いいねして最新情報を受け取ろう!
引退前に絶対に聞きたい!安室奈美恵の曲ランキング

2017年10月13日更新

AKB48震災復興応援ソング『風は吹いている』のジャケット写真を公開!【歌詞&PV情報あり】

2011年3月11日、東北地方を中心に起こった大地震は、津波被害や原発事故など、複数の要因が重なり、現代日本において、未曽有の大災害となりました。当時、アイドルグループとして人気を極めていたAKB48は、震災後のシングルで、震災復興応援ソングを歌います。今回はその曲『風は吹いている』について、徹底的に解説します!

AKB48が歌う震災復興応援ソング「風は吹いている」

2005年、秋元康プロデュースで誕生したAKB48は、2009年の第1回選抜総選挙などで一般にも知名度を一気に上げ、現在活躍する「AKBグループ」と言われるアイドルの基礎を作りました。


2011年当時、すでに高い人気と、若者への大きな影響力もあった彼女たち。


今回取り上げている『風は吹いている』は、復興応援ソングとして、若い世代を中心に、多くの人に受け入れられ、最終的には160万枚以上を売り上げる大ヒットになりました。


「少しずつ、前に進もう」というキャッチコピーも、若い世代の多くの人の心を勇気づけたと言います。

リリースはいつ?

『風は吹いている』がリリースされたのは、震災があった2011年の10月26日


作詞はプロデューサーでもあり、たくさんの実力派シンガーにも作詞提供をしてきた秋元康


作曲は若手アーティストの河原嶺旭(かわはら みねあき)が手がけました。


『風は吹いている』の制作が発表されたのは、2011年7月に東京ビッグサイトで行われた大握手会の場でした。


2011年9月4日には、ナゴヤドームでのイベントで、タイトルが『風は吹いている』であることが発表されました。

どんなメンバーで歌ったの?

『風は吹いている』は、AKB48と、姉妹グループのメンバーから18人が選抜されて歌唱されました。


センターは、今や伝説のセンターとも言われる前田敦子と大島優子のダブルセンターでした。


『風は吹いている』リリース当時の歌唱メンバーは次の通りです。

『風は吹いている』リリース時の歌唱メンバー(50音順)



  • 板野友美

  • 大島優子☆センター

  • 河西智美

  • 柏木由紀

  • 北原里英

  • 小嶋陽菜

  • 指原莉乃

  • 篠田麻里子

  • 高城亜樹

  • 高橋みなみ

  • 前田敦子☆センター

  • 松井珠理奈(SKE48からの選抜)

  • 松井玲奈(SKE48からの選抜)

  • 峯岸みなみ

  • 宮澤佐江

  • 山本彩(NMB48からの選抜)

  • 横山由依

  • 渡辺麻友

「風は吹いている」のジャケットは何パターンあるの?

『風は吹いている』のジャケットには、大きく分けて3つのパターンがあります。


ここからは、この3つのパターンについて、詳しくお伝えしていきます。

「Type-A」

「Type-A」のジャケット写真は前田敦子・大島敦子・板野友美の3人です。


通常版と数量限定盤が制作されたのが、「Type-A」と「Type-B」です。数量限定盤には握手会のイベント参加券が付き、通常盤には、37種類の中からランダムで1枚だけ、生写真が封入されました。


収録楽曲は、表題の『風は吹いている』と『君の背中』・『Vamos』の3曲と、それぞれのオフボーカルバージョンとなっています。


Type-AのDVDには、『風は吹いている』・『君の背中』・『Vamos』のMVと、『風は吹いている(DANCE! DANCE! DANCE! ver.)』・『特典映像 AKB48コント 「フェロモン刑事」編』が収録されています。

「Type-B」

「Type-B」のジャケット写真は高橋みなみ・柏木由紀・渡辺麻友の3人です。


「Type-B」も、基本的には「Type-A」と同じ流れで作られていて、数量限定盤と、通常盤がありました


数量限定盤には握手会イベントの参加券、通常盤には生写真が1枚という点もType-Aと同じです。


Type-Aとの違いは、DVDに収録されている『特典映像 AKBコント』が「フェロモン刑事編」ではなく、「タクシー編」と言う点ですね。

「劇場盤」

「Type-A」のジャケット写真は前田敦子大島優子・高橋みなみの3人で、Type-AとBが自然の中で座ってこちらを見ているメンバーの写真に対し、劇場盤は目を閉じて胸に手を当てるメンバーの写真となっています。


劇場盤のCDには、劇場版発売記念の「大握手会参加券」が1枚つきました。


また、各メンバーの個別生写真が、ランダムで1枚付いていました。


ただ、劇場盤がType-Aなどと大きく違うのは、こうした付属特典だけではありません。


劇場盤は、収録されている楽曲が『風は吹いている』・『君の背中』・『蕾たち』の3曲と、それぞれのオフボーカルバージョンが入りました。


Type-A・Type-Bは、いずれも3曲目が『Vamos』だったので、この点も話題となりました。

胸に響く力強い歌詞!

「復興応援ソング」と銘打たれているだけあって、『風は吹いている』の歌詞は、終始力強く、立ち上がる人と寄り添い、励ますような内容になっています。


ただし「ただ寄り添う」のではなく「共に闘っていくのだ」という内容の歌詞なので、男女関係なく、多くの人に受け入れられたのでしょうね。

冒頭から力強い歌詞が続く

この変わり果てた 大地の空白に
言葉を失って 立ち尽くしていた
何から先に 手をつければいい?
絶望の中に 光を探す

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-111026-055

震災発生当時は、本当にたくさんの人が、自分の現状・気持ちをどのように表現すれば良いのか、言葉を失っていました


一筋の光だけを信じて、暗中模索する日々を歌うかのような、冒頭の歌詞です。

どこかに 神がいるなら
もう一度 新しい世界を
この地に 拓かせてくれ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-111026-055

失ったものが多すぎて、漠然と神様なんていないのではないか!と、多くの人が叫び出したい状況だったように思います。


しかし、希望を失わないことだけが、唯一、前に進むために残された道筋だと、この歌詞は示しているようですね。

それでも未来へ 風は吹いている
頬に感じる 生命(いのち)の息吹
それでも私は 強く生きて行く
さあたったひとつ
レンガを積むことから始めようか?

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-111026-055

「風の谷のナウシカ」の最後の場面で、王蟲達がなだれ込んだ後、風の谷に「風が戻ってきた」シーンがありました。


たとえどんな状況であっても、変わらず巡ってくる自然の営みに、私たちは正気を取り戻せることがあります。


気が付けば、未来に向かって吹く風を感じる


そこでハッと、できることを一つずつ積み重ねることを、思い出せるのかもしれません。

最後に光が見いだせるように…

もし風が 止んでしまっても
風が消えた 世界はないんだ
どんな時も 呼吸をしてるように
今日という日が つらい一日でも…

できることを 始めようか?

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-111026-055

中盤に、傷を負う人々を、それでも立ち上がろうと励ます歌詞が続き、最後。


今に絶望してしまっても、希望はきっとどこかにあると、光を探すことを止めてはいけないと、諭してくれます。


どんな悪い状況になっても、それを好転させてくれるのは、できることを一つ一つ、始めていくことだけ。


最後の歌詞に「できることを 始めようか?」と歌う彼女たちの強い意志が、きっとたくさんの人の心を前向きにしてくれたはずです。

PVの見どころは「眼差しの光」?!

『風は吹いている』のMVは、通常のバージョンと「DANCE! DANCE! DANCE! ver.」と言われるバージョンがあります。


MVの監督は黒田秀樹さんで、『風は吹いている』のコンセプトと、黒田監督の感覚・センスが非常にマッチするということで起用されたそうです。

真剣な眼差しのメンバーから感じる「本気」

メンバーの眼差しが真剣!

今回ご紹介しているのは、AKB48の公式チャンネルにアップされている『風は吹いている』のMVで、「DANCE! DANCE! DANCE! ver.」です。


アースカラーの衣装に身を包んだメンバーの真剣な眼差しが、曲に込める想いの強さを感じさせます。

復興応援ソングではAKB48のこのメンバーも歌いました

岩田華怜がソロで歌うバージョンです。

2016年5月21日をもって、AKB48を卒業した岩田華怜


彼女は宮城県仙台市出身ということもあり、震災復興の活動に積極的に取り組みました。


そして、NHKで取り組まれた震災復興応援ソングである「花は咲く」で、リレー歌唱の担当をしたり、ソロでこの楽曲を歌ったりしました。

おわりに

2005年の結成から10年が過ぎ、色々な派生グループもできたことで、今も勢いの衰えないAKB48。


今までになかった女性アイドル像を打ち立ててきた彼女たちの、これからの活躍がますます楽しみですね!

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

関西在住
クセの強いチームメンバーとオリジナルチームを作るべく日々悪戦苦闘しているフリーライター。
No Music No Life!
善い言葉と善い気持ちを大切に、大人になって始めた下手なバイオリンで癒され中。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索