打首獄門同好会の世界へようこそ

【打首獄門同好会/おすすめ人気曲ランキングTOP10】名前は怖いけど実は面白い?ライブ定番曲を紹介♪の画像

ユルさとカッコよさが共存する奇跡のラウドロックバンド

打首獄門同好会、通称「打首」。もうバンド名からして怖すぎるんですが、その実とっても楽しいバンドとして人気を集めています。

その楽しさの最大の秘密は歌詞

生活に密着しまくったユルすぎる歌詞が笑いを誘います。そのくせ、サウンドはゴリゴリのラウドロック。かっこいい。好き。

この絶妙なバランス感覚が、ノれるんだけど歌詞がユルすぎる、一緒に歌ってめちゃくちゃに盛り上がれる奇跡のライブを実現します。

打首のライブは楽しすぎるので、まだ参戦したことのない方は、ぜひどうぞ。

打首、奇跡のメンバー

大澤敦史(おおさわ あつし)
ギター&ボーカル担当。通称「会長」(同好会の長だから)。メインのギタリスト(7弦ギター)・ボーカルのほか作詞・作曲・MC・打ち上げ担当・レコーディング・ミックス・サイト運営・デザイン・ライブ出演交渉窓口・ケーブル製作なども担当。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E9%A6%96%E7%8D%84%E9%96%80%E5%90%8C%E5%A5%BD%E4%BC%9A

みんなの人気者、大澤会長。

表の仕事も裏の仕事もこなす、まさに打首の屋台骨と言える人物です。

ゴリゴリのラウドサウンドをかき鳴らすかと思いきや、時にはポップなフレーズや可愛い歌も披露。これがギャップ萌えというやつですか…?

また、とても優しく気遣いのできる人格者であることも知られていて、そんな会長にファンはメロメロ。

武道館ライブを前に、手描きで地図を描いてくれるバンドマンなんて聞いたことありますか?

僕はありません。

河本あす香(かわもと あすか)
ドラム&ボーカル担当。瀬戸内海のとある島の出身というドラマー。打首結成時からのオリジナルメンバーとして主要な役割をこなす。mixiコミュニティの管理・物販管理・練習スケジュール管理・ライブ中の告知MCなども担当。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E9%A6%96%E7%8D%84%E9%96%80%E5%90%8C%E5%A5%BD%E4%BC%9A

女性ドラマーでありながら、キレのあるサウンドに定評があるのがドラマーの河本さん。

打首の曲はサビの疾走感、ノリの良さがウリの一つですが、それは河本さんのドラムなくして実現しません。

ライブでフロアを躍らせている張本人です。

junko(じゅんこ)
ベース&ボーカル担当。2006年11月から加入したベーシスト(5弦ベース)。ステージに立った時の腰までのびたストレートヘアーを時にライブハウスの天井に引っ掛かるまでに振り乱し演奏する。圧倒的に目立つインパクト担当。休日に海に出かけては何をするでもなくビーチに1日中たたずんでいる。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E9%A6%96%E7%8D%84%E9%96%80%E5%90%8C%E5%A5%BD%E4%BC%9A

打首は全員がボーカルを担当していて、掛け合いのパートがある曲も多いです。

骨太でありながら愛嬌がある、女性陣のボーカルもポイント!

第10位:まごパワー

じじい!ばばあ!みんなで叫ぼう

どうしておじいちゃんおばあちゃんは孫に激甘なんでしょうね。

そんな「親戚あるある」をつめこんだのが「孫パワー」!

何といっても破壊力があるのがサビのフレーズ。

じじいラブ孫 超ラブ孫 ばばあラブ孫 超ラブ孫

出典: まごパワー/作詞:大澤敦史 作曲:大澤敦史

完璧なまでのキラーフレーズ!こんな疾走感のある「じじい」「ばばあ」がかつてあっただろうか。

超疾走感のあるじじいとばばあに乗っかって、ライブでブチあがろう!

第9位:デリシャスティック