【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年02月11日更新

【ループ&ループ/ASIAN KUNG-FU GENERATION】歌詞&MVを紹介!ドラマ主題歌!

名曲「ループ&ループ」。 改めて歌詞を解釈していきたいと思います!

ASIAN KUNG-FU GENERATION

1996年、関西学院大学の音楽サークル内で結成されたASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション、通称・アジカン/AKG)。


2002年、「遥か彼方」(アルバム『崩壊アンプリファー』収録)が人気アニメ「NARUTO」の主題歌に選ばれたことで注目を集めたアジカン。


翌年メジャーデビューを果たしました。

メンバー

フロントマンである後藤正文(ボーカル・ギター)、喜多建介(ギター、コーラス/リーダー)、山田貴洋(ベース、コーラス)、伊地知潔(ドラムの4人編成。


後藤はGotchという別名義も持っており、ソロ活動のほか楽曲提供やプロデュースも行っています。


また、Twitterでも精力的に新しいアーティストを紹介しており、音楽ファンに絶大な支持を受けています。

映画監督との縁

そんなアジカンの楽曲といえば、映画監督が担当した名作MVが有名です。


今回はその中でも筆者お気に入りの2作を紹介しますね。


1作目は豊田利晃監督(「青い春(2001)」他)が担当した「君という花」。

ベストアルバムBEST HIT AKGにも収録されたナンバーあり、初期アジカンの代表曲のひとつです。


豊田監督作品に多く登場するマメ山田さんの印象的なダンスから始まるMVの、独特なブルーの映像が印象的です。

2作目は三木孝浩監督(「坂道のアポロン(2018)」他)が担当した「ソラニン」。


同名映画の主題歌として書き下ろされ、映画の中ではヒロイン役の宮崎あおいの歌唱シーンでも大きな話題を集めました。


そのため、MVもメンバーの実が出演するバージョンと、映画の映像を切り取ったバージョンが存在します。


楽曲の切なさを凝縮したような、埃っぽい映像が胸に迫ります。

最新情報

そんなアジカン、rockin'on presents「JAPAN JAM 2018」”への出演が決まりました!


日程は2018年から5月4日から6日までの3日間、開催場所は千葉市蘇我スポーツ公園です。


アジカンの出番は5月4日の金曜日になります。


なお、チケットの一般発売も開始しております。


参戦する日程でも金額が変わるので、公式サイトで詳細をチェックしてね!

ループ&ループ

2004年5月にリリースされた4枚目のシングルである「ループ&ループ」。


SUZUKI『チョイノリ』のCMソング、深夜のコンビニに集まるダメな大人を描く深夜ドラマ『駄目ナリ!』の主題歌というダブルタイアップがついた人気ナンバーです。

MV

公式YouTube動画の再生回数は3000万回オーバー。


描かれるのは、教室です。


かつて、教室でロックスターを夢見ていたアジカンのメンバーの若かりし日を思わせる中学生たち。


懐かしのMDプレーヤーなど、時代を感じさせるアイテムも登場します。


そんな彼らと、現在ロックバンドとして成功しつつあるアジカンメンバーが時空を超えて出会う。


そんなロマンティックで、若者の夢を後押しするような1本です。


爽やかなこの楽曲にはピッタリですね。

アルバム

ちなみにこのシングル、現在は廃盤になっているみたいです。


アルバムとしては、セカンドフルアルバム「ソルファ」ベストアルバム「BEST HIT AKGに収録されています。


チェックしてみてくださいね。

歌詞

それでは歌詞を見ていきましょう。

右手に白い紙 理由なき僕の絵を 描いた途中で投げ出す その光る明日を
左手汚して 名も無き君の絵を 描いた宇宙で出会った その光る明日を

出典: ループ&ループ/作詞:後藤正文 作曲:後藤正文

少年時代、「夢」は毎日毎秒生まれました。


宇宙飛行士になりたい、偉大なロックスターになりたい、玉の輿になりたい。


しかし思春期に入ると、突然「現実主義」がそんな夢たちを嘲笑うようになります。


夢は夢だからと、一生懸命描いた未来予想図を紙飛行機にして飛ばしてしまう。


しかしそれでも捨てきれなかった「夢」が、かつての光る明日である今につながっているんだ。


そんな風にアジカンは歌います。

とめどない青 消える景色 終わる冬を

出典: ループ&ループ/作詞:後藤正文 作曲:後藤正文

「青」とは文字通りの青い春、青春。


いつか終わる季節であり、今はもう遠い昔のことだけど、あの頃に描いたものは今も胸にある。


そんなリリックに聞こえます。

抜け出す扉を沈める酷い雨 染み込む心の奥底に響いて
頼りない明日の儚い想いも 僅かな光で切り取る白い影

出典: ループ&ループ/作詞:後藤正文 作曲:後藤正文

しかし、夢を守り続けるのにはつらい想いだってたくさん味わってきました。


例えば両親の反対や、例えば就職した友人からの白い目。


夢追い人には付きまとうそれらの荒波は、想像の何倍も辛く、地味で、惨めなものです。 

所詮 突き刺して彷徨って 塗りつぶす君の今日も
つまりエンド&スタート 積み上げる弱い魔法
由縁 失って彷徨って 垂れ流す 僕の今日を
走り出したエンドロール つまらないイメージを壊せそうさ!

出典: ループ&ループ/作詞:後藤正文 作曲:後藤正文

1日は、意味を持って過ごしても悩んだだけで終わっても、変わらない速度で過ぎていくもの。


毎日終わりであり始まりであるから、“弱い魔法”を積み上げろと彼は歌うのです。


弱い魔法とは、光る明日へ続く努力のこと。


努力というとなんだか仰々しいですが、たとえばあなたがお医者さんになりたいなら勉強を頑張る、とかそんな当たり前の積み重ねです。


それは物語の中の魔法使いのように華やかな魔法ではなくても、確実に明日に繋がる誰にでも使えるもの。


日常の「つまらない」を壊すのは、そんな弱い魔法の先にあるのです。

君と僕で絡まって 繋ぐ…未来 最終形のその先を 担う…世代
僕が描いたその影に 君の未来は霞んでしまった?

出典: ループ&ループ/作詞:後藤正文 作曲:後藤正文

「君」とは、かつて夢見る少年であった昔の自分のことであり、これから夢を見る若い世代のこと。


かつての僕が選んだ道は、若い君にとって正解だった?と呼びかけます。


しかし正解は、きっと誰にも分りません。

終わりに

いかがでしたか?


アジカンの代表曲のうちのひとつでもあり、全世代に刺さる青春ナンバーです。


今年も彼らの代表曲がまた生まれることに期待するばかりですね。


ではまた次回!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

雑食系音楽ジャンキー。
よろしくどうぞね。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索