音楽フェスの予習にも◎クリープハイプの人気曲10選をご紹介♪

【クリープハイプ】2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!CM曲やエモくて激しい曲まで厳選☆の画像

2018年秋にアルバムを発売後、満を持して行った全国ツアーも無事成功を収めたクリープハイプ

2019年もその活動から目を離せないバンドとなっています。

今回はそんな彼らの2019年版最新の人気曲TOP10をご紹介。

今年のフェス参戦への予習にもピッタリのランキングとなっています。

それでは早速行ってみましょう!

第10位:爽やかさとちょっぴりオトナな歌詞が絶妙にマッチした人気曲!

『エロ』

【クリープハイプ】2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!CM曲やエモくて激しい曲まで厳選☆の画像

第10位に選ばせて頂いたのは2014年に両A面シングルとして発売された『エロ』

夏フェスなどではもはや定番となっている人気曲の1つですね。

曲のテーマは『大人の階段を登ったひと夏の恋』。

近しい経験が身に覚えのある方も、もしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか?

夏の解放感にピッタリの明るいバンドサウンド

そして、少しの背伸びから始まったオトナな関係を歌う歌詞の対象的な組み合わせが絶妙な1曲です。

曲のイメージそのままを鮮やかに映像に描いたPVも要チェックですね!

第9位:全国ツアーのタイトルにもなった最新アルバム曲!

『今今ここに君とあたし』

【クリープハイプ】2019年版おすすめ人気曲ランキングTOP10!CM曲やエモくて激しい曲まで厳選☆の画像

続いての第9位はアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』より、『今今ここに君とあたし』

アルバム発売後の全国ツアーツアータイトルにはこの曲名がそのまま使われています

その為、ファンの間では馴染みの深い1曲なのではないでしょうか。

クリープハイプならではの、今この一瞬の刹那さを大事にする想いを描いた歌詞となっています。

昔々あるところに独特の世界観を持ったバンドがおったそうな
変な声だと村人から石を投げられて泣いていたバンドを救ったのは
変な感性を持った変な村人だった
そうやってどうにかこうにか変な時代を変な村人に支えられながら
変なバンドは生き延びていった
そしてバンドはロックフェスに芝刈りへ!運命の選択へ!
だから今日も「決して覗いてはいけません」と言われた扉を開け続けるのです

出典: 今今ここに君とあたし/作詞:尾崎世界観 作曲:尾崎世界観

この曲で特に人気の高いフレーズはこちら。

有名な昔話をなぞるようにバンド自身と大切なファンとの間の今昔物語を歌っています。

バンドにとってもファンにとって大事な1曲となっている事が伺えますね。

第8位:衝撃の映像も話題に!?クリープハイプ初のNHK『みんなのうた』提供曲!

『おばけでいいからはやくきて』

そして第8位は同じく『泣きたくなるほど嬉しい日々に』収録曲の『おばけでいいからはやくきて』

なんとこの曲、バンドの歴史上初めてNHKの音楽番組『みんなのうた』に提供された曲なのです。

クリープハイプの曲がNHKで流れる、というニュースは当時ファンの間で大きな話題を呼びました。

そしてなんと『みんなのうた』放送時に映像製作を担当したのは知る人ぞ知るクリエイティブチームAC部

映像全体を通してのシュールで不思議な世界観が特徴的で、隠れファンも多いといわれています。

実はAC部が制作する映像は、以前からよくNHKやEテレでも放送されていました。

group_inou、ORANGE RANGEなどのPVや迷作アニメ『ポプテピピック』でお馴染みの方も多いことでしょう。

そんなAC部とクリープハイプの合作ともなったこの曲、ぜひYouTubeの映像付きでチェックして下さい!

第7位:アルバムタイトルはこの曲から!日々の愛しさを歌った1曲!

『泣き笑い』