新ユニット「156」のメンバーとは

「バレエと少年」/156(イチコロ)新ユニットのメンバーとは?歌割りのパート分けが話題に!!の画像

欅坂46から、新しく誕生したユニット「156」。

上村莉菜、尾関梨香、小池美波、長沢菜々香、原田葵、米谷奈々未(50音順、敬称略)で構成されたユニットです。

かわいい系のメンバーを集めましたという印象を受けます。

156のメンバーが決定した当初、特に共通点が無く新ユニットの名前を何にするかで行き詰っていました。

そんな中、メンバーの一人である尾関梨香さんが156のメンバーの身長が全員150cm台だということに気付きます。

試しにメンバーの平均身長を計算して出してみたところ156cmだったことから156(イチコロ)と名付けられました。

平均身長が、そのままユニット名の由来になるとは、なかなか斬新ですね。

156は(イチコロ)と読むことから、「ファンをイチコロにする」という意味でも浸透していきそうです。

「僕も私も156の曲を聴いてイチコロになりたい!」というファンが出てきそうですね。

1番の歌割りとは

「バレエと少年」/156(イチコロ)新ユニットのメンバーとは?歌割りのパート分けが話題に!!の画像

「バレエと少年」は独特な曲調をしています。

曲の最後には4分の4拍子から8分の6拍子に変化するのが面白いですね。

これまでの欅坂46楽曲にはなかった、不思議な曲の運びをする楽曲です。

幻想的で、人形劇の世界に誘われたかのような世界観が魅力です。

そんな「バレエと少年」の歌割り。まずは1番について見ていきましょう。

隣に住んでた 青い瞳の少年
覚えてるよ Time goes by
Love あの頃は 恋だと 知らなくて こっそりと
Love 憧れて 窓から 眺めてた 秘密は
初めての異性 ときめいた痛み 今どこ?

出典: 出典:バレエと少年/作詞:秋元康 作曲:中村泰輔

ここのパートは全員で歌う

冒頭のパート、ここは156メンバー全員で歌います。

当初、恋という感情を知らずに、ただ憧れで青い目の少年のことを見ていました。

すると、徐々に憧れから恋が芽生え、初めて男を異性と認識し、恋特有の胸の痛みも初めて知った。

といったところでしょうか。冒頭から切ない感じがしますね。

ロシア語が書かれたチョコレート
庭先で少年にもらった

出典: バレエと少年/作詞:秋元康 作曲:中村泰輔

この「少年」は「隣に住んでた青い瞳の少年」と推察することができます。

ロシア語が書かれたチョコレートという文言。

この少年はロシア人ではないかということも推察できますね。

ロシア語の内容がどのようなものだったのかも気になります。

パート割りは小池美波と原田葵

このパートを担当するのは、小池美波さんと原田葵さんの2人です。

この2人と言えば、テレビ東京の番組「欅って、書けない?」のロケ中に手を繋いで歩く。

電車から一緒にジャンプするなど、仲睦まじい姿がたびたび見受けられます。

小池美波さんのブログでは、原田葵さんが小池美波さんの膝の上に座って甘えてきたことも紹介されています。

本当の姉妹みたいですね。

お返しに何をあげようかと
迷ってるそのうちに引っ越した

出典: 出典:バレエと少年/作詞:秋元康 作曲:中村泰輔

チョコレートの「お返し」なのか、なにかしらのメッセージを感じての「お返し」なのかが気になります。

迷っているそのうちに引っ越してしまい、お返しが渡せなかったこの場面。切ないですね。

パート割りは上村莉菜と尾関梨香

このパートを担当するのは上村莉菜さんと尾関梨香さんの2人です。

この2人は、お見立て会から一緒にMCを担当し、進行について揉めるなど最初こそギスギスした関係でした。

その後、セカンドシングル選抜発表の際にシンメになったことから急速に仲良くなりました。

今ではファンからも、「2人の友情が泣ける」と言われるほどの仲になりました。

出て行くトラック 助手席の少年
手を振ってた I miss you
Friend もう一度 会えたら 伝えたい 大事な
Friendあの日から 二人は変わらない 記憶は
黄昏のバレエ 美しいシルエット 今どこ?

出典: 出典:バレエと少年/作詞:秋元康 作曲:中村泰輔

再び全員で歌う

「バレエと少年」/156(イチコロ)新ユニットのメンバーとは?歌割りのパート分けが話題に!!の画像