あいみょん 「さよならの今日に」

「さよならの今日に」概要

あいみょんの「さよならの今日に」のvery short movieがYouTubeで話題になっています。

彼女の作詞は、日常のありのままの感情を表現した歌詞が特徴的です。

今回公開された楽曲テーマはおそらく「切り捨てられた過去」でしょう。

もう二度と戻ることのできない大事な一場面。

後悔や未練はあれども、どれもあなたを作る大切なパーツです。

目まぐるしく過ぎ去る毎日の一時に、ふと思い出される過去のifが歌詞には綴られています。

また「さよならの今日に」はまだフルバージョンは公開されていません

そのため歌詞解説もvery short movieの箇所だけになります。

ニュース番組のテーマソングに抜擢!

「さよならの今日に」は日本テレビの情報系番組news zero」の新テーマ曲になっています。

番組テーマの『ニュースを「じぶんごと」に』を元にあいみょんが自ら書き下ろしています。

本曲は2020年1月6日のO.A.で初めて地上波で流れました

彼女の少し切なさを残す歌声が、番組の雰囲気ととてもマッチしています。

一日の終わりにこの曲を聞くと、明日も頑張ろうという気持ちが湧き上がってきますね。

歌詞解説スタート

「めぐる」の意味とは?

あいみょん【さよならの今日に】歌詞の意味を徹底考察!冒頭の言葉は何を意味する?日々求めているものとはの画像

中をめぐる
明日が来ることは解る

出典: さよならの今日に/作詞:あいみょん 作曲:あいみょん

歌詞は途中から始まるため何の「中をめぐる」のかは分かりません。

ここでは少しどのような単語が前につくのか予想してみたいと思います。

「めぐる」の漢字はいくつかあり、意味としては「巡る」「廻る」の2種類があります。

まず「巡る」これはいろいろな場所を見回るときに使われます。

こちらの意味として使われている場合を考えてみましょう。

おそらく前の歌詞には場所や風景のような単語が使われていると予想できます。

しかし、注目したいのはその前に「中」という単語が使われていることです。

そのため風景ではなく、美術館などの建物の中を巡っていると考えられます

いろいろな場所を巡ることで、「明日」のことについて理解するのでしょう。

もうひとつの「めぐる」は「廻る」または「回る」とも書くことができます。

こちらは字の通り「まわる」という意味です。

例えば地球が「廻る」などのように使われますね。

「中」で廻るものを考えると、体の中を流れる血液などがあります。

しかし、歌詞の流れを考えても何かが回って「明日」について解るとは考えにくいです。

そのため普通に考えれば「巡る」という単語が、歌詞では使われていそうですね。

ただその予想をいい意味で裏切ってくるのがあいみょんです。

彼女の独特な世界観がどのように歌詞を紡いでいくのでしょうか?

今からフルバージョンの公開に期待が膨らみますね

もしもの人生は

あいみょん【さよならの今日に】歌詞の意味を徹底考察!冒頭の言葉は何を意味する?日々求めているものとはの画像

昨日が戻らないのも知ってる
できれば やり直したいけれど

出典: さよならの今日に/作詞:あいみょん 作曲:あいみょん

私達は常に前に進まないといけません。

昔のことを思い出すことはできても、昔に戻ることは決して出来ないのです。

あいみょんがここで歌っているのは、当たり前のことですが無常を感じますね。

私たちの人生でターニングポイントというのはどこかでやってきます。

あのとき夢を追いかけていればどうなっていたのでしょうか?

有名人になっていた未来もあったかもしれません。

また失恋や告白なども過去を振り返るときの定番ですね。

失恋したとき、どんな行動をしていたら私たちは別れずにすんだのか考えます。

あのとき告白していたら、想い人と結ばれていたのかを夢想します。

人生のifを考え始めるときりがありません。

それは歌にあるようにあいみょんも同じなのでしょう。

彼女ほど成功したアーティストでも、やり直したいことはあるんですね。

僕らは今を生きている

選ばなかった未来

あいみょん【さよならの今日に】歌詞の意味を徹底考察!冒頭の言葉は何を意味する?日々求めているものとはの画像

切り捨てた何かで 今があるなら
「もう一度」だなんて そんな我儘
言わないでおくけどな
それでもどこかで今も 求めているものがある

出典: さよならの今日に/作詞:あいみょん 作曲:あいみょん

人生は選択肢の連続です。

今までの生活が180度ひっくり返ってしまうようなもの。

ランチは何を食べようかという日常の些細なもの。

実際アメリカの研究で、人は1日に約35,000回の選択をしているようです。

秒数にするとおよそ2秒~3秒に1回、私たちは無意識に選択をしています。

もちろん選択をしているということは、歌詞にあるように切り捨てられた選択もあります。

気づいていないだけで、私たちが歩んできた道には多くのifがあったのです。

先ほどの見出しで人生のターニングポイントについて触れました。

ただそれは私たちが考えるような重大な決断ではなく、もっと日常に潜んでいるかもしれません。

些細な選択でも、もしかしたら交通事故に繋がった可能性があります。

もしかしたら、今生きているのは奇跡なのかもしれません。

そう考えると、いま生きているということの素晴らしさを実感できます。

もちろん人生をやり直したい気持ちはとても分かります。

ただもう一度人生をやり直したいと思う前に、今の人生に目を向けてみませんか?

あなたが望んだifの人生はもしかしたら、すでに途切れているのかもしれません。