【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年05月16日更新

【LOVER SOUL/JUDY AND MARY】モテキ主題歌!寒い冬に聴きたい歌詞をチェック☆

解散してもなお、多くのファンに愛され続けているロックバンド、JUDY AND MARY。今回は映画『モテキ』の主題歌(モテ曲)としても注目された名曲「LOVER SOUL」の歌詞について紹介していきます♪

数々のヒット曲を生み出したロックバンド、「JUDY AND MARY」とは?

ボーカル・YUKI突き抜けるような個性が光る歌声&ファッションなどで注目を浴びたロックバンド「JUDY AND MARY」(通称ジュディマリ)。


曲はポップでありながら、YUKI可愛らしくて甘い歌声とともに切ない気持ちが見え隠れする楽曲を愛するファンも非常に多く、2001年の解散に至るまで、数々のヒット曲を生み出していきました。

YUKI(ボーカル)
TAKUYA(ギター)
恩田快人(ベース)
五十嵐公太(ドラムス)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/JUDY_AND_MARY

1992年に結成され、1993年にメジャーデビュー。2001年に解散した。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/JUDY_AND_MARY

ブレイクのきっかけになった「Over Drive」は必聴の名曲!!

ジュディマリがブレイクしたきっかけになった曲といえば、日清食品「野菜スープヌードル」CMソング「Over Drive」です。


YUKI独創的な歌詞がとってもキュートで、曲を聴いただけで自然と口ずさんでしまう方も多いのではないでしょうか。

チャート最高順位
週間4位(オリコン)
1995年度年間50位(オリコン)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/Over_Drive_(JUDY_AND_MARYの曲)

新曲をリリースする度に大ヒットしていた!!

ジュディマリのヒット曲といえば、初のオリコン1位を記録したフジテレビ系「るろうに剣心」のオープニング、「そばかす」も忘れてはいけません。

チャート最高順位
週間1位(オリコン)
1996年3月度月間2位(オリコン)
1996年度年間18位(オリコン)
登場回数21回(オリコン)
1位(CDTV)
登場回数20回(CDTV)

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/そばかす_(曲)

なお、その後リリースされた「クラシック」「くじら12号」なども大ヒットし、新曲をリリースする度にジュディマリは注目されていました。

名曲「LOVER SOUL」は映画「モテキ」で再び注目されていた!

ジュディマリのシングル「LOVER SOUL」は、映画「モテキ」主題歌(モテ曲)として使用されたことにより、再び注目されました。


「モテ期」の到来により、森山未來が演じる主人公が多くの女性(有名女優)たちと絡み合っていくストーリーが最高に面白いです!


また、主人公の妄想中に描かれる、キレのあるダンスでも注目されていますが、果たして「LOVER SOUL」はどのシーンで登場するのでしょうか?

映画:モテキ
監督 大根仁
制作 テレビ東京、東宝
配給 東宝
封切日 2011年9月23日
上映時間 118分
森山未來
長澤まさみ
麻生久美子
仲里依紗
真木よう子

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/モテキ

麻生久美子がカラオケで熱唱していた!!

詳しい説明はさすがにネタバレになってしまうので、多くは語れませんが、麻生久美子が演じる枡元るみ子がカラオケで熱唱していた曲が「LOVER SOUL」だったのです!!


「モテキ」自体、曲の歌詞を連想させるストーリーでも注目されているため、まだ映画を観ていない方は、ぜひその点にも注目して観てくださいね♪

名曲「LOVER SOUL」の歌詞を見ていこう!

さてさて、お待たせしました!


まずは名曲「LOVER SOUL」の動画を紹介します♪


相変わらず可愛いYUKIにウットリしてしまいますが、歌詞の中で描かれているストーリーがどうなっているのか、一緒にチェックしていきましょう!

冬に聴きたくなる、YUKIの生み出す歌詞の世界♪

だんだん不思議な夜が来て あたしは夢の中へ
だんだん不思議な夜が来て あなたと夢の中へ
堕ちてく天使は 炎を見出してく

だんだん不思議な夜が来て あたしは夢の中へ
Woo…だんだん不思議な夜が来て あなたと夢の中へ
歌声は響く 凍える冬の空に

出典: LOVER SOUL/作詞:YUKI 作曲:TAKUYA

まず、曲のリズムと上手く絡み合っていく「だんだん」という表現が魅力的なこの曲。


YUKIが歌うとより可愛らしさが増してたまらないですよね!!


そもそも、「不思議な夜」という表現は、どう解釈すればいいのか悩ましいポイントになっていますが、個人的にはウトウトタイム(ねむねむモード?)ってのがしっくりきました♪


その先の「堕ちてく天使」(堕天使)という歌詞は、そのまま夢の世界の物語として捉えていった結果…。


ウトウトしてきて、夢の世界へ潜り込んだ二人。


堕天使のように恋に落ちた私の胸は、炎のように熱くなっていく。


「無音」のイメージも感じられる、凍えるような寒さの冬の空に向かって歌う、あなたへの愛の歌。


その歌声は白い息が広がっていくのと同様に、響き渡っていく。


どうでしょう。


私の想像力ではこれが限界ですが、ほんの数行の歌詞の中でも、雪景色や夢の中で描かれている神秘的な世界観がイメージでき、とにかく素晴らしいと感じませんか?

サビもチェックすると…一気にオトナモード!?

あなたと2人で このまま消えてしまおう
今 あなたの体に溶けて ひとつに重なろう
ただあなたの 温もりを
肌で感じてる 夜明け

出典: LOVER SOUL/作詞:YUKI 作曲:TAKUYA

若干メルヘンチックな恋の歌の感覚で歌詞を紹介してきたものの…ゴホンゴホン。


サビを見ていくと、一気に大人の男女が絡み合う光景が浮かんできます。


急なオトナモードに顔が赤くなってしまいそうな私(おから)ですが、ぜひ最後までお付き合いいただけると嬉しいです。


夢の世界から抜け出したくないと思うくらいに濃厚で熱い夜を過ごした二人。


その余韻に浸りながら迎える朝の切なさが、この歌詞を通して上手く伝わってきていますよね。


ここに関しましては、想像力の発揮の仕方次第で感じられる体温の熱さなども大きく変わってきそうですね…ゴクリ。


それよりも、最初の歌詞&凍えるほど寒い冬に感じる熱さなどを改めて振り返れば、もっと濃厚な解釈ができることでしょう。


まぁ、ここまで読んでいただいて、さらに探究心が芽生えた方なら、既に妄想の世界に飛び立っているかも知れませんが。


とりあえず、私はこれ以上暴走しないよう、ここまでにしておきます♪


ちなみに、話は大分戻りますが、映画「モテキ」のストーリーにも、さらに興味がわいてきますよね!!

まとめ

ここまで、JUDY AND MARYの名曲「LOVER SOUL」の歌詞について紹介してきましたが、解散した後もCMや映画で楽曲が使用されているって、本当にスゴイことですよね!


なお、映画「モテキ」を観ていない方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください♪


歌詞をじっくり見ていくと…。


まぁ、私のように勝手にドキドキして暴走しないように気をつけてほしいものの、とにかくYUKIの描くロマンチック&オトナモードな曲の世界に、きっとウットリしてしまうことでしょう。


オトナモードはさておき、五感で感じられる歌詞を意識することで、曲の幅も大きく広がっていくということが分かっていただけたなら、私としては満足です(笑)


最後の最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました☆

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽に限らず、その時自分が「キュン!」と感じたものにのめり込んでいく、本能型ライターのおからです。

最近はイケメンに飢えてるので、イケメンに癒されたい願望が強く、イケメン+メンテナンスで「イケメンテナンス」(行け!メンテナンス)を実行しようと、近所のイケメン歯科に予約しようか悩み中…
虫歯あるから早く行け!と誰か背中を強く押してやってください(涙)

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索