに発声できるその歌声もまた、魅力のひとつです。

代表曲「Jupiter」

平原綾香「Jupiter」の歌詞が深い...!カラオケでも歌える!?PV・アルバム掲載情報も掲載!の画像

平原綾香は2003年にデビューしていますが、デビューシングルとなった「Jupiter」は爆発的なヒットを記録し、現在まで続くロングヒットとなっています。

デビュー曲でありながら彼女の存在を世に知らしめたのは他でもない、この「Jupiter」なのです。

この楽曲平原綾香自信が書いたものではなく、作詞家の吉元由美が詞を手がけました。

クラシックの楽曲のアレンジ

「Jupiter」は「木星」という意味ですが、これはグスターヴ・ホルストのクラシック曲「惑星」の第4曲の一部分をアレンジして作られたものです。

詞をつけたのは先に紹介した吉元由美ですが、「クラシックの楽曲に歌を入れよう」と言いだしたのは平原綾香本人だと言います。

元が管弦楽組曲と言うだけあって、クラシックに慣れ親しんで育った平原綾香らしい楽曲に仕上がっています。

新潟県中越地震の復興ソングとして有名

2003年のリリース以降も「Jupiter」は注目され続けていき、現在では様々なタイアップをしています。

中でも新潟県中越地震の復興ソングとして浸透しているのは地元民の間では有名です。

現在では毎年恒例の「長岡花火大会」のテーマソングにも起用され、毎年花火とともに楽曲が流れます。

平原綾香自信も何度か実際に会場に出向いてライブを行っています。

 

10周年記念アルバムに収録

この楽曲はシングルとして発売されましたが、10周年記念のシングル・コレクションにも収録されています。

他にも平原綾香の人気曲が満載なので、是非一度聴いてみると良いでしょう。

10周年記念シングル・コレクション~Dear Jupiter~
平原綾香
Dreamusic
販売価格 ¥3,800(2017年12月5日11時18分時点の価格)
売上げランキング: 7130

他のアーティストもカバー


ロングヒットを続けている「Jupiter」は、現在でも人気は衰えていません。

最近では人気若手アーティストグループである「Little Gree Monster」がカバーして歌っています。

そしてこの曲は日曜劇場「陸王」の挿入歌としても歌われており、老若男女問わず人気を集めているのです。

深い歌詞が気になる!

「Jupiter」の魅力は平原綾香自身の透き通るような歌声にもありますが、その歌詞も深いと話題になっています