GReeeeN「始まりの唄」

2016年発売のシングル

始まりの唄(通常盤)

「始まりの唄」は、2016年3月にリリースされたGReeeeNの27枚目のシングルです。

エイブルの2016年春のCMソングとなったこの曲は、慣れ親しんだ場所との別れを「新たな旅の始まり」と表現して歌い上げています。

旅立ちの季節である春にリリースされたこの旅立ちの曲は、ある実際の物語を描いたMVで話題になりました。

収録アルバム「縁」

縁(通常盤)

「始まりの唄」が収録されたアルバム「縁」は、GReeeeNの7枚目のオリジナルアルバムです。

そのタイトルには、GReeeeNが歌い続けてきた様々な「縁」、音楽活動を通して得たたくさんの「縁」の意味が込められています。

初回限定盤にはGReeeeN初となる各メンバーのソロ曲や、6曲のMVが収録されたDVDが特典として付きました。

「始まりの唄」の感動的なMVも、完全版がDVDに収録されています。

話題になった感動のMVとエピソードを紹介

「始まりの唄」のMVとして映し出されるのは、2016年3月に閉校となった、福島県東白川郡矢祭町の関岡小学校の記録です。

MVでは、関岡小学校の最後の数十日が、一切の脚色を加えないリアルな物語として描かれました。

GReeeeNが結成された地であり、リーダーのHIDEが歯科医師として東日本大震災の犠牲者の検死にも携わり、メンバー自身も被災するなど、深く関わり続けてきた福島県。

その中にある小さな小学校が閉校を迎えるにあたって、とある縁から子どもたちや先生たちの風景がMVとして記録されることになりました。

そこには、明るくまっすぐに笑いながら毎日を過ごす子どもたちや、彼らを優しく見守る先生たちの飾らない姿が映し出されています。

慣れ親しんだ母校に別れを告げて旅立っていく彼らの姿は、新しい日々の始まりを歌う曲と相まって感動を誘います。

歌詞のメッセージを読み解く

旅立ちの日を描く歌い出し

瞳 閉じれば まぶたに広がる
今日まで過ごした これまでの物語
見慣れた顔と 聞き慣れた声を
カバンに詰め込み 歩き始めた

出典: https://twitter.com/GReeeeN_part/status/894068255777619968

歌詞は、旅立ちの日にこれまでのことを思い出す様子から始まります。

今いる場所を去る準備としてカバンに詰めていく荷物。それらと一緒に、共に過ごした人々との記憶も大切な「思い出」として持っていくのでしょう。

窓に流れる遠ざかる僕の街
未来(イキサキ)はただ前だけ 行こう

出典: https://twitter.com/IloveswimYuka/status/715499384222265350

離れていく懐かしい場所を眺める姿には、さびしさと共に、「前を向いていこう」という強い気持ちも表れています。

新しい物語の始まり

今日から始まる物語
どんな話も 描くのは夢(ココ)次第
さあ行こう 何処までも
そう決めたこと 忘れないように
『拝啓 昨日までの自分へ』
僕は君の途中

出典: https://twitter.com/g_kasibot1105/status/841926783880593408

楽しかったそれまでの時間との別れは、新しい日々との出会いでもあります。

長く過ごした場所からの旅立ちは、終わりではなく自分の新しい物語の始まりです。そしてこれからの物語は、自分自身で新たに描いていくまっさらなものです。

どんな物語を作っていくかは、自分のかかえる夢次第でしょう。

「拝啓 昨日までの自分へ」という言葉には、それまでの自分をふり返りながら今の自分を見つめる曲の主人公の姿が表れています。