「私」が愛する「あなた」は、歌詞からちょっと不思議で謎めいた男性なのが分かります。

「銀河を見ている」なんて、なかなかない表現でしょう。

ただし「銀河」というのは宇宙にある銀河そのものではなく、何かのたとえではないかと思われます。

身の回りにある出来事、それを取り巻く人々のことをまとめて「銀河」と呼んでいるのかもしれません。

「金田一少年の事件簿」的に語るならミステリーだったり、解き明かしたい事件の真相だったり。

「銀河」そのものがミステリーなら、それを形成する星々は謎を解き明かす数々のヒントや情報でしょうか。

真実を解き明かそうと、彼はずーっと謎という名の銀河を見つめているのです。

『金田一少年の事件簿R』から見る「瞳の奥の銀河」

Flower【瞳の奥の銀河】歌詞の意味を考察!彼の瞳の奥には何が映っている?銀河を泳いで見つけようの画像

「誰を見ているの?」という歌詞も、「誰を犯人と見ているんだろう」という意味かもしれません。

「銀河を見つめている」姿は、まさに推理そのものです。

つまり「あなた」は探偵で、「私」はその探偵に恋をしている女性ということになります。

「金田一少年の事件簿」でいうと、一を心配するヒロインの美雪の気持ちを歌っているのかもしれません。

美雪は一の幼馴染であり、付き合ってはいないもののお互いに惹かれ合う関係です。

物語では素直ではないものの、本心はこの歌詞のように一途なのでしょう。

一途な恋を歌った優しいラブソング

Flower【瞳の奥の銀河】歌詞の意味を考察!彼の瞳の奥には何が映っている?銀河を泳いで見つけようの画像

「瞳の奥の銀河」の歌詞について解説しました。

一途で相手を一番に思う歌詞は、聴いていてとても優しい気持ちになります。

「金田一少年の事件簿」にラブソングはちょっと意外な感じですが、歌詞を見ると納得な組み合わせです。

「銀河」を「ミステリー」と置き換えることで、推理ものにぴったりな曲になっているのが素晴らしいところ。

歌詞はそこまで難解ではありませんが、少し考えないと意味が分かりづらいのも推理を思わせますね。

色々な要素が含まれた、聴くのも考察するのも同時に楽しめる曲です。

アルバム「F」に収録されている「紅のドレス」は切ない女の気持ちを表したラブソングです。ツアー「E.G.POWER 2019 ~POWER to the DOME~」に向けて配信されました。そんな「紅のドレス」にはどんな意味が込められているのか解説していきます。

1年半の空白期間を経て発表されたアルバム「F」

このアルバムに収録されている「紅のドレス」は、ある女性の切ない思いを歌っています。

「瞳の奥の銀河」とはまた違うベクトルのラブソングといえるでしょう。

是非こちらも聞いてみてくださいね!