【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年06月13日更新

【終わりのはじまり/WANIMA】意味深なタイトルの激短な曲?!コードをチェックして弾いてみたい♪

「青春は爆発だ!」ラウドで心に沁み込む、青春チックなパンク・サウンドを届けてくれるイカした3ピースバンドWANIMA!今回は短い、チョー短いその歌詞に込められたメッセージを、一字一句漏らさないくらいに解釈します。コードもご一緒に。

今や青春パンクの第一人者WANIMA!

今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの青春パンクの第一人者WANIMA、今年(2018年)1月にNEWリリースの「EVERYBODY!!」を引っさげてのLIVE Tourも各地連日大盛況!!という声が聞こえて来ます。


NEWリリースを聴くたびに、そのライブを肌で味わってみたい、共に歌いたい、そして年甲斐もなく、モッシュの中からダイブしてみたい!(おっとっと、これはイケませんね)なんて。


そんな風に思っている僕には、観れた人がうらやましい限りです。

「終わりのはじまり」とは?

1st.maxiシングル「Think That…」のトップ

さて、この「終わりのはじまり」、2015年8月リリースの彼らの1stMaxiシングル「Think That…」のトップを飾っています。


ちなみに余計なこと言いますと、これが僕のWANIMA初体験。何かと話題に事欠かない彼らですので「あれ?もうずいぶん経ったんだな…」と。


それからずいぶんと彼らのプロダクトをやたらめったら、むさぼっていました。


けれど、今回、記事をお届けするに当たって、改めて調べたら彼らは1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」の方が、先にリリースされていたのですね。気が付かなかったです。


まあ、彼らの楽曲と一緒で怒涛のごとく「爆発的青春パンク」を届けてくれるWANIMAですから、それは無理からぬカン違いってことで。

えぇっ!!こんな短かったっけ!?

そして、タイトルの意味を歌詞から紐解こうと思いまして、歌詞カードを改めて見たら、なんとビックリ!!

誰かもそうやったんだ 君ならどうやったんだ?
呆れるほど疑って 呆れるほど後悔した
誰かを責めた揺らいだ回り道 始まりか終わりか決めるのは君だ

出典: 終わりのはじまり/作詞:KENTA 作曲:KENTA

あれー!たったこれだけ……だっけ!?もっとたくさん、歌ってるかと思いました。二つ目のカン違いです。


「ラララ~♬」イントロの、思わず一緒に歌いたくなるような、そしてライブではシンガロング(大合唱)必至の雄叫びもありますけれど、活字にされている歌詞はたったの66文字です。


「Can Not Behaved!!」収録の「昨日の歌」が彼らの演奏の最短曲なら、こちらは歌詞の最短曲でしょうか?


でも、それまでの彼らの生き様、デビューまでの彼ら特にVo.&B.KENTA君のまわりで起こった出来事、そして彼を育んでくれた故郷と亡くなった母への想い、等々……。


彼らのプロフィールからの色々な要素を考えると、僕の頭の中には2つの解釈がピン!と思い浮かびました。

「終わりのはじまり」その歌詞からタイトルの意味を

では、その2つの観点から歌詞を語って行きましょう。コードを添付しますので、ギターを弾く人はぜひ弾き語りで。

その1.親しかった者へ送る言葉

G  Asus4     D    Bm
誰かもそうやったんだ 君ならどうやったんだ?

出典: 終わりのはじまり/作詞:KENTA 作曲:KENTA

WANIMAはメジャーデビュー前、一度だけメンバーチェンジを経験しています。


すなわちそれは前任のD.のWAKITA君(ご存知の通り、WANIMAの「WA」ですね)から現メンバーであるFUJIWARA君への交代です。


まだグループを結成した駆け出し当時、オーディエンスが一説によると15人しか居なかったライブハウスでの活動。その頃から苦しみも楽しみを共にしていた仲間。


誰かっていうのはKENTA君がWANIMAの前身バンドとして活動していた「HANIMA」のメンバーのことでしょうか?その時のバンド内の人間関係、ひょっとしたらケンカ別れだったのかもしれません。


それを例に上げて、親しくかけがえのない、WNIMAのバンドメンバーであり友である君に、どうなんだ?と問いかけたのではないでしょうか?

G     Asus4  Bm7
呆れるほど疑って 呆れるほど後悔した

出典: 終わりのはじまり/作詞:KENTA 作曲:KENTA

もちろん、そんな大切にしていた仲間と別れる訳ですから、KENTA君の心の葛藤は甚だしいものがあったのでしょう。


グループや音楽に対する想いやスタイル、そして自分が持っている夢と野望への取り組み、果たして志(こころざし)を同じくするメンバーとして、一緒にこれからもやって行けるのだろうか?


そしてそれは、それは仲間に対する疑いに繋がって行き、その結果、自らのエゴのためにメンバーを切らなくてはならない。


呆れるほど疑ってしまえば、呆れるほど後悔しても仕方がないことです。

A  G  Asus4  D  Bm   G    A    
誰かを責めた揺らいだ回り道 始まりか終わりか決めるのは
G B♭A
君だ

出典: 終わりのはじまり/作詞:KENTA 作曲:KENTA

そんな、自分たちが通って来た道、それは不安定な心の元、とてつもない回り道でした。


始まりか終わりか、君はKENTA君自身を指しているのかもしれません。ひょっとしたバンドの解散すら頭をよぎったのかも。


でも、決めるのは、自分自身でしかない

その2.故郷への想い、そして優しかった母

そして、もう一つの解釈、それは彼らの出身地、熊本に対する想い。それは望郷なんて弱々しい気持ちではなくて、誇りです。


ああ、それから、「どうやったんだ」は当然熊本弁、標準語は「どうだったんだ」ですね(笑)。


これは、時期的には作品リリース後の出来事になってしまいますが、2016年4月に故郷を襲った大地震、まさか、彼は予知していた?いえいえすいません、そんなことは無いでしょうけれども。


しかしながら、結果的に、この楽曲はそんな故郷への励ましにも関わっていったように思えます。


そして、故郷に対する想い、これは同時に優しかった、亡くなった彼の母親に対する想いにも繋がっていくのではないでしょうか?


わがままに振舞ってしまった母親、そしてそれに対する後悔の想い、慈しむ気持ち


けれども、大きな野心を抱えて、東京に出て来た自分と仲間、そしてその進むべき道は自分たちで決めるしかない。ということです。

色々とタイトルの意味を考えてみて

ギュウギュウに詰まったエモーション

いかがでしょうか、もちろんこれは、僕の勝手な推測であって、そうなのかもしれないし、とんでもない3つ目のカン違いかもしれません。


しかし、真実はどうであれ、事実、約2,000文字この楽曲を解釈するのにかかっています。そして、彼らが体験してきた青春のシーンをダイジェストで映画化したとしても、何十時間にもなるのではと思います。


それを、彼らはこの楽曲の歌詞のわずか66文字に、ギュウ!っと凝縮してしまいました。


WANIMAの楽曲は、わずか1分にも満たない曲が何曲かあります。でもそんな短い楽曲でも、聴き手に様々なイマジネーションを抱かせる珠玉の楽曲、ということが言えると思います。


彼らが持つ強力なエッジでしょう

その密度の濃さに脱帽!

僕が最初に感じた「こんなに短かったっけ?」という感覚、それは彼らの抱えているあふれんばかりのエモーションが、文字数の数万倍くらい、詰め込まれてるからでは、と感じます。


変な例えですけれど、パチンコ玉くらいの物質が数億トンもの重さを持つ「中性子星」、それくらいの密度に匹敵するといったら大げさでしょうか?


正直言って最初、この「終わりのはじまり」を解説するのに「短すぎる、やばい!」と感じた自分が居ました。でも、深くその意味を理解するにつれ、改めてこのバンドの凄さが判りました。脱帽です!

ぜひライブでの復活を

では、最後にYouTubeに掲載されている2016年4月にANN記録としてオンエアーされた「アコースティック・オールナイト・ニッポン」の映像をお届けします。

最近のライブでは、セットリストから外れてしまったこの曲ですが、彼らが中盤にしんみり?演奏するアコースティック・セット、その中でぜひ、復活させてもらいたい楽曲のひとつだと思います。


また、せっかくギターコードを掲載しましたので、「弾いてみた」動画もお届けしましょう。

それでは、また。ありがとうございました。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索