サビの部分

見つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波のような侘しさに
I know ..怯えてる.Hoo...
めぐり逢えた瞬間から魔法が解けない
鏡のような夢の中で
思い出はいつの日も雨

(TSUNAMI/サザンオールスターズ)

出典: https://twitter.com/Kuwata_keisuke_/status/923693854569635840

曲が盛り上がるサビの部分は、素直に愛情を表現できない男性のもどかしさを表現しています。全てをさらけ出す怖さも伝わって来る、不器用な男性の心理を表しています。

TSUNAMIが歌い注がれるわけ

2000年にリリースされ、大ヒットした後、ずっとこの曲は歌い継がれてきました。しかしながら、2011年に東日本大震災があったとき、一時的にこの曲は使用を自粛された経緯があります。それは津波の被害があった被害者の心情に配慮する意味合いから。

しかし、「タイトルはTSUNAMIだが曲自体に罪はない」という声が多く寄せられるようになりました。このように自粛期間があるにもかかわらず、いまだ歌い継がれているのは、この曲が名曲だからという理由以外は思い当たらないのではないでしょうか。

TSUNAMIは犠牲者からのメッセージ

この曲の歌詞は、東日本大震災で津波の犠牲になった人たちからの「忘れないでほしい」というメッセージだとも取れるのではないかという解釈もあります。桑田佳祐さん自身は「いつかこの曲が復興の象徴として歌われる日が来たらいい」と発言しています。

まとめ

いかがでしたか?2000年にリリース以来、17年に渡って歌い継がれ、愛されているサザンオールスターズの「TSUNAMI」について、その制作秘話や歌詞の意味合いにフォーカスしてお伝えしました。

これだけのヒットを記録しながらも、その11年後に全面自粛せざるを得なかった「TSUNAMI」。そのような特異な経緯をたどりながらも、時代を超えて歌われ、愛されている名曲はそうそうあるものではありません。今一度大ヒット曲「TSUNAMI」を聴き直し、歌の意味や歌の制作意図を理解し、名曲を噛み締めていただけたらと思います。

無料で音楽聴き放題サービスに入会しよう!

今なら話題の音楽聴き放題サービスが無料で体験可能、ぜひ入会してみてね