いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月08日更新

【女子が胸キュンするラブソング】ナオトインティライミの代表曲「タカラモノ」の歌詞を紐解く

ナオトインティライミの代表曲「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」。 男性が女性のことを守り続けるという想いがギッシリ凝縮された歌詞が、女性の胸にキュンキュン突き刺さる、大人気の曲。 好きで好きでたまらない、抑えきれない気持ちがストレートに綴られたラブソングをご紹介します。

「太陽のお祭り(オマットゥリ)男」ナオトインティライミ


シンガーソングライター、
ナオトインティライミ。

インティ(inti)は太陽、
ライミ(raymi)は祭りを
意味するケチュア語だそうです。

つまり「インティライミ」とは、
「太陽の祭り」という意味ですね。

その名の通り明るく開放感に満ち溢れたメロディと、
飾らないストレートな歌詞が魅力の
ミュージシャンです。

ナオトインティライミ「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」

自身を代表するラブソング


ナオトインティライミの代表曲
「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」

一言で言うと、男性からストレートな
気持ちを伝えるラブソングです。

ピアノの独奏から始まるイントロ、
そして、徐々にテンポが盛り上がっていく。

彼女のことが好きでたまらない、
その気持ちをまっすぐに言葉にした歌詞。


彼女をもっと大事にしたい!

好きな人にちゃんと好きって伝えようって
いうエネルギーをもらえる曲。

恋をしたい!

好きな人に好きって言えないとき、
ものすごいパワーをもらえる曲。

草食系男子も一瞬で肉食系男子に
生まれ変わるような、熱い思いが
フツフツと込み上げてくる、
素敵な歌詞をご紹介します。

ナオトインティライミ「「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」MV


ナオト・インティライミの2枚目のシングル
「タカラモノ 〜この声がなくなるまで〜」

読者モデル武智志穂がウエディング姿で
全力疾走する一風変わったMVも印象的な
ウェディングにもピッタリの楽曲。

女性が胸キュンする秘密は歌詞にアリ!

それはタカラモノ 気づいたからもっと キミを感じたい
Oh 無邪気に笑った顔 不器用な性格も 優しいその声も
キミと一緒なら どんな景色でも 輝くから
Oh ケンカして決めた行き先も ほんとはどこでもよかったんだ
いつも僕の左側を 歩きたがるキミの右手を
しっかり握りしめて離さない 離さない

出典: http://petitlyrics.com/lyrics/1168291

愛しさに気づいたとき、
小さな欠点とか不満とか
全然気にならなくなった。

全部ひっくるめてキミのことが好き。

一緒にいるだけで、
周りの景色も輝いて見えるって、
ステキなですよね。

キミのことずっと いつだって Oh 守り続ける!
キミが寂しくないように こんな歌を歌うよ
この声がなくなるまで…

出典: http://petitlyrics.com/lyrics/1168291

キミのことずっと
いつだって守り続ける。

超がつくほどストレートな歌詞。

声がなくなるまで歌う、

って全てを捧げるっていう
意味が読み取れて、覚悟が
伝わってきますね。

時には涙見せていい ボクらそんな強くない
キミが一人で背負い込んでた荷物 ボクも持とう
キミを思えば思う程 胸が苦しくて切ないけど
こんなに大切に思えたのは初めてなんだ

キミのことずっと いつだって Oh 守り続ける!
キミが寂しくないように こんな歌を歌うよ
この声がなくなるまで…

出典: http://petitlyrics.com/lyrics/1168291


どんなにお互いのことを
好きで想い合っていたとしても、
誰にも打ち明けられないもの、
背負っていませんか?

恋人だからって全てが
ハッピーとは限らない。

今までに経験した過去があって
今現在があるわけで。

現在が幸せだからって、それだけで
辛い過去や苦しい思い出がすべて
払拭されるわけじゃないですよね。

どうしても誰にも言えずに
一人で抱え込んでいるものって
誰にだって、何かしらあるはず。


そんなとき。

「キミが一人で背負いこんでた荷物 ボクも持とう」

って言われたら…


すーっと心が軽くなる。

重たく、暗い闇にすーっと一筋の眩い
光が射し込んでくる。

誰にも言えない過去や秘密を
打ち明けなくてもいい。

ただ、そういったものを理解し、
辛く重たいってときには、
その心の荷物を一緒に持つよって。

暖かく包み込むようなイメージ。

ジーンとくる歌詞ですね。

知らないことがまだまだ多すぎて それが切なくて
いっそキミごと飲み込みたくて
うれしいこと 悔しいこと キミの喜怒哀楽も全部
感じたい 受け止めてあげたいんだ!
気の利いたことは言えないけれど
キミのためなら何でもできる
ずっと 共にずっと 隣を歩いてくれないか?

出典: http://petitlyrics.com/lyrics/1168291

ここは直球勝負の告白、
プロポーズのような歌詞ですね。

気の利いたオシャレなことは
言えないって言っているけど、
むしろそっちの方がいいんじゃないか。

自分の想いをストレートに
相手にぶつけるようなセリフこそ、
実は最も、相手の心に届くに
違いないって思えてきます。

もっとキミのことが知りたい、
嬉しいことや楽しいことだけじゃなくて
悲しいことや怒りを感じていることも
全部知りたい。

告白して嫌われたらどうしょう。

プロポーズしてフられたらどうしよう。

といった自分が受けるかもしれない
リスクやダメージなんて、微塵も感じていない。

ただ、それ以上に、自分が得たいものを
どうしても手に入れたい。

得たいものを得たいって言わなきゃ、
絶対に後悔する。

そんな勢いと覚悟がにじみ出ている
ように感じます。

好きで好きでたまらない気持ちは、
失敗とか恐れとか、そんなマイナスな
ことを完全に吹き飛ばしてしまう
強烈なパワーを持っている。

ついつい、拳に力が入ってしまいませんか?

キミに会いたくて… Oh 触れたいから…
キミに会いたいよ 会いに行くよ 今すぐに!

何度でも言うよ キミが好き Oh 大好きなんだ!
キミが寂しくないように こんな歌を歌うよ
この声がなくなるまで…

(I will love you so and never let you go)

出典: http://petitlyrics.com/lyrics/1168291

好きという気持ちが心のタンクを満タンにして、
それでもさらにどんどん溢れでてきている。

もうじっとしてなんていられない。

今すぐ行動したい。

今すぐ会いたい。

今すぐ会って想いを伝えたい。

今すぐ抱きしめたい。

愛するたった一人の人に、
ここまでガムシャラになれる。

無我夢中になれる。

これこそ、本当に幸せなんだろう、
そう思えてきませんか?

恋するパワー、愛する情熱、
これ以上に力を与えてくれるもの
なんて、他にないのではないでしょうか。

まとめ

どうだったでしょうか。

ちょっと恥ずかしくなるほどの
飾りっ気なし、本音が炸裂するセリフの数々。

愛する人を想い続ける、守り続ける。

そんな強く、熱く、優しいメッセージを
実直に綴ったラブソング。

今すぐ恋したい!
今すぐ告白したい!
今すぐプロポーズしたい!

そんなアクションを起こしたくなる、
エネルギッシュで気持ち高ぶる曲。

恋愛したいけど、いざ行動しようと
なると億劫だったり、
好きな人に好きだって言いたいけど
なかなか言えない。

勇気が出ない。

そんなときに聴くと今すぐ
行動したくなりますよ。

草食系男子が一瞬で肉食系男子に
早変わりしてしまうかもしれません!

それくらいの威力がこの、
「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」
にあるように感じます。

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音と言葉。
耳と目。
動と静。
好きなものは聴覚と視覚で二度味わいたい。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索