意味も答えも探さないよ

Look up
意味なんてno need
Look up
手を伸ばして掴むnew day
Look up
Remember this closely
All you gotta do you gotta do is

出典: Look Up/作詞:Jeremy Quartus,Patrick Hartman 作曲:Jeremy Quartus,Patrick Hartman

「顔をあげよう

意味なんて要らないさ

見上げてみよう

手を伸ばして掴む新しい日

顔をあげよう

こいつをしっかりと思い出して

やらなきゃいけないことは君が何かすることだけなのさ」

間にサビのリフレインが挟まれます。

繰り返しになりますので訳出は割愛しました。

ようやく終盤でタイトルを回収します。

顔をあげよう、もしくは見上げてごらんという意味になるでしょう。

僕は人生の答えも探さないし意味もないといい切ります。

考えることに気を割く必要はないという意味でしょう。

もっと行動することに確信を持ってやってゆこうというのです。

行動するための原理について僕は触れません。

おそらくJQという人は原理原則なんて言葉は嫌いなはずです。

頭で考えたものよりも手を動かして掴んだものを信じたいというタイプの人なのでしょう。

この歌の教訓というものはタイトルの「Look Up」のひと言で済むかもしれません。

顔をあげることだけでいいことあるさというような気楽さを滲ませてくれます。

実際に私たちは苦しいときに「上を向いて歩こう」を歌って困難を超えてきました。

今日を祝福する訳は

For a minute let the seconds turn to hours
Just breathe
このまま忘れていく前にいっそone more time
Celebrate today again

出典: Look Up/作詞:Jeremy Quartus,Patrick Hartman 作曲:Jeremy Quartus,Patrick Hartman

「1分は数秒間を何時間にでもしてしまう

ただ息をしよう

このまま忘れていく前にいっそもう一度

今日を再び祝福しよう」

過ぎゆく時間の中でとにかく自然の空気を吸い込むことの大切さを学んで欲しいようです。

深呼吸は私たちの早すぎた生き方に反省をもたらしてくれます。

自然の空気を取り込むことによって自分ひとりでやってきたかのような錯覚を追い払うことが大事です。

人間はときに自然によって生かされている事実を忘れてしまいがちでしょう。

そうしたときに深呼吸することで私たちは周囲の状況に気が付くことができます。

ただ、息をしてみる。

それだけで自分が置かれている状況について悟ることだってできます。

リラックスしてもう一度今日という日を祝ってみましょう

それは何か祝い事をしたりパーティーしたりという意味ではないです。

生きてやってこられたことを単純に祝うようなことを毎日繰り返してみること。

この繰り返しのうちに自分の人生というものが一筋の線となって見えてくるのではないでしょうか。

ああ、長いこと歩いてきたのだなと思えるような気持ちが自然に湧いてくるはずです。

僕はとにかく君の凝り固まった心を解きほぐすための言葉しか放ちません。

「Look Up」することの大切さ

Nulbarich【Look Up】歌詞を和訳&意味を解説!なぜ今日を祝う?見上げた先に待つものとはの画像

Look up
意味なんてno need
Look up
手を伸ばして掴むnew day
Look up
Remember this closely
All you gotta do you gotta do is
Look up
意味なんてno need
Look up
手を伸ばして掴むnew day
Look up
Remember this closely
All you gotta do you gotta do is

出典: Look Up/作詞:Jeremy Quartus,Patrick Hartman 作曲:Jeremy Quartus,Patrick Hartman

間にサビが挟まっています。

繰り返しになりますので訳出はいたしません。

これにてクライマックスです。

この箇所もリフレインになります。

大事な箇所だけ訳出しましょう。

「顔をあげよう

こいつをしっかりと思い出して

やらなきゃいけないことは君が何かすることだけさ」

人は何を考えたのかではなく、どう行動したのかで評価されます。

主観的な基準ではなくて、行動という客観的な足跡を考慮してその人の価値を判断するのです。

立派な思想を持った人でも書斎に籠もりきったままでしたら生きた足跡は遺せません。

書斎を出て街角で思想を行動に移すくらいの積極性が望まれます。

JQが「Look Up」で述べている原理はただこれだけです。

見ていただいた通りに「Look Up」という楽曲ドラマは非常にシンプルでしょう。

落ち込んでいる君に僕がヒントを与えるという非常に素っ気ない構成です。

しかも僕が君に贈る言葉は答えなど探さないでいいというような不思議な励まし方でした。

ただ深呼吸しようというような行動への勧めがやけに印象に残ります。

僕は君にどうしろこうしろとも指示しません。

ただひたすらに行動することが大事だよと告げてくれるだけなのです。

不親切な訳ではありません。

僕が君の実際の行動の様式にまで口を出してしまったならばそれはロボットの遠隔操作みたいなもの。

君と呼ばれた私たちは自分自身でなすべきことを見極めて行動すればいいのです。

ここに見られるユルさこそがNulbarichのJQの優しさの真骨頂なのでしょう。

あとは君の自由にするがいい。

歌詞には書かれていませんが、どう行動するかの指針を示さないこのユルさに好感が持てます

Nulbarichは私たちの傍で人生を歩んでくれますが行く先までは縛ったりしないのです。

Look Up

ただ辛いときは顔をあげて深呼吸するといいよというだけのアドバイスが私たちには丁度いいです。

これから先にどうするかをリスナーに委ねてくれるNulbarichは貴重な存在でしょう。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

OTOKAKEとNulbarichの軌跡

OTOKAKEにはNulbarichの関連記事があります。

まずNulbarichの詳細記事を読んでみてはいかがでしょうか。

初心に帰ってNulbarichという不思議なユニットの謎に迫りました。

ぜひご覧ください。

Nulbarich(ナルバリッチ)というバンド、皆さんは聴いたことがありますか?卓越したサウンドとメロディセンスで結成当初から一気に話題となっている、今要注目の彼らについて紹介します。