平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2017年05月23日更新

TЯicKY全国ツアー『あなたがトならわたしはリ』ファイナル@渋谷WWW

2016年から2017年にかけて行われたTЯicKYの全国ワンマンツアー、『あなたがトならわたしはリ』。 そのファイナル公演となる渋谷WWWでのライブをレポート。

2017.2.27の熱い夜

2016年から2017年。
ツアー、リリース、イベント等かつてない程精力的に活動しているTЯicKY。
その軸となる自身初の6ヶ月連続ワンマン全国ツアー、『あなたがならわたしはリ~6都市ドサ回り~』。
ツアーファイナルが行われたのは東京・渋谷WWW。
キャリア2度目となるこの会場でのワンマンで行われたのは、ソロ&バンドによるライブ
そしてそれを彩る様々な演出。
TЯicKYの熱い想いを乗せたステージがそこにあった。

2度目のWWWでTЯicKYが躍動!

定刻を5分程過ぎた頃、お馴染みのSEが会場に鳴り響く。
間髪入れず始まったのは、「わがまま姫を迎えに行こう」。
意外な選曲からのスタートだが、観客もお馴染みのフリでしっかりと対応する好スタート。
すかさずEDM全開の「あいどるかつどう」をお見舞い、キラキラした楽曲に合わせて照明も切り替わり、視覚聴覚両方からオーディエンスを刺激。
そしてポンポンを使ったコナミコマンドより難しい上下運動「目指せ!二次元」で、会場は一気に盛り上がる。この曲の持つ瞬発的な爆発力は恐ろしい。

2012年のライブより『目指せ!二次元』

簡単なMCを挟んで、「ぶっとびメタルLOVE」「パセリの主張」「いつも笑顔で~アイドルの心得~」。
無差別ジャンルの曲達がバランス良く飛び出す。TЯicKYの幅広い音楽性を楽しめるのがワンマンの醍醐味のひとつ。
カオスな曲順が続くかと思えば、続くブロックではメロディアスな「無表情ちゃんに恋をした」「HYPER LOVE」「あたしmind」という人気曲3連発で更に会場を沸かせる。
「HYPER LOVE」では初の試みとして冒頭にショートドラマが上映されるという演出。

続いてのブロックは「お願い恋して白魔術」からスタート。
当日入場者に配布された新録バージョンを披露。
ノビタ(ex.22世紀ピコピコ音楽図鑑ハイパーポケット)氏による新アレンジが、キラキラしたライブに映える。
そのまま対となるハードな楽曲「恋する黒魔術」(w/MV)になだれ込み、続けざまに全身運動(ヲタ芸)の「ストレス爆弾」を投下。
全力で暴れたオーディエンスを残し、一旦TЯicKYは袖へ消えた。

2012年のライブより『ストレス爆弾』

TЯicKYバンド登場!

照明が変わり、今回のTЯicKYバンドメンバーによる寸劇が行われる。
練られた構成&爆笑必至の展開。
紆余曲折を経てTЯicKYバンドの新ボーカルになった(?)、あっつtheデストロイ(Jin-Machine)のシャウト&デスボイスによる「シャンプー☆プロカリテ」も披露。
そして、その曲を(台本通り)途中で止めただけなのに、観客全体から大顰蹙を買う主役TЯicKY。
自身の誕生日を祝ってもらうべく、浮かれた衣装や小道具などで見る者の神経を逆撫でした罰である。

Guitar:デスエリンギことDIE吉(ex.ムシケラトプス)

Guitar:あっつtheデストロイ(Jin-Machine)

TЯicKYバンドは、手始めに「焼身 I LOVE YOU」と「貴族の鳥」で攻撃開始。
出だしから息の合ったアンサンブルで叩きつけるこの曲たち、TЯicKYバンドと同期との相性も抜群で、音の洪水が心地いい。

お次は、共に2016年発表シングル(夏盤・冬盤)のカップリングに収録された「オタサーの姫」「リプ、送らなきゃ良かった」をバンドで初披露。
前者は映像を駆使、後者はバンドメンバーとの掛け合いやフリで会場は更に盛り上がりをみせる。

Bass:裏(ex.遺伝子組換こども会)

Drums:S@TT-ON(D@NCE T3CH MANIA)

MCで呼び込まれたノビタ(ex.22世紀ピコピコ音楽図鑑ハイパーポケット)氏が合流すると、過去に共演した際にカバーし合った2曲を、今回はデュエットという形で披露。
ヘヴィとキャッチーの共存が絶妙な「はじめてのメタル」、そこから「シャンプー☆プロカリテ」に突入。
バンド形態の同曲は、終盤の煽りが凄まじい。
90年代から続くV系の伝統芸のような延々と続く煽り。
ステージ上・オーディエンス共に「この楽しい時間、まだまだ終わりたくない」と思いながら暴れる暴れる。

Guest Vocal:ノビタ(ex.22世紀ピコピコ音楽図鑑ハイパーポケット)

ラストはメロディアスな「負け戦エアーラブ」。
バンドで演奏するとまるでメジャーバンドのシングル曲のような雰囲気で、メジャー感が更に強くなるこの曲。
締めに相応しい空気感をまとった曲。
汗と笑顔、そしてこの曲が持つ少しの切なさの余韻を残して本編は終了した。

笑顔のアンコール、そして

無人のステージ。
そこへ幾つかの告知映像が流れ、本編で疲れたオーディエンスを喜ばせる(※告知詳細は記事の最後にまとめて記載)。
皆のテンションが高まったそこへ再びソロで登場のTЯicKY。
高まった空気を上乗せする「ミラクル・ラブ!」、
そして昨年リリースのシングル「来年こそはのクリスマス」が披露された。

幸せな笑顔で溢れる会場、そしてステージ。

そしてMCが始まる。

『来年こそはのクリスマス』MV

ファンや関係者への感謝、この会場でのライブの大切さ、今日のライブで挑戦した事等を笑顔で語るTЯicKY。
ひとしきり話し、少しの沈黙。

言葉に詰まりながら、笑顔を歪めながらゆっくりと話し始める。

あいどる活動の中で壁にぶつかった事。
先を見失いそうになった事、限界を疑った事。

ただでさえ継続が難しい世界で、ソロという良くも悪くも孤独な環境で走り続ける彼には、彼にしかわからない苦悩も沢山あるのだろう。
しかし彼は前を向いて、「だけど、その都度ファンの皆に支えられて、周りの人に助けられて乗り越えてきた」と言った。
それは少なからず苦悩を乗り越えた表情でもあったし、ある種の決意表明のようにも聞こえた。

そんな彼の、ファンの応援と並ぶくらい心の支えとなってきたであろうバンドメンバーが呼び込まれ、本日のオーラスとなるバンドバージョンの「とびきりコンプレックス」が演奏された。
銀テープの特効が舞い散るステージ、涙の中で全力で歌うTЯicKYを見ながら、この曲にはTЯicKYとファン・メンバー・関係者を繋ぐ力があると、私はボンヤリ考えていた。

『とびきりコンプレックス』MV

次なる展開は!?

終演後楽屋にお邪魔すると、楽屋は関係者と誕生日プレゼントでごった返していた。
皆に笑顔で丁寧に対応する忙しそうなTЯicKYを少しの時間だけとっ捕まえて、新曲について質問してみた。
「前作(来年こそはのクリスマス)が良い曲過ぎたので、今回は騒げるおフザケ曲っぽい感じ」との事。
いや、それさっきMCで聞いたし。
何か新情報がないかと食い下がってみると、今度は「今までにない感じ」という1mmもヒントにならない返答をされた。ちょうど1年前、サマースライダーの時にも同じ返答をされた。
でも毎回良い意味で期待を裏切りながら素敵な曲を発表してくれるTЯicKYの事ですから、皆様次回も期待大で。

★次回は5月、ニューシングルのインタビューを掲載予定です。
全曲かなり素晴らしい仕上がりとなっておりますので、ご期待下さい★

セットリスト

ソロ
SE~新開地から
01. わがまま姫を迎えに行こう
02. あいどるかつどう
03. 目指せ!二次元
04. ぶっとびメタルLOVE
05. パセリの主張
06. いつも笑顔で~アイドルの心得~
07. 無表情ちゃんに恋をした
08. HYPER LOVE
09. あたしmind
10. お願い恋して白魔術(2017新録版)
11. 恋する黒魔術
12. ストレス爆弾

寸劇~神楽坂探偵事務所・さよならトリッキー~

バンド
13. 焼身 I LOVE YOU
14. 貴族の鳥
15. オタサーの姫
16. リプ、送らなきゃ良かった
17. はじめてのメタル
18. シャンプー☆プロカリテ
19. 負け戦エアーラブ

ENCORE
ソロ
01. ミラクル・ラブ!
02. 来年こそはのクリスマス

バンド
03. とびきりコンプレックス

ニューシングル情報

TЯicKY ニューシングル
2017年6月28日 全国発売決定

自身初の2タイプ同時発売

『バナナの皮を捨てるな』(POKR-0003~0004)

Type-A収録曲
01. バナナの皮を捨てるな
02. 恋愛定義・「仮契約」-2017-
03. 来年こそはのクリスマス(radio edit-A)

Type-B収録曲
01. バナナの皮を捨てるな
02. 沈没寸前-2017-
03. 来年こそはのクリスマス(radio edit-B)

All Arranged by マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(Jin-Machine)

ライブ情報

umbrella春生誕祭
『アマヤドリ~無濾過~』
2017/04/27(木)
【会場】渋谷REX

BadeggBox presents
『BATTLE FEVER TOUR 2017』
2017/04/29(土)
【会場】名古屋Jammin'

BadeggBox presents
『BATTLE FEVER TOUR 2017』
2017/04/30(日)
【会場】大阪Varon

ART POP ENTERTAINMENT presents
magical G.W tour-2017-
『 Let's Go!Go! G.W 』
2017/05/05(金・祝)
【会場】福岡DRUM SON

ART POP ENTERTAINMENT presents
magical G.W tour-2017-
『 Let's Go!Go! G.W 』
2017/05/06(土)
【会場】広島SECOND CRUTCH

ART POP ENTERTAINMENT presents
magical G.W tour-2017-
『 Let's Go!Go! G.W 』
2017/05/07(土)
【会場】大阪2nd LINE

AURA of HORROR Presents
『AURA of HORROR first episode』
2017/05/21(日)
【会場】高田馬場club PHASE

音影 Presents
『宴之陣2017 小日向奏亮祭』
2017/05/22(月)
【会場】恵比寿club aim

DTM presents
『TOKYO MAD FLOOR vol.4 -DJ lounge- 』
2017/06/30(金)
【会場】渋谷star lounge

TЯicKYレコ発主催
2017/07/08(土)
【会場】初台DOORS

BadeggBox Presents
『BEGINNING BURNING SUMMER TOUR 2017』
2017/07/15(土)
【会場】心斎橋PARADIGM

BadeggBox Presents
『BEGINNING BURNING SUMMER TOUR 2017』
2017/07/16(日)
【会場】名古屋HOLIDAY NEXT

ART POP ENTERTAINMENT presents
『CRUSH OF MODE−HYPER HOT SUMMER’17−DX』
2017/07/29(土)
【会場】TSUTAYA O-EAST

ART POP ENTERTAINMENT presents
『CRUSH OF MODE−HYPER HOT SUMMER’17−DX』
2017/08/26(土)
【会場】心斎橋BIGCAT


TЯicKY
『あなたがトならわたしはリ』
感謝祭 無料ワンマン
2017/6/9(金)
【会場】渋谷354club

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

新感覚!ヴィジュアル系とファンを繋ぐ応援アプリの公式アカウントとなります。(アプリリリースは9月予定)
こちらではヴィジュアル系シーンだけをピックアップしてコラムを作成する専用アカウントです。
今までなかったバンギャルによるバンギャルのためのヴィジュアル系情報を主にお届けしていこうと思います!
ライブ情報からメンバーの魅力、曲の歌詞、グッズなどV系に特化して幅広く網羅していきます!
その他お問い合わせがある方は下記までご連絡ください
info@visunite.com

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索