名曲、なのにお蔵入りの危機

聞けばこの曲、マッキー(槇原のニックネーム)の美しいファルセットも織り込まれて、とてもいい仕上がりなのですが、大ヒットしなかった――というか、お蔵入りの危機もあったのです。

実は1999年8月26日、覚せい剤取締法違反で槇原が逮捕されたのです。シングル発売後のこととはいえ、彼のCDが市場から一斉に回収されます。

さらに、曲調についてもいろいろと取り沙汰されます。楽曲の醸(かも)すその怪しげな雰囲気が、覚醒剤事件の時期と一致して「覚醒剤の影響でこういう曲になった」と思われてしまったのです。

実はこの楽曲、オーダー当時からとあるドラマのテーマソングとして使用されていることが決まっており、ドラマ制作社側から「怪しげな雰囲気の曲を作ってほしい」との依頼のもと、作られたモノだったのです。

本人はその意向に沿って曲を作っていただけなのに・・・・・・間が悪くトホホな結果に。

とはいえ覚せい剤は絶対ダメ!ですね

槇原敬之『Hungry Spider』日本語&英語バージョン

ラスト見た?!最後にマッキーが頭を銃で撃ち抜かれるなんて!!

おとぎ話を不思議そうに聞いていたあの女の子こそ、実はジョロウグモのような妖(あや)しい女だったのかも・・・・・・!

とあるドラマとは、日本テレビ系ドラマ『ラビリンス』だった!

ドラマ『ラビリンス』とは

『ラビリンス』は、1999年4月21日から同年6月30日まで、日本テレビ系列で放送されていたテレビドラマで、俳優・渡部篤郎の日本テレビ系連続ドラマとしては初主演作にあたります。

ドラマのあらすじは、何と言うか、医療界を舞台に繰り広げられる、おどろおどろしい人間の欲望の物語です。

『Hungry Spider』の不運は続く・・・・・・

このドラマ、音楽にアルゼンチンの高名な作曲家であるアストル・ピアソラを起用。それが仇(あだ)となり、音楽の著作権使用料がベラボーな金額!になってしまうことが発覚。

さらに主題歌を作ったマッキーが覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で逮捕されたこともあって、現在でも映像ソフト化が実現していないのでした。不運ですね・・・・・・。 

ちなみにドラマ『ラビリンス』のサントラは発売されています。

ラビリンス
TVサントラ, コシミハル
ソニーレコード

気になる歌詞をチェック

色眼鏡で見たくはないので、ドラマのこととかいろいろと調べました。

そうすると、ドラマに「パピヨン」(papillon:チョウのフランス語)がキーワードとして出てくるのです。

つまり、オーダーにものすごく忠実に作った作品であって、覚せい剤のなせる業ではありません。マッキーの名誉のためにも強く主張しておきますね。

今日も腹を減らして一匹の蜘が
八つの青い葉に糸をかける
ある朝 露に光る巣を見つけ
きれいと笑ったあの子のため
やっかいな相手を好きになった
彼はその巣で獲物を捕まえる
例えば空を美しく飛ぶ
あの子のような蝶を捕まえる

出典: https://twitter.com/samuraix_0102/status/534187327271084032

朝露が乾いた細い網に
ぼんやりしてあの子が
捕まってしまわぬように

I'm a hungry spider
You're a beautiful butterfly
叶わないとこの恋を捨てるなら
この巣にかかる愛だけを食べて
あの子を逃がすと誓おう

出典: https://twitter.com/samuraix_0102/status/534187327271084032

今日も腹を減らして一匹の蜘が
八つの青い葉に糸をかけた
その夜 月に光る巣になにか
もがく様な陰を見つけた
やっかいなものが巣にかかった
星の様な粉をまくその羽根
おびえないように闇を纏わせた
夜に礼も言わず駆け寄る

出典: https://twitter.com/tatihibi/status/657197230634303488

今すぐ助けると言うより先に
震えた声であの子が
"助けて"と繰り返す

I'm a hungry spider
You're a beautiful butterfly
叶わないならこの恋を捨てて
罠にかかるすべてを食べれば
傷つかないのだろうか

出典: https://twitter.com/surlatable1/status/718464418267340802

くどいようですが、歌詞の意味は

自分のかわいい恋人のことを「my sweet」と言うらしいですね。

それに恋人への呼びかけを「Suger」とか「Honey」とかって言いますよね。食欲と性欲がくっついているような表現です。

可愛い子ちゃんのことを「eye-candy」(目の保養)と言うらしいですし。

食べてしまいたいほどに愛しているという感覚、わからないこともない。それをクモとチョウの関係に置き換え、クモの巣を道ならぬ恋のトラップにたとえているのかもしれませんね。

おわりに

槇原敬之の『Hungry Spider』をご紹介しました。一時は自身の不祥事によって市場から一斉に姿を消してしまったこの楽曲ですが、後に販売されます。

さらにこの事件により一時的に活動を自粛せざるを得なかったことから、ファンがマッキーの楽曲を買いあさるという現象が起こるなど、彼の楽曲がいかに愛されていたかを彼自身が知ることとなり、事件から立ち直る大きな力になったことも否めません。

今も人生のさまざまな出来事を多彩な言葉とメロディーで紡ぎ続けている槇原敬之、これからもどんな楽曲を私たちに届けてくれるのかが非常に楽しみですね。