他にもナイロンチップやチップレスがありますが
ここではあえて紹介しません。

この中でオススメなのは丸型チップです。

他は癖が強く初心者には向かないチップです。

太さと長さ

スティックは種類ごとに太さや長さが違います。

スティックの基準はどこのメーカーも大体5Aです。

5A等の英数字は「太さと長さ」を表しています。

5Aの場合

太さ14mm~14.5mm

長さは400mm前後

で作られています。

ここも個人の好みで選びましょう。

最初は無難に5Aがおすすめです。

スティックメーカー

さて、次は主なスティックメーカーを紹介します。

VIC FIRTH(ビックファース)

1963年に設立された世界最大のメーカーです。

コンピューター・ペアリング・システムを導入し、
品質管理がしっかりされていて、革新的なデザインを追求しているメーカー。

数多くのラインナップがあり幅広いジャンルのプレイヤーに人気。

PRO MARK(プロマーク)

1957年に設立されたメーカー。

演奏時の音質向上のためにこだわった

素材を使ってスティックを生産しているため

スティックの個体差が少ない。

VATER(ベータ)

1956年に設立されたスティック専門のメーカー。

品質が大変よく世界の名ドラマーからの信頼があります。

VIC FIRTH同様、多くのラインナップがあるので

迷ったらこのメーカーともよく言われます。

他には
☆WINCENT
☆Pearl
☆TAMA
☆YAMAHA
☆Zildjian
☆LOS CABOS
☆PLAYWOOD
☆ROHEMA
等があります。

昔はVIC FIRTHとVATERのスティックは木の密度が高くて~
やらPRO MARKは~など色々言われていましたが

今はどのメーカーも変わりません。

ここは好みでいいでしょう。

強いて言うならVIC FIRTH、LOS CABOS辺りがオススメです。

スティックはどこで買えば良いの?

さぁいよいよスティックを買いましょう。

基本ネットでの通販はオススメしません。

必ず回転率の良い楽器屋に行きましょう。

なぜ回転率の良い楽器屋にこだわるかと言うと、

あまり売れない楽器屋だと、何ヶ月も前に入荷した

スティックが並べられており、品質が悪い場合があるからです。

スティックを選ぶコツですが

前述したことを踏まえ買おうと決めたスティックがあるとします。

ここでやるべきことがいくつかあります。


1.重さを測る

2.転がす

3.木目をよく見る

4.音のピッチを確認する

の4つです。

1つずつ説明して行きましょう。

重さを測る

これは文字通り重さを測ります。

最近の楽器屋は計りが置いてありますので

同じ重さくらいのスティックをセットで買いましょう。

左右のスティックの重さの差が10グラム違うだけでも叩きやすさが変わってきます。

転がす