いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年05月07日更新

ファンが厳選!スガシカオおすすめ曲ランキング

2017年でデビュー20周年を迎えるスガシカオ。 きれいごとを並べないリアルな歌詞の世界観や、ファンクがベースとなっている楽曲は、誰にも真似ができません。 そんなスガシカオのおススメ曲を、ファン目線で厳選してみました!

第10位 サヨナラホームラン

ぼくの部屋は今日も カーテンを閉めたまま
このままでいいのか?いいわけないだろう…

明日という言葉は どうして明るいって書くんだろう?
明るい日じゃなかったら 誰も明日を待たないからか…

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt0558

2010年リリースのシングル曲。

何も出来ずに悶々としている人、周りと自分を比べて焦りを感じている人が聴いたら、きっと激しく共感してしまうのではないでしょうか。

最初のサビから2番の始まりの歌詞にハッとさせられます。

サヨナラホームランといえば「サヨナラ満塁ホームラン」が最もドラマチックでストーリー的にも盛り上がるところですが、この曲では「ツーランホームラン」です。

本人いわく、あまりにもドラマチックな満塁ホームランは滅多にないし、ソロホームランも味気ないから「ツーランホームラン」にしたのだとか。

そんな風にリアルを追求しているところがスガシカオの詞の魅力のひとつです。

第9位 奇跡

2005年8月リリース。

熱闘甲子園のテーマ曲でもあったので、知っている人も多いと思うので説明不要かもしれませんね。

でも、ファン目線でこの曲の素晴らしさを伝えるならば、言葉の羅列だけでリアルな情景がくっきりと浮かんでくるところでしょうか。

落書きで埋まった白い壁
やけたロードショウのポスター
昼間のまんが喫茶のうすいジュース
照り返してる太陽光

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B10527

たった4行だけで、リアルな風景を思い浮かべることができます。

たった4行だけで、現状に満足していない心理を描いています。

作詞家としての魅力がわかりやすくつまった1曲です。

第8位 夜空ノムコウ

もはや説明不要ですね。

この曲がきっかけでスガシカオの名前が全国レベルで知られることとなりました。

ため息は少しだけ白く残ってすぐ消えるなど、この曲の風景描写も細かくてリアルですよね。

スガシカオは作詞だけで、作曲は櫛引彩香。

第7位 はじまりの日 feat.Mummy-D

2009年11月リリース。

希望と期待感溢れる曲ですが、歌詞を見てみると、「頑張れ」のような励ましの言葉はどこにもありません。

それは、歌詞中にもあるように、「誰かが言う優等生な言葉が自分にとってリアルじゃないから」なのでしょう。

リアルに背中を押してくれる言葉というのは、「頑張れ」とかではなく、気持ちに寄り添う言葉だったり、前に踏み出すイマジネーションを広げてくれる描写なのだなと気づかされます。

ライムスターのMummy-Dとの相性も最高な1曲です。

第6位 黄金の月

ファンキーなベースラインで始まるも、なんとも言えない無力感が漂っています。

それでも感情的に歌うことなく、スガシカオの乾いた歌声が見事にマッチしていています。

君の願いと ぼくのウソを合わせて
6月の夜 永遠を誓うキスをしよう
そして夜空に 黄金の月をえがこう
ぼくにできるだけの 光をあつめて 光をあつめて

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B05398

こんなにも超個人的なリアルな心理を言葉にした歌が他にあるでしょうか。

一部分だけを切り取れば一生を誓う恋愛ソングだけど、全体を通して聴けばそんな純粋な歌ではないことがわかります。

確かに、ピュアな気持ちのまま何かを続けていくことは難しいものです。

スガシカオはこの曲について、「わずかな希望にしがみついて生きていく曲」だと解説していました。

聴くだびに毎回解釈が違ってくる大名曲です。

第5位 ココニイルコト

2001年リリース「Sugarless」収録曲。

SMAP提供曲のセルフカバーで、初めての楽曲提供曲でもあります。

映画監督の長澤雅彦監督は、この曲の歌詞にインスピレーションを受け、同タイトルの映画「ココニイルコト」を製作しました。

出演は真中瞳、笑福亭鶴瓶のほか、若かりし堺雅人も重要な役どころとして登場しています。

この曲がもちろん主題歌なのですが、ラストシーンでこの曲が流れる瞬間は、ファンならずとも鳥肌が立つほどの名シーンです。

第4位 8月のセレナーデ

たとえば君がいなくなってしまったら
たとえばネコやイモムシになってしまったら
メソメソと泣くよ
でもそのうち都合のいいネタにしてしまうかも

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=66229

付き合いたてのカップルが聴いたら全否定してしまうような歌いだしですよね。

でも、特に男性のかた、これってリアルな気持ちじゃないですか。

これを都合のいいネタにすれば、新しい人と付き合うきっかけになりますもんね!

スガシカオの曲には「○月」と度々見られます。

この曲の場合、最初は単なる「セレナーデ」というタイトルだったそうですが、「それじゃ物足りない」という関係者の声を受け、単純に8月リリースだったから「8月の」と加えたのだとか。

それなのに、8月の夜風の雰囲気を思わせるから不思議です。

第3位 春夏秋冬

今日の勇気と 昨日のイタミを
同じだけ抱きしめたら
明日のあなたにぼくができること
ひとつくらい見つかるかな

明日に向かう意味を探して
ぼくら立ちすくむけど
大切なもの 守るべきもの
やっと少しだけわかったんだ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B20444

日本テレビ系情報番組「NEWS ZERO」テーマ曲でした。

1日の終わりにこの曲を聴いて、ようし明日も頑張ろうと勇気づけられた人も多いと思います。

過去の失敗って忘れてしまいたくなるものですが、そのイタミも大事にすることで、大切な人の明日につながる、明日へ向かう意味というのは、大切な人を守ることなのかもしれませんね。

仕事って毎日辛くて疲れる、というのがリアルな本音です。

でもそれは大切な人のため頑張っているのだということに気づかせてくれたり、奮い立たせたりしてくれる1曲です。

第2位 Progress(Kokua)

世界中にあふれてるため息と
君とぼくの甘酸っぱい挫折に捧ぐ・・・
あと一歩だけ、前に 進もう

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B18275

NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」テーマ曲。

誰かの失敗にシメシメと思うことって正直なことでリアルだし、
そう思う自分ってキライって思うこともリアルな感情です。

自分が主人公のストーリーはまだまだため息や挫折だらけだけど、不器用ながらも夢に向かっていこうと思わせてくれます。

単なる挫折ではなく「甘酸っぱい挫折」というフレーズに思わずうなってしまいます。

第1位 夢のゴール(kokua)

前出のprogressのその後がテーマの1曲です。

夢を叶えるって、なりたい職業になることではない。

職業なんていうのは単なる誰かを幸せにする手段に過ぎない。

本当に大切なのは、大切な人を幸せにすることでしょ。

個人的にこれは大発見といえるくらい衝撃を受けた歌詞でした。

歌詞にもちらっと出てきますが、スガシカオは高校教師になるのが元々の夢だったそう。

でも、それが叶わずサラリーマンとして働き始め、紆余曲折を経て音楽の道に進みました。

そんな風に回り道をしてきた人だからこそ書くことができるリアルな歌詞です。

おわりに

大好きな曲をランク付けするのは難しかったですが、今回はスガシカオの魅力が伝わりやすいものを厳選してお届けしました。

スガシカオのリアルな歌詞の世界観は、あの村上春樹氏も絶賛するほどなのですよ。

結構生々しい感情を書いている曲もあるので、ラブラブなカップルで聴いたら喧嘩しちゃうかもしれません。

ということで、まずは1人で本を読むように集中して曲だけを聴きこんでみてください。

そのあとで歌詞カードを手にとり、じっくりと読みこんでみると、きっとスガシカオのリアルな歌詞の虜になるはずです。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

以前はメジャー・インディー問わず様々な音楽をメディア媒体で紹介する仕事をしておりました。
田舎在住ですが、DJイベントも盛んに行われている街で、ロックンロールを叫び続けています。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索