開放弦ってなに?

ギターチューニング~開放弦の音を覚えるコツの画像

ギターの弦は左手の指で押さえてない状態では、一番下の太い第6弦から一番上の細い第1弦に向かってE(ミ)→A(ラ)→D(レ)→G(ソ)→B(シ)→E(ミ)の順で並んでいます。

「開放弦」というのはこれら、指でどこのフレッドも押さえていない弦のことです。

キーボードならドレミの順に鍵盤が並んでいるのでラクに弾けますが、ギターは弦の音の並びが複雑な上、左手でどこをおさえるかによっても音が変わってくるので、覚えるのも大変ですよね。

とはいえ、まずは開放弦の音をしっかり覚えておかないとギターチューニングすらできません。

いまから、開放弦の音を覚えるコツをご紹介しますので、ぜひ覚えてしまいましょう。

開放弦の音を覚えるコツ!

ギターチューニング~開放弦の音を覚えるコツの画像

まずはチューニングの表を見ながらでいいので、実際にギターの開放弦を鳴らして音をよく聴いてください。

そして、何度も何度も弾いて音を確かめながら、口でも「ミラレソシミ」とか、「EADGBE」と呪文のようにつぶやいちゃいましょう。

ゴロ合わせで覚えちゃう人も♩

呪文のようにただひたすら「ミラレソシミ」とか「EADGBE」とつぶやくのが耐えられないなら、ゴロ合わせで覚えるという裏ワザもありますよ。「見られそう(ミラレソ)なシミ」とか、「イエで(EAD)甚平(GBE)」とか。

Twitter検索すると、ほかにも面白いゴロがたくさんつぶやかれていますよ。みなさんも、覚えやすそうなゴロを考えてツイートしてみるのも面白いかもしれません。

ちなみに英語圏では、「Easter Bunny Gets Drunk After Easter!」(イースターのうさぎちゃんがイースターの後に酔っぱらった!)という覚え方もあるみたいです。

こんな風に工夫して何度も開放弦を鳴らしながらつぶやいていれば、きっとすぐに覚えることができますよ!まずは実際にギターを弾いて、恥ずかしがらずにつぶやいてみてくださいね。

初心者におすすめ!チューナーを使ったチューニングの方法

ギターチューニング~開放弦の音を覚えるコツの画像

開放弦の音を覚えたら、いよいよギターをチューニングに挑戦してみましょう!

チューニングは、チューナーの針が中央にくるまでペグを回して正確な高さに調整することです。

ギターを購入したときや弦を張り替えたとき、練習の前に毎回行います。

音叉を使ったチューニングもありますが、こちらは上級者向け。

そこで今回は、チューナーを使ったチューニングのやり方をご紹介しますね。

チューナーを使いこなそう!

チューナーにはいろいろなタイプがありますが、ケーブルにつないで音を出すギターなら箱型おすすめです。

ギターのボディやヘッドにはさんで手軽に使いたい場合には、クリップタイプを選ぶといいでしょう。

チューナーの電源を入れたら、中央にあるマイクに向かってギターを鳴らします。

チューナーの画面にあるメーターの針が左に傾いていたら、合わせた音より低いという意味です。

逆に右に傾いていたら合わせた音より高いということ。ペグを回して正しい高さに調整しましょう。

針が中央を示していたら、合わせたい音にぴったり合っているということです。

画面上部にある数字やアルファベットは、ギターの弦の番号や階名を示しています。

ペグの回し方

ギターチューニング~開放弦の音を覚えるコツの画像

ペグは時計回りに回すと音が低くなり、時計と反対まわしに回すと音が高くなります。

ですから、チューナーの針が左に傾いていたらペグを半時計回りに回し、右に傾いていたら時計回りに回しましょう。

ただし、6弦から4弦のペグと3弦から1弦のペグが左右2列に分かれて並んでいる「レス・ポール・タイプ」の場合は、左右の列で回し方が異なります。

6~4弦は同じく反時計回りで音が高くなりますが、3~1弦は時計回りで音が高くなります。

調節が逆になるので気を付けてくださいね。 

ギターチューニングの手順

チューニングの前の準備

ギターチューニング~開放弦の音を覚えるコツの画像

チューニングを行うときにペグをきつく締めすぎて、うっかり弦を切ってしまうという失敗がよくあります。

ですから、チューニングの前にはすべてのペグを一度ゆるめておき、しめる方向で音程を合わせていくのがおすすめ

慣れてきたら、そのままの状態からチューニングを始めても大丈夫ですよ。