平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年04月16日更新

ラルク「Don t be Afraid」のMVでメンバーがアクション?!歌詞の意味は?映画主題歌♪

最新技術でラルクがゲームの世界に登場!?超人気バイオハザード最新作の主題歌に抜擢♪ラルクらしい歌詞の世界を探ります。驚きのMVは必見♪

「Don t be Afraid」はどんな曲?

ラルクらしい曲♪

「Don t be Afraid」はラルクの41作目のシングルで映画主題歌に大抜擢された曲です。その映画とは「バイオハザード: ザ・ファイナル」の日本語吹替版です。2016年12月に発売されオリコン4位を獲得した人気曲。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Don%27t_be_Afraid

「バイオハザード」は日本のゲームを元にしたゾンビ映画ミラ・ジョボビッチ主演でその人気からシリーズ化されています。ゲーム原作の映画の中では最大級のヒット作ですね。


世界的大ヒット映画主題歌に採用されるなんてラルクの大物ぶりを感じますね。作詞はhyde作曲はtetsuyaのラルクのゴールデンコンビ。曲が悪いわけがありません。


曲名はゾンビを倒す映画にちなんでゾンビ怖い=ゾンビーアフレイドというダジャレの言葉遊びでつけられました。


ラルクってこんな遊び心があるなんて意外です♪もっと真面目なバンドのイメージがありましたから。 


聴くとすぐにラルクだ!と分かるあの曲調。hydeの逞しくも麗しい声。そして動きまくるtetsuyaのベース


ミドルテンポで盛り上がる良曲です。イントロのピアノのアルペジオは悲しみを表現したとtetsuyaが語っています。


それでは「Don t be Afraid」の曲の中身をみていきましょうね。

「Don t be Afraid」MVでメンバーが・・・

「Don t be Afraid」collaboration versionのMV

このMVは「Don’t be Afraid -BIOHAZARD THE FINAL collaboration version-」


ラルクの演奏シーンと映画のシーンが組み合わされたバージョンです。通常の宣伝用のMVですね。


実は他にも驚きの別バージョンがあるんです。

メンバーが3DCGになった!

『Don't be Afraid ?Biohazard × L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR- 体験版』

驚きのバージョンとはこのバージョン。


「Don't be Afraid Biohazard × L'Arc-en-Ciel on PlayStation VR」です。


これはラルクとプレイステーションとバイオハザードがコラボした豪華なMVです。お金がものスゴくかかってますね。ラルクが超人気だからこそ、このコラボに選ばれたのでしょうね。


このMVでは「バイオハザード7」でも使われているカプコン(ゲーム会社)の最新技術を使用してラルクのメンバーを3DCG化しました。


その3DCG化したメンバーが出演しているMVです。


メンバー全員をモデリングしてゲーム世界に出現させています。hydeが銃をぶっ放し!tetsuyaがゾンビを退治する!


 3DCG化のメイキング映像も見られるのでメンバーの撮影風景もチェックできますよ。


ファンでなくても最新技術のスゴさが分かる面白いMVに仕上がってますよ。ここまで3DCGの技術が進化したのかと驚かずにはいられません。


是非ご覧になってバイオハザードの世界で暴れまわるラルクをお楽しみくださいね!

「Don t be Afraid」気になる歌詞の内容は?

映画とリンクした歌詞

歌詞の内容は映画「バイオハザード7」とリンクしています。「勇気で未来を切り開いて運命をつかむ!」という前向きな内容。


ラルクらしさとバイオハザードの世界観がうまく合致した言葉が綴られています。映画にとてもマッチしていますね。


ラルクが「バイオハザード」という素材をつかってどう歌詞を料理するか?みていきましょう。

刺さる歌詞!

目醒めたいなら迷わずアイツへ
銃弾を撃ち放て

出典: Don t be Afraid/作詞:hyde 作曲:tetsuya

映画とのコラボなのでこの言葉が出てきてもおかしくはないのですが、やはりラルクらしい言葉が冒頭から炸裂していますね!


「銃弾を撃ち放て」


切れ味鋭く攻撃的なこの歌詞はほんとラルクらしいですよね。hydeの声で歌われるとラルク以外何者でもないです。


強くても柔らかさをなくさない声といっていいでしょうね。

雲の隙間に光が見えても 近づく羽根は無い
暗闇の向こう Don't be afraid, believe yourself
運命を掴み取れ

出典: Don t be Afraid/作詞:hyde 作曲:tetsuya

「雲の隙間に光」「羽根」「暗闇」「運命を掴み取れ」 


ラルクワードがたくさん出てきています。このような「鋭さ」と「かっこよさ」を兼ね備えた言葉がラルクの魅力ですよね。


光が見えたと思ったら、羽根がもがれ・・・目の前には闇が広がり・・・でも恐れず!自分を信じて!突き進む!!!


という鮮やかなイメージが広がる歌詞。hydeの声がさらにそのイメージを増幅させます。「ラルク最高!」と思わず叫びたくなります。

最後に・・

やっぱラルクいいね!

映画の主題歌に抜擢されると映画に擦り寄った楽曲になってしまって、アーティスト本来の良さが出ていない曲も中にはありますが「Don t be Afraid」にはラルク本来の魅力が満載です。


この「Don t be Afraid」でラルクの魅力を知ってしまうと、さらに他のラルクの曲も聴いてみたくなりますよね。わたしは聴きたくなりました!


この「Don t be Afraid」に似ている楽曲を探すなら、「DAYBREAK'S BELL」が非常に近いですね。聴きくらべてみるとおもしろいかもしれません。


ラルクはダークなナンバーからカラフルなポップなナンバーまで幅の広い楽曲で人気です。自分の好きなラルクを探してみてはいかがでしょうか。必ずきっと1曲は自分にピッタリあった曲が見つかりますよ♪


ありきたりですがラルクを聴くならベスト盤がオススメです。売れた曲が入っていますからね。


「売れた」ということは多くの人に認められた!欲しいと思われた!ということですから素晴らしい楽曲という確実な証明ですよね。

「Don t be Afraid」に似ている「DAYBREAK'S BELL」

ベスト盤

こちらもおすすめです。


まずはベスト盤を聴けば間違いなしですね。ラルクのエッセンスはこれを聴けばすべてわかりますから。


初心者や入門編にはまずはベストです!!!オリジナルアルバムは当たり外れがどうしてもありますからね。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

様々ジャンルの音楽が大好きですので、読者の方の「新しい音楽の世界」を広げられるような記事を書いていきたいと思います。演歌からポップスまでご紹介していきますので、ぜひ今まで聴いたことのない新しいジャンルに挑戦してくださいね。

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索