日本のファンに伝える隠された想い

日本での活躍の絶頂にありながら、彼らは海外へ目を向けました。

ここで紹介している「35xxxv」というアルバムはそれまでのものとは何かが違っていたのです。

それは彼らが日本だけでなく海外へ進出したことで音楽性に少し海外の色が入ってきたたから。

日本のファンの間では、このアルバムは”今までと何か違う”と囁かれました。

それもそのはず。

ONE OK ROCKは、LINKIN PARKやSimple planなど海外のアーティストとの親交も深いのです。

そのため、デビュー前から憧れていた海外ロックバンドの影響をモロに受けています。

そしてこの「35xxxv」を発売した2015年あたりには楽曲からもわかるようになりました。

日本のファンが感じる”違和感”は、ONE OK ROCKにも伝わっていたと思います。

決して悪い意味ではないですが、そういった一つのものに捕らわれている感覚を危惧したのではないでしょうか。

「35xxxv」の中の3曲にはそんな彼らの想いが詰まっているのかもしれません。

具体的にはこの3曲はどういった意味があるのでしょうか。

「35xxxv」から伝わること

過去に囚われていることから解放されたい。

過去を捨ててまで”今”手に入れたいものがあるんだ。 言葉では言えないから、叫ぶんだという、内に秘めた想いが溢れる意味合いがあります。

ファンの間では「慈悲愛」とも表現されています。

「Take me to the top」から伝わること

今回紹介している楽曲「Take me to the top」は、ファンに訴えかけていると解釈できました。

”期待されているここと違うことをするとすぐに批判するけど、離れないじゃないか”

音楽性に海外の要素がプラスされ、これまでとは違う反応を受けての反発のようなものなのかもしれません。

それでもファンを想う気持ちは変わりません。

”お前たちの力でトップに連れていってくれ”と言っているようです。

これはファンがいるからてっぺんが取れるんだという感謝とも捉えることができますね。

「Cry out」から伝わること

”俺らだって変わりたいんだ”という心の叫びが歌詞に含まれています。

どうしたら納得してくれるのか、俺らだってわからないけど、同じままじゃいられない。

そんな解釈ができる歌詞が印象的です。

この3曲に共通するのは「心の叫び」であることと、「変化をわかってくれ」ということ。

おそらくですが、彼らが一番世の中の反応を敏感に感じ取っていたのではないでしょうか。

ONE OK ROCKのファンだからこそ、自分たちの音楽に変化があっても付いてきてほしい。

そんな想いが繋がっている楽曲なのです。

最後に

いかがでしたか?

今や世界で活躍しまさに”TOP”に上り詰めた大人気ロックバンドのONE OK ROCK

ここまで行くのには、色々な想いがあったことがわかりました。

ファンから見ればもう”TOP”を掴み取ったも同然ですが、今の彼らはどう思っているのでしょうか。

2015年に日本から飛び出し海外での活動を広げた時の気持ちや、日本のファンの想い。

彼らの耳に届いたあらゆる声に応えるかのような「Take me to the top」でしたね。

皆さんはどんな解釈をされましたか?

アーティストの真意を読み解くのは正しいかどうかは別として、楽しい作業でした^^

これからもONE OK ROCKの楽曲を深く読み解いていきたいと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました♪

OTOKAKEおすすめ記事紹介

OTOKAKEでも人気のONE OK ROCK

筆者以外にも多くのライターが彼らの楽曲について様々な解釈をしています。

彼らの楽曲について詳しく考察してみると、どんどんファンになってしまいます。

それくらい魅力のあるのがONE OK ROCKなのですね。

特に興味深く読むことができた記事をいくつがご紹介します。

皆さんも是非読んでみてくださいね!

「Take me to the top」と繋がりのある「Cry out」

ONE OK ROCK【Take me to the top】歌詞和訳&解釈!”TOP”はどこに?!の画像

本記事で繋がりがある楽曲として紹介した「Cry out」歌詞和訳と解釈も気になりますね。

楽曲の意味をより知ることができる記事です!

今日本だけけでなく世界中でも爆発的な人気を誇る4人組ロックバンドであるONE OK ROCK。その圧倒的なライブパフォーマンスは数多くの人々を魅了し続けています。今回はそんなONE OK ROCKの「Cry out」についてお話ししていきます。

ONE OK ROCKの魅力がまるわかり♪

ONE OK ROCK【Take me to the top】歌詞和訳&解釈!”TOP”はどこに?!の画像

ONE OK ROCKのアルバムランキング形式で紹介しています!

甲乙つけがたい名盤ばかりの彼らの魅力が伝わる記事になっています。

ONE OK ROCKを好きになったばかり!という方や、これから聴いてみたい!という方にも♪

2005年にバンドを結成し、2007年にデビューした『ONE OK ROCK』。ヴォーカルのTakaは両親から受け継いだ圧倒的な歌唱力で日本のみならず世界のファンを魅了しています!そんなワンオクのアルバムの中から『名盤』5つをランキング形式で紹介♪