先ほどの物言いでは「あえて本来の力を発揮していない」と読み取れます。

ここでは「じゃあなぜ今見せないの?」というツッコミを受けたのでしょうか?

それに対し、「自分は大切な時のために力をセーブしている」と反論していますね。

まるでアニメやゲームのラスボスが、バトル中にリミッターを解除するように。

ますます怪しい…。

話を聞いている人は、薄々彼のハッタリに気づいてしまったようです。

そんな状況に彼はさらに焦りを感じ、後半では「何で分かってくれないの?」と強引に畳みかける。

ここまでの展開で、この登場人物の性格がよく伝わってくることに驚きです。

人間の特徴を適確に捉えて歌詞にしているのですね。

ただの独りよがり

欲求を満たしたいだけ

もう ねっちゃ くっちゃ
口ん中 なんだか
粘着質になってきちゃっちゃ
そんなこんなで 改めて 慰めて
好きなだけ 俺褒めて

出典: G行為/作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎

さて、ここで生々しい表現が出てきましたね。

「自分の承認欲求」を満たすために続けざまに発言する行為。

これって、相手のためにならないと思いませんか?

ただ自己欲求を満たしたいがために独りよがりをしているだけです。

まるで「マスタべ―ション」のように。

このフレーズではその様子を「自慰行為」を連想する言葉で表現しているのです。

「粘着質」という表現がまさにそうですね。

独りよがりで自己中心的なコミュニケーションに対する「皮肉」ともいえます。

キャッチーなフレーズ

G行為 G行為 G行為 G
G行為 G行為 G行為 G
ちっこい↑ちっこい ちっこい 自慰
G行為 G行為 G行為 G

出典: G行為/作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎

皮肉はさらに続きます。

タイトル「G行為」をキャッチーに歌い上げるパート。

その様子を「ちっこい」…つまり「くだらない」と言っているのです。

また「ちっこい」にはもう一つの意味合いが込められているのですが…。

ここは皆さまのご想像にお任せしますね!

褒めてくれたとしても…

薄っぺらい褒め言葉

分かってる 俺は 分かってるよ
やればできる子なの 知ってるよ
本気を出した君には
恐るべき力が隠されているす
まだ本気を出していないだけ
みんなは本気出しても あんだけ
あぁ 楽しみだ 楽しみだな
とんだ大物に化けるかなぁ あぁ

出典: G行為/作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎

「君は凄い」と褒めちぎっているのですが、何だか薄っぺらい印象を受けます。

「おべっか」や「上っ面」といった感じ。

先ほど登場した男性の意見を極端に全て肯定しています。

いい人だと思われたい「イエスマン」や、深入りしたくない「社交辞令」なのでしょうか?

心がこもっていない

【G行為/RADWIMPS】歌詞の意味を独自解説!男と女と第三者のアイロニカルな主張がおもしろい!の画像

成功者がよく語るじゃない
下積み 自慢げに 話すじゃない
君にとって 今がその時なんじゃない?
そうじゃない? きっと
そうなんじゃない? パナイじゃない?
そうだったらヤバイじゃない
今が美談になんじゃない
今が辛いほどいいんじゃない?
おいしいんじゃない?
「じゃない」が多くない?

出典: G行為/作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎

ここでもさらに「君はもっとできる人間だ」と褒めちぎります。

比例するように薄っぺらさも増していますね。

段々と適当な言葉が増えていき、1番最後の行では適確なツッコミが。

語尾に「じゃない?」を使ってばかり。

ここではきっと「適当に話を合わせておだてる」タイプの人間を皮肉に歌っているのだと思います。

勝手にすれば?

i understand that your complainant and understood with
your clean opinion all you need is a satisfaction
so please feel free let's masturbation

出典: G行為/作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎