いいねして最新情報を受け取ろう!
【コードブルー】Mr.Chldren「HANABI」で描かれた切ない歌詞の隠された意味とは?

2017年05月16日更新

星野源を世に知らしめた「くせのうた」の歌詞を紐解く

「くせのうた」は、2010年6月23日に発売された星野源のファーストアルバム「ばかのうた」の8曲目に収録されています。NHK総合 地球イチバン(第3シリーズ)エンディングテーマにも起用された楽曲。恋愛の歌のようでもっと大きなものを歌っているような気にさせられる歌詞に迫ります。

ファーストアルバム「ばかのうた」

インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのギタリスト、星野源のソロデビュー作品となったアルバム。
CDショップ大賞第3回で入選を果たしました。

【収録曲】
作詞・作曲・編曲:星野源 作曲:細野晴臣(#13)

1.ばらばら
2.グー
3.キッチン
4.茶碗
5.デイジーお味噌汁(Instrumental)
6.夜中唄
7.老夫婦
8.くせのうた
9.兄妹
10.子供
11.さようならのうみ(Instrumental)
12.穴を掘る
13.ただいま
14.ひらめき
15.ばかのうた

「くせのうた」の歌詞を紐解く

君の癖を知りたいが ひかれそうで悩むのだ
昨日苛立ち汗かいた その話を聞きたいな

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

まずは導入部分。

「君の癖が知りたい」

もはやこの部分が歌い手本人の癖なのではないかと想像できる歌詞から始まっていきます。

君の癖もそうですが、昨日苛立って汗をかいた話・・・
これも相当マニアックな話ではないでしょうか。

どちらにせよあなたのことをもっと知りたいという気持ちが前面に表れていることは間違いないでしょう。

同じような 顔をしてる
同じような 背や声がある
知りたいと思うには
全部違うと知ることだ

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

似た者同士は惹かれあうと言いましょうか。
似ている部分や共通の趣味や感性があるからこそ、人は惹かれあうように感じます。

しかし、実際はどうでしょうか。

自分が持っていないものを持っていたり、全く同じ人間なんていません。
そこに惹かれる人もいるでしょう。

同じようでも違うので相手の気持ちを完全に図り知ることは難しいものです。

もっともっと君のことを知るためには似ていても別の人間だということを理解して、相手のことを思いやることが大切なのではないでしょうか。

暗い話を聞きたいが 笑って聞いていいのかな
思いだして眠れずに 夜を明かした日のことも

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

今度は暗い話を聞きたがっています。

しかし、笑って聞けるくらいの話。
相手の暗い話を笑って聞くのはなかなか難しいと思います。

ここから僕は暗い過去や苛立って汗をかくような過去を持っているのではないかと想像できます。

自分がそういった過去を持っているからこそ、そこに寄り添ってくれる君にも同じものを求めてしまうというかシンパシーを感じているのかもしれません。

同じような 記憶がある
同じような 日々を生きている
寂しいと叫ぶには
僕はあまりにくだらない

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

人それぞれ、各々の尺度でもって暗い過去も思い出したくない記憶も抱えて生きているのではないでしょうか。

それを比べて自分だけが「寂しい」と感じてしまうのは自己中心的でくだらないことだと感じています。

悪いことは重なるなあ 苦しい日々は続くのだ
赤い夕日が照らすのは ビルと日々の陰だけさ

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

ネガティブ爆発な歌詞になっています。

くだらないと感じていても、毎日を心も身体も充実して暮らしていくのは難しいことです。

仕事が上手くいかなかったり、お金がなかったり、友達と仲たがいしたり。
些細なことでも悪いことには目がいきがちです。

赤い夕日という美しい景色・光に希望を見出すのではなく、殺風景なビル群の物悲しさや輝いて眩しいリア充の人たちと自分を比べること(照らされること)で、日々のなかで起こる悪いことにさらに目が移ってしまいます。

覚えきれぬ言葉より
抱えきれぬ教科書より
知りたいと思うこと
謎を解くのだ夜明けまで

君の癖はなんですか?

出典: http://j-lyric.net/artist/a0512cf/l02134b.html

詰め込まれていく日々の言葉や教育に意味を見出していくよりも、まずは自分の興味のあることを掘り下げていくこと。

たった一人、目の前の君のことを知ることができなければ、もっと大きなことを知ることができない。
そんな風に受け取れる歌詞になっています。

締めくくりは「君の癖」。

知りたいと思ってしまう自分。
こんな自分みたいな癖がありますか?と問うこともできるし、単純に君のことをもっと知りたいとも取れます。

最後は哲学的な文章に堂々巡っていくような感覚に囚われます。

最後に

星野源自身の曲の温かみや声の雰囲気や勝手なイメージで恋愛の曲だと捉えがちですが、実は非常にデリケートで哲学的な歌詞の世界観なのではないでしょうか。

知りたいと思ってしまう、その理由が知りたい。
その理由が知りたい自分はなぜなのか知りたい。

考えは巡っていき深みにはまっていきます。

また見方を変えれば、悲しいニュースや苦しい生活に警鐘を鳴らし、もっと考えるべきだと投げかけているようにも受け取れます。

君の癖は何ですか?=君にももっと知るということに思いを巡らせてほしい。

つらいことがあれば話してほしい。
君の話を聞くことで救えることがあるかもしれない。
抱えているのは自分だけじゃないんだよと言ってくれているような気もします。

恋愛の曲の側面も持ちながら今の世の中のことをもっと知るべきなのではないかと、多角的に投げかけてくる星野源の文章力はさすがとしか言いようがありません。

ぜひ色んな角度で「くせのうた」聴いてみてください。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

山梨→東京。
調理師,栄養士,歌,ギター,BeatBox,ループマシン。
LOVE ムーミン,本,映画。
自身の音楽活動と並行して文筆業もこなす駆け出しライター。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索