ギタリストとしての星野源


メディアにも多く登場し、ミュージシャンだけでなく文筆家、俳優と様々な顔を持つマルチな才能を発揮するアーティストとして世間に知られている星野源

そのマルチな才能の1つに「ギタリスト」としての一面があることを皆さんはご存知でしょうか。

最近では、ボーカルのみでメディアに出演することも多いですが、今回は、ギタリストとしての星野源に焦点を当てて紹介していきます。

使用ギターは?

A post shared by mii (@continues81___mii) on


まず、星野源は一体どんなギターを使用しているのでしょうか。

アコースティックギターエレキギター、どちらも紹介していきます。

アコースティックギター編

まずは、アコースティックギターから紹介していきましょう。

  • Gibson J-45

まずは、メインで使用している「Gibson J-45」です。

Gibson社製で、ギター好きであれば知らない人はいないくらい有名な機種になります。

独特の枯れたキレのよいサウンドが特徴で、ブルースなどの演奏に合います。

星野源は、特にライブでメインのアコースティックギターとして使用していて、その演奏のほとんどをこのギターで行なっています。

  • Gibson B-25(Sunburst)

続いて紹介するのは、「Gibson B-25(Sunburst)」です。

こちらもGibson社製の機種で、非常に人気があります。

J-45に比べて小ぶりで取り回しやすく、ネックも薄めなので弾きやすいのが特徴です。

ガツンとくるサウンドというよりは、小気味良くハッキリとしたサウンドで、カッティングなどにも良く合います。

星野源は「くだらないの中に」のミュージックビデオの中で使用しています。

  • Takamine F312

そして、「Takamine F312」です。

見た目としては、有名なMartin社製のO-18と似ています。

それにより、ネットではMartin社製と間違われている記事も見かけますが、動画のアップ部分を良く見てみるとヘッドのロゴが「Takamine」になっています。

あとは形やスロッテッドヘッドから想像するに、F312ではないかと推測できます。

こちらも小ぶりで取り回しやすく、レトロな見た目も可愛くて良い機種です。

ギターは見た目も重要ですよね。

これは「夢の中へ」のミュージックビデオで使用されています。

  • Cole Clark Fat Lady 3シリーズ

そして、「Cole Clark Fat Lady 3シリーズ」です。

日本では、Jack Johnsonが使用していたことで有名になったCole Clark社製のギターです。

アルバム「ばかのうた」の制作時の映像に出てきますが、形やインレイの様子から「Fat Lady 3シリーズ」であることまでしか特定できませんでした。

しかし、ピックガードが無いことを考慮に入れると違う機種かもしれません。

少し曖昧ではありますが、Cole Clark社製は間違いないので紹介しておきます。

エレキギター編

続いて、エレキギターを紹介します。

  • Gibson ES-335

ライブでメインで使用されているのは、「Gibson ES-335」です。

「恋ダンス」で話題になった人気楽曲「恋」のミュージックビデオでも使用されています。

このミュージックビデオの中では、ブラックが使用されていますが、ライブではSunburst(サンバースト)カラーも使用されています。

落ち着いた温かい音色が特徴で、ジャズなどに頻繁に使用されるギターです。

番外編

そして、番外編として紹介するのがこちらです。

  • Gibson ES-125(Sunburst)

まず紹介するのは「Gibson ES-125(Sunburst)」です。

こちらも人気のGibson社製で、その中でもフルアコースティックギターというジャンルに入るギターです。

フルアコと略されることも多く、エレキギターではありますが、ギターの中は空洞でアコースティックギターのようになっています。

温かみのあるトーンが特徴で、こちらもジャズに多く使用されています。

こちらは「化物」のミュージックビデオで使用されているので、そこで見ることができます。