【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年04月02日更新

BUMP OF CHICKENが紅白歌合戦に初出場!一方ファンの心境は複雑な模様

NHKの念願が叶い、BUMP OF CHICKENが初出場!!昔から地上波テレビ出演を控えていた彼らがついにお大舞台の紅白に出場が決まった!これに伴いファンは複雑な心境を抱いているみたいである。紅白出場を素直に嬉しく思う人もいれば、逆もしかりという声も。

第66回NHK『紅白歌合戦2015』

もう早いもので2015年も刻々と終わりのカウントダウンが始まっていますね。


さて、年末といえばやはり『紅白歌合戦』が外せません!



今年の紅白歌合戦はいろいろ驚きが多い面々が揃っていると話題を呼んでいますね。

紅白歌合戦の司会

総合司会を務めるのは黒柳徹子さんと、NHKの有働由美子アナウンサーです。


紅組は、女優の綾瀬はるかさんが2年ぶり2度目の司会に決定しました。



白組はV6の井ノ原快彦さんに決定しました。

今年の紅白歌合戦初出場者

数多くの名だたるアーティストの中から今年は10組のアーティストが初出場します。


紅組は大原櫻子Superfly乃木坂46、μ’s(ミューズ)、レベッカ、白組はゲスの極み乙女。BUMP OF CHICKEN星野源山内惠介三山ひろしの計10組です。

ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」が第66回NHK紅白歌合戦に初出場!?!?

これは大ニュースではありませんか!?


ファン歴が長い人であればあるほど衝撃、そして嬉しさ複雑な心境になるのも無理はありませんね。

テレビに姿を現さないことでも有名

カリスマ的な支持を集めるロックバンドBUMP OF CHICKEN」は、メジャーデビュー以来地上波での出演は控えており、そのパフォーマンスをテレビで観ることはほとんどありませんでしたね。


というのも、もともと「ブラウン管の前で評価されたくない」といったポリシーから、地上波テレビ番組にはほとんど出演してこなかったバンドなのです。

急に方針を方向転換したBUMP OF CHIKEN

実は、2015年7月にはテレビ朝日「ミュージックステーション」の3時間スペシャルに登場していて、


11月にはTBS「王様のブランチ」ではロケ&トークも披露するなど、以前では考えられないことでファンも動揺したのではないでしょうか???


それをきっかけに少しづつ露出が増えたことで、うわさにとどまっていた「紅白出場」がついに実現することとなったようですね。

BUMP OF CHIKENのファンの心境はいかに,,,

複雑な心境

やはり、前述したようにファンの心境は複雑なようです。


もちろん多くの人に知ってもらえる機会ではあると思いますが、まだ理解に苦しむ人もいるのでしょう。


しかし、これだけの多くの人に影響を与えていることも事実。やはりBUMP OF CHIKENは偉大なバンドですね。



紅白歌合戦出場をきっかけに今後のバンド活動にも注目したいところですね。



活動の大きな分岐点になるのは間違いなさそうです。

『紅白』初出場前にNHK音楽番組初出演

紅白歌合戦に出場するまえに、12月5日(23:40~24:09)に放送される同局の音楽番組『SONGS』に初出演することが27日、明らかになりましたね。


これで、地上波の音楽番組に出演するのは2度目で、NHKの音楽番組は初出演となります。



番組では、
「天体観測」(2001年)、映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌「花の名」(2007年)、「ray」(2014年)など、ヒット曲4曲を披露。特に「天体観測」「花の名」は、テレビ初披露となりこれはファンにとっても必見の内容なのではないでしょうか???



さらにバンドのライブ定番曲であり、メンバーが、ずっと大切にしてきた1曲もテレビ初披露されます。


また、20年を振り返るメンバー・インタビューも放送される予定で、ファンが見ない理由が見当たりませんね。


ライブではなく地上波でこの名曲が聴けるのはあと何回でしょうか。

BUMP OF CHICKEN『天体観測』

BUMP OF CHICKEN「ray」

BUMP OF CHIKENの今後に期待

紅白歌合戦の初出場を皮切りに今後の活動の方針が気になりますが、時代の変化を前向きにとらえ、柔軟な活動にシフトしていくのではないでしょうか?


なんにせよこれからも精力的な活動には期待できそうですね!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

otokake総合プロデューサー兼編集長です!

音(oto)を通じて充実した新しいエンターテインメント体験の架け橋(kake)を創造します!

oto kakeを通じてたくさんの方が、楽しめる新しい形のメディアにします。



人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索