いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月22日更新

iphoneやスマホで歌ってみたをする方法を徹底解説

歌ってみた動画を作ってみたい!でもパソコンを持っていない、持っているけどiphoneだけで録音から投稿までできてしまえたら楽なのになあ…と思っている人は多いのではないでしょうか? そんなあなたに、パソコンなしでもできる【歌ってみたをiPhoneで気軽に始める方法】をご紹介します!

歌ってみたってどうやって作っているの?

カラオケで歌ったものを録音して投稿している人もいますが、有名な歌い手さんみたいに、ボカロPが配布しているオケに自分の歌をあわせて歌ってみたを作りたい!という人も多いはず。


歌い手さんってどうやって歌ってみたを作っているんでしょうか?

パソコンを使ってオケと歌をあわせて作っている

色々な音楽投稿サイトから配布されているオケをダウンロードして自分の歌を録音したファイルと合わせて歌ってみたを作っています。


自分の歌とオケの音量を合わせたり歌にリバーブなどの空間系エフェクトを使用してオケと馴染むようにあわせていく「ミックス」という作業を行い、動画と合わせて1つの歌ってみた動画が完成します。

必要な機材がいっぱい…

この歌ってみたのつくりかたでは、パソコンはもちろん、オーディオインターフェースと呼ばれるパソコンと音声をやり取りするための機材、マイクやコードなど必要な機材がたくさんあります。


結構値段のはるものが多く、気軽に歌ってみたを始めるにはどうしてもハードルが高くなってしまいます。

パソコンを使わなくても歌ってみたを始める方法がある

気軽に歌ってみたを始めるならiPhoneを使ってみて!

気軽に歌ってみたを始めたい人は、iPhoneを使うのがおすすめです。


iPhoneのアプリには、歌ってみたを始めるのに最適なものがあります。


マイクやコードも必要なく、操作もパソコンを使って歌ってみたを作るよりも比較的簡単です。


必要なアプリGarageBandもだけですので、お財布に優しいですね。

iPhoneで歌ってみたをすると他の機材をそろえる手間が省ける

パソコンで歌ってみたをするのに必要な機材をそろえるにはどのくらいお金がかかるのでしょうか?


・パソコン:ノートでもデスクトップでもいいですがHDDが少なすぎるとDAWが落ちてしまうので50,000円程度。


・DAW:CubaseやSONARなどの作曲ソフトです。オーディオインターフェースに付属しているものやAudacityや有料DAWソフトのデモ版などで大丈夫ですので、無料で手に入ります。


・オーディオインターフェース:マイク接続に対応していてヘッドホン端子があるものなら大丈夫ですので、3,000円程であります。


・マイク:コンデンサマイクやダイナミックマイクなどいろいろありますが、最初は\1,000程度のもので大丈夫です。


・マイクスタンド:マイクを手で持つとどうしてもノイズが入ってしまうのでスタンドが必要です、1,500円程であります。


・マイクケーブル(シールド):マイクと別売りになっていることが多いです、1,000円~。


・ヘッドホン、もしくはイヤホン:密閉型のヘッドホン、もしくはカナル型のイヤホンがおすすめです、2,000円前後。


対してiPhoneで歌ってみたをするなら、


・GarageBand:600円(iPhone購入時にダウンロードしている人は購入の必要はありません。)


・ヘッドホンもしくはイヤホン:2,000円前後~。


たったこれだけで済んでしまうんです。

本格的に歌い手を始めてみたい人はこちら

iPhoneを使って歌ってみたを始めてみよう

まず必要なものをそろえよう

・iPhone(マイクの変わりです)


・ヘッドホンかイヤホン


・garageband(アプリ)


・歌いたい曲のカラオケ音源


・ニコニコ動画かピアプロのアカウント(カラオケ音源のダウンロードに必要です)


・SoundCloudのアカウント(ファイルの受け渡しに必要です)


準備ができたら早速レコーディングしてみましょう。

iPhoneでGarageBandをダウンロード

iPhone購入時にガラゲーバンドをダウンロードしている人はこの手順は必要ありませんが、ダウンロードがまだの人はダウンロードしましょう。

有料なのが注意点です。

動画配信サイトなどからカラオケ音源をダウンロード

ニコニコモンズやピアプロからカラオケ音源をダウンロードします。


ニコニコモンズはニコニコ動画のアカウントがなくてもダウンロードできる曲もありますが、なかにはアカウントが必要にな曲もありますし、歌ってみた動画をアップする時に必要になりますので、持っていない人はこの際作っておきましょう。

ピアプロはアカウントがないと曲がダウンロードができないので、ピアプロからダウンロードする場合はアカウントを作りましょう。

GarageBandでレコーディングの準備をする

【1.レコーディングするためのトラックを作る】


GarageBandを起動し、AudioRecorderをタップします。


ここで最初に作られるトラックは8小節しかないので、200小節ほどに増やします。


右上にある小さい+ボタンをタップし、自動ボタンをオフにしたあと200と入力します。


これをしておかないとカラオケ音源の後ろの部分が切れてしまうので忘れずに行ってください。


【2.カラオケ音源を読み込む】


次に、トラック画面の右上にある○ボタンをタップします。


すると、カラオケ音源が表示されますのでそれを長押しします。


【3.ボーカルトラックを作る】


トラック画面の左下にある大きい+ボタンをタップし、先ほどと同じようにAudioRecorderをタップしてトラックを作ります。


これで準備は完了です。


早速赤い○ボタンを押してレコーディングを始めたいところですが、注意点が二つあります。


1.メトロノームをオフにする


曲のテンポが分かっている場合はテンポを入力すればいいのですが、わからない場合やテンポが途中で変わる曲の場合はオフにしておきましょう。


2.録音するトラックを間違えないようにする


GarageBandを初めて使う人は、録音するトラックを間違えてしまう、というミスをやってしまいがちです。


選択されているトラックは白っぽくなりますので、ボーカル用トラックが選択されているかレコーディング前に確認しましょう。


間違えてカラオケ音源のトラックに録音してしまうと上書きしてしまいますので注意してください。

自分の歌をレコーディング

赤い○ボタンを押すとレコーディングを開始できます。


iPhoneを手に持った状態で録音するとノイズが入ってしまう可能性があるので、机などにおいて録音しましょう。

レコーディングした歌をファイルに書き出す

レコーディングが終わったらカラオケ音源のトラックを削除します。


削除できたら左上の▽ボタンをタップしてMySongをタップします。


録音したファイルを選び選択をタップ。


左上の□に↑がくっついたボタンをタップしてSoundCloudをタップします。


ファイルをアップロードするときのサイズは非圧縮を選択してください。


これで、ファイルの書き出しとファイルのアップロードの完了です。

MIX師にMIXを依頼しよう

MIXってなに?

MIXとは、簡単に言うと「曲を聴きやすいようにオケと歌を馴染ませる」作業です。


オケと歌のタイミングを合わせたり、歌のピッチ補正をしたり、エフェクターをかけたりする作業のほか、専門的な知識や技術が必要な作業をたくさん行わなければいけません。


素人にはとても難しく、初期投資もそこそこ必要です。


ですので、歌ってみた初心者の人はMIX師と呼ばれるMIXが上手な方たちにMIX作業を丸投げしてしまいましょう。


MIX師の見つけ方

動画投稿サイトの説明文のところに、MIX師:○○○などと書かれているのを見たことがありますか?


そこにMIX師さんのTwitterのアカウントなども書かれていることがあります。


その場合、Twitterで連絡を取るなどしてMIXを依頼する方法があります。


しかし、多くの曲のMIXを手掛けている人気のMIX師はMIX作業に料金が発生する場合があります。


ですので、Twitterでハッシュタグをつけて無料でMIXしてくれるMIX師を探したり、MIX師と歌い手の交流アカウントをフォローしたりすると見つけやすくなります。


ほかにも、掲示板などで募集するなどの方法もあります。


MIX師に音声ファイルを渡そう

SoundCloudにアップロードした自分の歌の再生画面を開き、Shareボタンをタップします。


Copyを選び、MIX師にファイルを渡します。


これで完了です。


歌ってみたのMIXを自分で勉強したい人はこちら

歌ってみた初心者必見!おさえておきたいポイント

密閉型ヘッドホンとカナル型イヤホンのすすめ

ここまで密閉型のヘッドホンやカナル型のイヤホンがおすすめだと紹介してきました。


iPhoneに付属しているイヤホンはカナル型ではありませんが、これで歌ってみたをできないかというと、できないこともありません。


しかし、クオリティに差ができてしまいます。


密閉型やカナル型は、音が外に漏れにくい構造になっています。


録音時にカラオケ音源を聴きながら歌っているので、音が漏れてしまうとノイズとして歌に混ざってしまいます。


ノイズがあるとMIXしにくくなりますし、クオリティも低く聞こえるので、密閉型ヘッドホンかカナル型イヤホンの使用をおすすめします。

歌ってみたにおすすめするイヤホンはこちら

iPhoneでの録音だとMIXを断られることも…

ここまでマイクを使わずに録音する方法を紹介してきましたが、マイクと比べるとどうしても音質が劣ります。


MIX作業もしにくくなるので、依頼しても断られる場合もあります。


そういったトラブルを避けるために、作業をしてもらう前にiPhoneで録音したファイルでもMIXしてもらえるかどうか確認しておきましょう。

これだけは知っておきたい歌ってみたのコツ

先ほど紹介したポイントをおさえておけば歌い手としてデビューできるクオリティの物が作れますが、もっと作り込みたい!こだわりたい!という人はこちらのコツもチェックしておきましょう。

マイクとオーディオインターフェースを使うのも◎

パソコンは使わずマイクとオーディオインターフェースを使い歌ってみたをする方法があります。

スマホ・iphoneに接続可能なおすすめのオーディオインターフェース

iXZ

このオーディオインターフェースはiPhoneやiPadと接続して使うためのものです。


パソコンでは使用できないので、将来的にパソコンではなくずっとiPhoneで歌ってみたを作ろうと考えている人におすすめです。

AudioBox iOne

こちらはパソコンにもiOSにも対応しています。


お値段はiXZよりも高いですが音質もいいです。

安くておすすめのマイク

CM5S ダイナミックマイク

コスパの良さで選ぶならダントツのマイク。


はじめは安いものでそろえておき、物足りなくなったらコンデンサーマイクを購入してもいいですね。

XM8500

多くの歌い手が使っているマイクです。


高音質で低価格という歌ってみた初心者にはうれしいマイクですね。

他にそろえておくといい機材を紹介!

・マイクスタンド


マイクを使うならマイクスタンドは必須です。


立って歌う用のものと机に置き座って歌う用のものがあるので、自分の用途に合ったものを選んでください。


・ポップガード(ウィンドスクリーン)


マイクにかぶせて使うものです。


ノイズをガードしてくれる優れものです。


マイクの種類によって形が違うので購入の際は注意してください。


まとめ

歌ってみたを始める方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。


少し難しいような部分もあるかもしれませんが、最終的に一番大事なのは歌ってみたをしたいという気持ちですので、根気よく楽しみながらチャレンジしていってください!

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

パン屋と申します。
ニコニコ動画などでパン屋の元息子という名前でひっそりと活動しています。
ピアノ歴14年、ドラム歴9年、その他フルートやトロンボーンなんかもやってました。
いつか作曲で生計を立てれたらなー、なんて思っている社畜です。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索