ギターの「ストローク」ってそもそも何?

ギターストローク 初心者と上級者の違いを解説の画像

ギターの基本的奏法の一つ

ギターを演奏していると、よく「ストローク」という言葉を耳にするかと思います。

ギターの演奏におけるストロークとは、6本の弦をピックで「ジャカジャカ」と弾く動作のことを言います。

基本的なギターの演奏方法の一つです。

ストロークの種類

ダウンストロークとアップストロークがあり、ダウンストロークは6弦から1弦に向けて腕(手首)を下げる動作で、アップストロークはその逆です。

多くの場合は、ダウンストロークとアップストロークを交互に行うことで、「ジャカジャカ」という音を出すことができます。

ちなみに、「ストローク」という言葉には、「一往復、一打」などの意味があり、ゴルフや水泳などでも使われているようです。

初心者のストローク

ギターストローク 初心者と上級者の違いを解説の画像

自然なストロークができないことが多い!

ギターを始めたばかりの頃は、ピックの持ち方もあやふやですし、弦の弾き方も正しくないことが多々あります。

ピックを弦に対して水平に弾くことができないことで、ピックを落としてしまったり、音がきちんと出せなかったりしてしまいます。

そこで、「ピックを落とさないようにしよう」「きちんと音を出すようにしよう」などと強く思ってしまい、右手に余計な力が入ってしまうことで、自然なストロークができなくなってしまいます。

これでは悪循環となってしまいますね。

原因を知ろう!

ストロークがうまくできない正しい原因が何なのかをきちんと理解しないといけません。

原因は、もちろんピックの持ち方もありますが、それだけでなく、弦の弾き方、つまり右手の動かし方も重要となってくるのです。

そこに気づくことで、上級者への一歩が踏み出せます。

上級者のストローク

ギターストローク 初心者と上級者の違いを解説の画像

ピックの持ち方と弦の弾き方

では、初心者と上級者では何が違うことで、ストロークが変わってくるのでしょうか。

まずは、先述したように、ピックの持ち方と弦の弾き方の違いがあります。

上級者は、ピックを持つ右手にそんなに力を入れていません

むしろ、軽く持っているくらいです。

「軽く持っていたら、ピックを落としてしまう」という声が聞こえてきそうですね。

ですが、弦の弾き方をきちんとすれば、ピックを落とさずにきちんと「ジャカジャカ」と演奏することができます。

上級者は、ピックを弦に対して水平に弾き、そのままネックに対して垂直に下ろしていきます

こうすることで、ピックを落とすことなく、きれいなストロークを奏でることができます。

腕の動かし方

また、腕の動かし方にも違いがあります。

ストロークを演奏している上級者の右手に注目すると、あまり腕自体が動いていないことに気づくことができると思います。

腕を大きく動かすのではなく、手首を動かすことで、余計な力を入れずに上手にストロークをしているのです。

このように、ピックを持つ力、弦の弾き方、右手の動かし方に違いがあるのです。

ストロークの練習のコツ

ギターストローク 初心者と上級者の違いを解説の画像