「神」たる存在ですから、もちろんこの主人公ことも知っていたのでしょう。

主人公が「彼女」に抱いていた恋心のタネを。

ある日偶然出会ってその恋に気づくことを。

さらにいうならば、「神」はどうなるかわからないこれからの未来も神は知っているのでしょうか?

主人公は、そういった「神」の運命のいたずらに今更気づきました。

これから2人はどうなるのか?

この曲は、主人公が友達の女の子に恋をしていることに気づくまでが歌われています。

その後はあえて語られることはなく、聴き手の想像に任せるのみ。

内気な主人公は彼女にアプローチできたのか。

2人は両想いになれたのか。

これは歌詞からはわかりませんが、主人公が未来に対して希望を持っていること。

これは歌詞のニュアンスからもわかります。

「これからどうなるんだ!なぁ神様、教えてくれよ!」

主人公はそんな言葉を残し、曲は終わりを迎えます。

卒業した柿崎芽実への歌?

友達に恋をする主人公という解釈を紹介しました。

しかしこの歌は、デビューシングルをもってグループを卒業した柿崎芽実さんへの歌とも解釈できます。

ひらがなけやき結成時からグループのエースとして活躍した柿崎さん。

この歌詞は、1期生がグループで出会った柿崎さんが突然卒業してしまうという状況に重なります。

柿崎さんの卒業は突然で、まさに「Oh, my god!」というほど驚愕の出来事だったのです。

「ひらがやけやき」で偶然出会った1期生。

しかしそれは偶然ではなく「神」が仕組んだ「必然」だったのかもしれませんね。

この曲の歌詞で、主人公はそんな未来に対して「希望」を持っています。

柿崎さんの未来にもこの主人公のような明るい未来が待っている。

そんなことをこの曲で示したかったのかもしれません。

日向坂46のおすすめ曲

日向坂46【My god】歌詞の意味を徹底考察!恋の行方を神に聞くのは何故?2人の出会い方を解説!の画像

日向坂46セカンドシングル「ドレミソラシド」収録曲「My god」の歌詞について紹介しました。

まさかこの人に恋するなんて!」という主人公の恋心を歌ったこの曲。

 そんな切なくも前向きな「My god」を好きになった人におすすめの日向坂46の曲を紹介します。

ときめき草

大ヒットを記録した日向坂46のデビューシングル「キュン」。

そのカップリングの「ときめき草」はファンの間でも名曲と名高い曲です。

「My god」と同じく少し切ない曲となっており、MVも必見。

 この記事では、ときめき草のMVについて解説しています。

日向坂46の「ときめき草」は、デビューシングルのカップリング曲。しかしこの曲が表題曲の候補にもなったという逸話もある名曲です。恋愛のときめきを歌いながら、切ない気持ちになるMVの魅力を解説しました。

君に話しておきたいこと

「ひらがなけやき」名義で最後のシングル参加となった欅坂46の「黒い羊」。

そのカップリングに、ひらがなけやきの「君に話しておきたいこと」が収録されています。

ひらがなけやきらしい優しく、暖かい曲と歌詞は聴く人を幸せにしてくれます。

この記事では、MVの内容を解説しています。

けやき坂46「君に話しておきたいこと」は欅坂46「黒い羊」の全タイプ共通カップリング曲。この曲を最後に「けやき坂46」は「日向坂46」に改名しシングルデビューすることになりました。「けやき坂46」最後のMVは、ちょっと不思議なイリュージョンを見せられているような映像になっています。