「翳りゆく部屋」ってどんな曲なの?

「翳りゆく部屋」松任谷由実の名曲をエレファントカシマシが歌う?!歌詞の意味を徹底解釈!【動画あり】の画像

「荒井由実」時代の曲

1976年に発表されパイプオルガンのイントロが印象的な曲。

オリコンで10位までしか到達しなかった曲ですが隠れた名曲ですね。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%B3%E3%82%8A%E3%82%86%E3%81%8F%E9%83%A8%E5%B1%8B

「翳りゆく部屋」はユーミンこと松任谷由実の曲ではありません。

というのもこの曲を発表した時に松任谷由実は「荒井由美」と名乗っていました。その後に結婚して「松任谷」性を名乗るようになったのです。

松任谷由実=ユーミンといえば日本の女性シンガーソングライターの草分けでもありますからご存じですよね。

「翳りゆく部屋」は荒井由美名義で発売された最後のシングル曲です。

男女の別れを綴った楽曲で、憂いのあるメロディーと心が苦しくなる切ない歌詞が特徴です。

あまり売れませんでしたがベストアルバムには何度も収録された良曲。ユーミンのお気に入りかも知れませんね。

隠れた名曲といってもいい曲ですので、ユーミンファンなら絶対にチェックすべきですよ!

今回はこの歌をじっくりと徹底解説したいと思います。

「翳りゆく部屋」の歌詞を徹底解剖!

「翳りゆく部屋」松任谷由実の名曲をエレファントカシマシが歌う?!歌詞の意味を徹底解釈!【動画あり】の画像

切なすぎる歌詞をチェック!

男女の悲しい別れの歌です。この2人はどうなっていくのでしょうか。

まずは一番の歌詞からみていきましょう♪

窓辺に置いた椅子にもたれ
あなたは夕陽見てた
なげやりな別れの気配を
横顔に漂わせ

出典: 翳りゆく部屋/作詞:荒井由実 作曲:荒井由実

椅子にもたれながら夕陽を見ている男性を女性は悲しそうに見つめます。会話を交わしたのでしょうか。もう会話も交わせないほど仲が醒めきっているのでしょうか。

男性の横顔には別れの雰囲気が感じられます。「なげやりな」という言葉には、いつも冷たい態度を取っている男性の振る舞いが感じられますね。

この2人の場面の空気感とやり取りを想像すると、イメージが鮮やかに浮かびます。女性の気持ちを考えると切なくて泣きたくなります。

男性は女性に対して温かい言葉のひとつさえも掛けてないので女性は別れの予感を実感しているのでしょう。

二人の言葉はあてもなく
過ぎた日々をさまよう
ふりむけばドアの隙間から
宵闇が しのび込む

出典: 翳りゆく部屋/作詞:荒井由実 作曲:荒井由実

2人は話し合っているのでしょうか。これまで2人で過ごした思い出を。楽しい思い出も悲しい思い出も全部。

これから復縁できるかもという、かすかな淡い期待を抱きながら女性は男性に話しかけているのかも知れません。

それとも、独り言のようなつぶやきは決して相手の耳には届かずに、ただただ空中をさまよって漂っているだけなのでしょうか。

この部分の歌詞から読み取ると、どちらとも取れますね。でも決定的なのは男性の心はもうここにはないということ。

そして時間が進みます。男性はドアを開けて出ていきます。女性がひとり残された部屋へは夜の闇が侵入してきます。

男性は出ていったのです。二度と戻って来ないでしょう。とても簡単な歌詞なのに切なすぎて泣けてきます。

どんな運命が愛を遠ざけたの
輝きはもどらない
わたしが今死んでも

出典: 翳りゆく部屋/作詞:荒井由実 作曲:荒井由実

なんでこんなことになっていのか女性は呆然としています。あんなに愛し合っていたはずなのに男性は出ていってしまった。

誰のせいなの?と女性は答えのない質問を繰り返しているのでしょう。

女性が今この部屋で自殺しても、男性は帰ってきません。男性との輝く思い出は記憶の中にしかありません。

自殺したって、男性は戻らないことを女性は分かっています。

しかし、死んでしまいたい気持ち、ここからいなくなりたい気持ちは女性を苦しめます。

失恋の経験がある方なら、心にグッサリ刺さる歌詞ですよね。

ランプを灯せば街は沈み
窓には部屋が映る
冷たい壁に耳をあてて
靴音を追いかけた

出典: 翳りゆく部屋/作詞:荒井由実 作曲:荒井由実

男性のいない部屋でひとり女性はランプを灯します。窓のガラスにはひとりきりの女性の姿が映っています。

女性はひとりという現実を突きつけられてどうにかなりそうです。感情が爆発しそうでどうしようもありません。

壁に耳を押し付けて男性が階段を降りる足音を静かに聴いています。

もう女性は男性を追いかけることはせず、じっと耳を澄ますだけ。追いかけても無理だというのをわかっているのでしょうね。