【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2017年09月29日更新

ベリーグッドマンのライブチケット情報♪“てっぺんとるぞ宣言”ツアー詳細あり!

音楽関係者から熱い応援を受けて2016年にデビューしたベリーグッドマン(BERRY GOODMAN)。綴りは違いますが、verygoodな楽曲を武器に新世代のレゲエグループとしてますます人気が高まっています。そこで、彼らのライブ情報について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

ベリーグッドマンについて詳しく教えて!


RoverとHiDEX、MOCAの3人によるレゲエグループであるベリーグッドマンは、2016年にメジャーデビューした、大阪出身の新進気鋭アーティストです。


非常にキャッチーな曲調と、すんなりと耳にはいってくる歌詞が特徴で、良い意味で癖がなく、そしてノリがいいと魅力に詰まったグループになります。


来歴は、中学校時代から付き合いのあるRoverとHiDEXの2人が2009年にRoofyを結成。


その後2011年に一旦解散するのですが、その同年に地元大阪にて活動していたMOCAとRoverが出会い、2013年にMOCAのソロアルバムのプロデューサーとしてRoverとHiDEXが参加。


そこで3人は意気投合し「ベリーグッドマン」の結成となりました。


デビュー時が28歳とかなり遅咲きのグループになのですが、その分音楽性が高く落ち着いた魅力もあり、年齢関係なく楽しめるというのも魅力の1つではないでしょうか。


また、インタビューなどを見れば分かるのですが、語り口がとても柔らかく面白いと、それぞれの人間性も素晴らしいのが彼等です。

メンバーそれぞれの簡単な紹介

リーダーである「Rover」

ベリーグッドマンのリーダーRoverは、大阪市浪速区生まれの28歳(1988年5月29日生まれ)。FM802 MUSIC FREAKSにて2017年10月からラジオDJとしても活動しています。


元々からレゲエを嗜んでいたわけではなく、中学時代にはJAZZを聞き、高校時代にはクラシックを楽しんでいたようです。


その為、中学、高校とトランペットで演奏しており、高校時代にはコンクールで金賞をとるなど、実はそちらの方の腕前もファンの間では有名です。


しかし、高校卒業以降は一切手を付けていないらしく、今は全く披露されていません。ただし、伝家の宝刀と本人が語っているので、いつかCDやライブで聴ける可能性もあります!楽しみですね!


また、ギターを小5から引いているらしく、インスタグラムにて引き語りなどを披露していますので、気になる人はチェックしてみてください!

主にラップを担当する「MOCA」

MOCAは大阪市西成区出身で実家がお好み焼き屋を営んでいる29歳(1988年4月24日生まれ)。メンバーの中で唯一結婚しており、現在は1児の父です。


ベリーグッドマンを始める前は、西成区でウクレレを使った路上ライブをしており、パフォーマーとして活動。その後はDJイベントのMCやクラブの店長などを経験し、現在にいたります。


インタビューを見ても分かる様に、ノリの良い性格をしているようで、Roverのボケに突っ込む姿はまるでお笑い芸人の様です。さすが大阪人といったところでしょうか? 


なお、上でウクレレによる路上ライブと書きましたが、本人曰く一切ウクレレは弾けないそうで、当時は1つのコードを永遠に繰り返しながら、見物人をラップでいじるという斬新なスタイルを使っていたそうです。そこも大阪人らしいワイルドさで素敵ですよね。

楽曲の土台を作っているHiDEX

A post shared by HiDEX (@hidex_bgm) on


ベリーグッドマンの曲の土台を作っているHiDEXは、Roverと同じ大阪市浪速区生まれです。年齢は28歳(1988年11月18日生まれ)で、数々のアーティストにトラック(レゲエ、HIPHOP界隈でいう曲)を提供して入る事でも有名。


ベリーグッドマンの曲はHiDEXが用意したトラックに演奏をつけ、それぞれがバース(サビ前の部分)と歌詞をつけ、最後は共にサビを作るという形になっているので、まさに屋台骨を担当しています。


過去にはアーティストとして活動をやめようか悩んでいた時期もあるようですが、1度喧嘩別れしたRoverに再び声をかけ、そこへMOCAを入れてベリーグッドマンを結成。そして2016年にメジャーデビューと夢を諦めない事を身をもって教えてくれる人でもあります。


本人はベリーグッドマンの製作担当と割り切って活動しているらしく、インタビューではあまり見かけませんが、出演した際にはRoverとMOCAの掛け合いを眺めつつ、真摯で熱く語っているので、見かけた場合は熟読してみましょう。かなり為になる話を見る事ができます。

ライブはどんな感じなの? 感想付き

ベリーグッドマンの持ち味といえば、心に刺さる歌詞と耳に心地のいいサウンドとメロディです。CDで聞いているだけでも元気付けられパワーをもらえるのですが、ライブとなると効果はさらにアップ!行ってよかったと思える素晴らしいライブを経験することができます。


ライブの特徴としては、やはりノリやすい曲が多い為、ハンドクラップ(手拍子)やジャンプと盛り上げ系ライブとなっており、終わった後の達成感はまさに格別ではないでしょうか。


またライブ中、誕生日のお客さんを見つけるとステージ上からお祝いをしたりと、ファンサービスもかなりのもの曲を耳にした事がなくても楽しめるので、一度は経験をしておくことをおすすめします。

てっぺんとるぞ宣言"ツアー 2017-2018 〜超好感男と貴方~ のチケット情報

それでは本記事の本題となる「”てっぺんとるぞ宣言”ツアー 2017-2018 ~超好感男と貴方~」について見て行きましょう。名前の通りこのライブはツアーとなっており、2017年12月29日(金)から2018年1月27日(土)の間開催されます。


それぞれの日程と会場は



  1. 2017年12月29日(金)大阪、オリックス劇場

  2. 2017年12月30日(土)同上

  3. 2018年1月8日(月)福岡市民会館

  4. 2018年1月14日(日)愛知県芸術劇場大ホール

  5. 2018年1月27日(土)中野サンプラザ


となっています。


オリックス劇場での初日が18:15オープン、19:00スタートとなっており、2日目が15:15オープン、16:00スタートとなります。それ以外の公演は全て16:45オープン、17:30スタートです。間違えないようにお気をつけください。

気になるチケットの値段

続いて、最もみなさまが気になっているであろうチケットの値段なのですが、全て前売り5,400円(税込み)となっています。一般販売は9月30日の土曜日の10:00から開始となっていますので、見逃さないようにしてください。また、全席指定席、3歳以上はチケット必要となっていますので、そちらにもご注意ください。


いずれもローチケHMV、チケットぴあ、イープラスチケットにて販売となっています。

直近のライブ情報!2017年9月下旬

ツアーまで待てない!近くでライブはないの?という方に、2017年ないにおけるベリーグッドマンの情報も記載しておきます。ご確認ください。


・大阪文化芸術フェス2017 Dream LIVEが10月12日大阪国際会議場メインホールにて行われます。指定席4,200円、出演者はベリーグッドマンの他に、高橋優、東京スカパラダイスオーケストラです。チケットぴあにて販売。


・拓殖大学 紅陵祭Music LIVE2017が10月21日拓殖大学の後藤新平・新渡戸稲造記念講堂で開催。値段が指定席1,000円、1回の申し込みで8枚まで購入可能です。イープラスチケット、ローチケHMVにて販売。


以上が年内の活動になります。関東関西両方でライブがありますので、興味を持たれた方やファンの人は、売り切れになる前に購入しておきましょう。最近は特に人気が上昇しているので、早め早めの購入をお願いします。

まとめ

ベリーグッドマンのライブ情報はいかがでしたでしょうか?今回はライブがメインの記事だったのですが、デビューしてまだ日の浅い彼等の魅力をもっと知ってもらおうと、簡単な紹介もさせて頂きました。すでにTV番組などで曲が使われているので、誰が歌っているんだろう?という疑問の答えになったのなら幸いです。


これからもますます活躍していくベリーグッドマンなので、これを機会にぜひライブへ足を運んでみてください。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

はじめまして、nanasawaと申します。
現役バンドマンでありながらカウンセラーでもあり、
さらにはキュレーターというややこしい人間です。
音楽大好き人間なので、その素晴らしさをお伝えできればと思います。

好きなジャンル:プログレ、ゴシックメタル
好きなアーティスト:tool,soen,sentenced等

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索