いいねして最新情報を受け取ろう!

2015年09月09日更新

ナルトのOP KANA-BOONのシルエットをPVと比較して歌詞を解説!

アニメ『ナルト疾風伝』のOPでもあるKANA-BOONが歌うシルエット。 シルエットの歌詞の意味とは?そして、PVとの関連は? 歌詞の紐解きをしながら関連付けて解説していきます。

KANA-BOONとは?名前の由来は?

KANA-BOON(カナブーン)は、大阪府堺市のライブハウス三国ヶ丘FUZZで育った4人組ロックバンド。所属事務所はヒップランドミュージック。所属レーベルはKi/oon Music。

名前の由来は何?

バンド名はギター古賀が命名。結成当初バンド名を決める際、インターネットスラングの「ブーン」をメンバー達が気に入っていたことからバンド名には「ブーン」を入る事になり、他のメンバーも賛同してKANA-BOONに決定した。高校時代はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしており、作詞・作曲は全て谷口が行なっているが、結成当時からアレンジはセッションで行われ、その後話し合いをして作られている。
彼らの楽曲のPVの最後には、おまけ映像が収録されているほか、毎回俳優や女優、エキストラなどのキャスティングが恒例となっている。
今回のシルエットのPVにも最後おまけの映像がついてますね。
ちょっと微笑ましいおまけ映像!
まだ見ていない人は最後まで是非見てみてください!

PVに出ている男性は誰?

中島 広稀さん(なかじま ひろき、1994年3月28日 )
群馬県出身で、出演映画は悪の教典、告白など。
憧れの俳優は山田孝之で、幅の広い役者になることを目標としている。

PVの場面と歌詞と共に見ていこう

男の人が走っているところから始まるプロモーションビデオ!!
場面は草むらがある広場。シルエット、といった曲名からはみなさんどんなことを想像しましたか?
私はシルエットといった言葉から、影、つまりもう一人の自分のことかなあとか思いました。
実際はどうなのでしょうか?
PVの場面と共に見ていきましょう。

男の人が走っては転ぶシーン。
鮮やかなピンクの背景に鮮やかな背景のパーツ。KANA-BOON本人たちの衣装は黒、グレーなどを基本とした衣装。鮮やかな背景、パーツによって本人たちが映えますね。では、主人公の"僕"になって、歌詞を解説していきます。

いっせーのーせで踏み込むゴールライン
僕らは何も何もまだ知らぬ
一線超えて振り返るともうない
僕らは何も何もまだ知らぬ
うだってうだってうだってく
煌めく汗がこぼれるのさ

出典: http://www.uta-net.com/movie/174736/

僕は人生の到達点としていた一線に辿りついた。でも僕はこれからの人生、何が起こるかまだ分からない。人生には小さな目標があるだろ?その小さな目標をこえるごとに、過去のことも忘れていってしまうんだ。でも人生は楽しいよ。頑張るごとに成果がでるからね。

帽子をかぶったメンバーが出てきますね。誰なのでしょうか。最後のシーンになったらわかります。そう、おまけ映像のところですね。

覚えてないこともたくさんあっただろう
誰も彼もシルエット
大事にしたいもの持って大人になるんだ
どんな時も離さずに守り続けよう
そしたらいつの日にか
なにもかもを笑えるさ
ひらりとひらりと舞ってる
木の葉が飛んでゆく

出典: http://www.uta-net.com/movie/174736/

僕は覚えてないこともたくさんあるよ。でもきっとそれは大切な記憶だったんじゃないのか?大切な僕の記憶。忘れたふりをしていたのかな?思い出せるかな?今は思い出せないけど、笑うことはできるよ。

場面では男の人は何回もころびます。でも、全力で走ることを楽しんでいます。何度転んだとしても。

いっせーのーで、思い出す少年
僕らは何もかもを欲しがった
わかってるって、あぁ気づいてるって
時計の針は日々は止まらない

奪って奪って奪ってく
流れる時と記憶
遠く遠く 遠くになって

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-141126-149

僕は思い出したよ。昔の記憶。なにもかも完璧を求める毎日だった。でも時計の針は止まることなく、気づいたら今僕はここにいるんだ。時は流れると同時に記憶も遠くに流れていくんだね。

この場面がよく見えますね、鮮やかなピンクの背景に、鮮やかな背景のパーツ。本人たちの盛り上がりもここが大きいですね。

覚えてないことも たくさんあっただろう
誰も 彼も シルエット

恐れてはないこと 知らないふりをしたんだよ
何も ないよ 笑えるさ

ひらりと ひらりと 舞ってる
木の葉のように憂うこと無く焦燥無く過ごしていたいよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-141126-149

僕は嫌だった過去も思い出したよ。辛かった記憶、悲しかった記憶。思い出したくない記憶だって思い出した。恐れていた記憶を僕はわざと思い出そうとしていなかった。木の葉のように、何も焦ることなく、ゆったりと人生を過ごしてみたいね。

覚えてないことも たくさんあったけど きっと ずっと 変わらない

物があることを 教えてくれたあなたは 消える 消える シルエット

大事にしたいもの 持って大人になるんだ
どんな 時も 離さずに

守り続けよう そしたらいつの日にか 何も かもを 笑えるさ

ひらりと ひらりと 舞ってる 木の葉が飛んで行く

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-141126-149

僕は今まで自分の記憶を振り返ってみた。思い出したくない記憶だって思い出した。でもその中で思い出せなかった記憶もあったよ。それでもね、僕の中で変わらない昔からの意思はずっとあるんだなって教えてくれた昔の僕に感謝しているよ。その昔からの僕の意思をこれからもずっと大切にしていくよ。ひらりと舞っていく木の葉のようにね、何事も焦らずに。慎重に、その気持ちを大切に。

最後に!!

どうでしたか?KANA-BOONのシルエット。
皆さんはどう解釈しましたか?
最後のおまけのシーンも、見てみてくださいね!
微笑ましいシーンです。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

亜紀といいます!JPOP〜洋楽、ROCK、クラシック…、色々なジャンルの音楽が好きです。気付いていなくても、日常生活の傍にずっと寄り添ってくれている音楽が大好きです。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索