【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年05月16日更新

「WHERE?/夜の本気ダンス」の歌詞&コードが知りたい!収録アルバムも徹底解説♪

その名の通り、曲を聴いたら自然と踊りだしたくなるバンド、夜の本気ダンス。今回は、「WHERE?」の歌詞&コードとともに、収録アルバムについても徹底的に解説していきます!

こんなサウンドを待っていた!!ロックバンド「夜の本気ダンス」とは?

近年、どっちが曲名&バンド名なのか…わからないバンドって増えてきていますよね。


今回紹介するバンド夜の本気ダンスもその1つですが、本気ダンスって言うくらいだから、てっきりB-BOY的な感覚でチェックしてみると…


「あら…親近感のあるスタイリッシュイケメン(!?)じゃない!!」と、一気に心を持っていかれてしまいました♪(笑)


しかも、彼らの曲を聴いてみると、これがまた気持ちいいくらいノリノリになれるんです!

一度聴いたらライブで一緒に踊りたくなる!魅惑的なサウンドがたまらない♪

バンド名と見た目のギャップに、早速驚かされてしまった4人組ロックバンド、「夜の本気ダンス」


彼らが生み出す楽曲は、ふと時代をタイムスリップしたかのような感覚になれますよ。


そのサイケデリックかつオルタナティヴなサウンドは、曲を知らなくても腰を回して踊りたくなるような、とにかくセクシーで魅惑的なんです♪

米田貴紀 ギターボーカル
西田一紀 ギター (ex DAISY LOO)
マイケル ベース
鈴鹿秋斗 ドラムス MCモンスター

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E6%9C%AC%E6%B0%97%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9

聴いたら即リピートしたくなる!「WHERE?」の歌詞&コードもチェックしよう!

まずは、こちらのMVをぜひ観ていただきたいのですが、とにかく中毒性のあるサウンド即リピートしたくなることでしょう!


米田貴紀の長い足&その足裁きにも目が奪われてしまうものの、「確かに本気で踊れる曲を作ってるのね!」と、納得出来る楽曲に仕上がっています♪

米田貴紀が作る歌詞の世界から、既にダンスは始まっている!!

ハイテンションなYOUとわなわな
なんてそばから絡まるよ
愛でスコープ気移り次第 悪魔の10代手は出さぬよう
ハッとしちゃって身をよがるくらいフッとなるくらい軽々
君のファンデーションが頬に付くくらい燃え上がってみたいなんて思うよ AH?

出典: WHERE?/作詞:米田貴紀 作曲:夜の本気ダンス

MVを観てから改めて歌詞をチェックしてみると、もう曲がなくても身体が揺れる感覚になってしまいませんか?


動き出したくなる「わなわな」から始まり、「ハッ」・「フッ」・「AH?」といった合間に入るフレーズに、自然ともう身体が引っ張られていって…


いやー、さすがですね!


ダンスの経験すら大してないのに、「自分がこんなにも踊れる身体だったとは!?」と、おかげで新たな発見も出来ました(笑)


また、「ハイテンション」・「ファンデーション」のように、言葉で大いに遊んでいるようにも感じられるでしょう。


そのため、楽曲作りすら楽しんで出来ているんだろうなと、歌詞を見ている時点からでも、自然とワクワクしてきます。

どうかしちゃってますのほうが偉大だって揺るがないあのガールも
ストーリー全然進まなけりゃ不安で不安で不安でしょうがない
あんたどっちですか?Bですか?それが恋ですか?ってAですか?
迷っちゃうくらい恋のせいにしたい
だって分からない心はYes I do!

出典: WHERE?/作詞:米田貴紀 作曲:夜の本気ダンス

さてさて、続きの歌詞も見ていくと、音にハマって重なっていく「不安で不安で不安で」が、これまた気持ちいいんですよね!


曲の勢いとともに煽られてから、さらに迫ってくる感じも最高です♪


この感覚は、夜の本気ダンスの作り出す、独創的な歌詞とサウンドがあってこその気持ちよさであることは間違いないでしょう。


特に歌詞の意味を深堀しなくても、自動的にその世界へと潜り込めているような、浮遊感も得られる不思議な魅力があるため、曲を聴いたらそのまま虜になってしまうのも納得です。

気付いた時にはもう「Where~」を待ち望んでしまっている!?

Where is 問われるアンサー
Where is 問われるアンサー
Where is 問われるアンサー
Where Where

出典: WHERE?/作詞:米田貴紀 作曲:夜の本気ダンス

この曲では、上の歌詞(サビ)が4回繰り返されていきます。


そのため、曲を聴いた後も、しつこいくらいに頭から「Where~」が離れなくなっていることでしょう。


しかし、最後まで曲を聴いたあなたならきっと理解できるかと思いますが…


どうです?


2回目以降あたりから、正直「Where~」が待ち遠しくなっていませんでしたか?


大丈夫ですよ!


それくらい中毒性の高い曲なんですから、気にせずその調子で「Where~」をどんどん受け入れていってくださいね♪

さあ!「WHERE?」で君もギターをかき鳴らしてみないか??

この曲は、一度聴いただけでも十分ワクワクするサウンドだと理解できるでしょう。


それに、ギター初心者だからといって、細かいミスなんか気にせずに、「ガンガン自分の思ったようにギターをかき鳴らしてみようぜ!」って…誘われてるようにも感じませんか?


友人から「いい曲に挑戦してるねえ♪」なんて言われるくらいに、堂々とギターを弾きながら踊り狂ってみたらいいじゃない!


ギターコード譜紹介サイトの「U-フレット」なら、楽譜をクリックするだけで、自動で画面をスクロールしてくれますよ。


ギター&踊る準備ができたなら、早速「WHERE?」に挑戦だっ!!

「WHERE?」の収録されているアルバムとは?

夜の本気ダンスの印象を、強烈に与えてくれる楽曲、「WHERE?」。


てっきりシングル曲なのかと思っていたら、さっぱり見つからなくてびっくりした方もいるのではないでしょうか。


そうなんです、実はアルバムに収録されている曲なんです!


なので、この機会にぜひ夜の本気ダンスのほかの楽曲も、アルバムからチェックしてみてくださいね♪

「WHERE?」はアルバム「DANCE TIME」に収録されている!!

「WHERE?」は、夜の本気ダンスの1stアルバム「DANCE TIME」の1曲目に収録されています。


全10曲が収録されているこのアルバムも、私たちの期待を裏切らないほどに踊れる曲ばかりで、夜の本気ダンスにとことん夢中にさせられてしまうでしょう!

1、WHERE?
2、You gotta move
3、fuckin' so tired
4、Only Nineteen
5、Gavlillo
6、Circle Circle Circle
7、Japanese Style
8、Stand by you
9、Bob Dance Bob
10、Only Seventeen

出典: DANCE TIME/夜の本気ダンス

ライブの盛り上がり具合からも目が離せない!!

こちらは、アルバムの3曲目に収録されている「fuckin' so tired」です。


曲も当然最高ですが、米田貴紀が敬語で確認していく独特な煽り方もたまらないですよね!


コールアンドレスポンスも、夜の本気ダンスらしい、オシャレでカッコいい感じが、よりライブに参戦したいと思わせてくれるでしょう♪

まとめ

ここまで、夜の本気ダンスの「WHERE?」の歌詞&コードとともに、収録アルバムについても徹底的に解説してきましたが…まだまだ踊り足りないですか?


きっと、このページのラストでもある「まとめ」まで読んでいただいたということは、まだまだ踊り足りていないのでしょう!


大丈夫!その気持ちは分かります!


あなたも私と同様に、色々なバンドを渡り歩きながらも、このサウンドを待っていたのですから。


(笑)


最後までしつこくてすみません。


まぁ、まずは「WHERE?」の収録されているアルバム「DANCE TIME」をチェックしてみてください♪


もう虜になっていることは間違いないので、ぜひそこからどんどん踊り狂っていきましょう!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽に限らず、その時自分が「キュン!」と感じたものにのめり込んでいく、本能型ライターのおからです。

最近はイケメンに飢えてるので、イケメンに癒されたい願望が強く、イケメン+メンテナンスで「イケメンテナンス」(行け!メンテナンス)を実行しようと、近所のイケメン歯科に予約しようか悩み中…
虫歯あるから早く行け!と誰か背中を強く押してやってください(涙)

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索