いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月12日更新

歌って踊れるアーティスト 三浦大知のおすすめ曲10選

三浦大知は9歳でキッズヴォーカルユニット“Folder”のメインヴォーカルとしてデビュー。その後、変声期による活動休止を経て、2005年にソロデビューを果たしました。卓越したダンステクニックと抜群の歌唱力センスを持つ彼は、和製マイケル・ジャクソンとも称され、歌って踊れる真のエンターテイナーとして注目を集めています。

三浦大知の原点

三浦大知は、あの、安室奈美恵を世に送り出した芸能養成スクール・沖縄アクターズスクール出身のシンガーです。


三浦大知のルーツは、マイケル・ジャクソン。


6歳の頃、ダンスを始めたことがきっかけで、マイケル・ジャクソンの曲を聞くようになり、両親にアルバム『HIStory』をプレゼントされたそうです。


それからどこに行くにも持ち歩いて聞き続け、CDが傷だらけになるほど聞きまくったのだとか。


歌唱力だけでなく、カリスマ性も持ち合わせ、ダンスを踊ればどんなダンスも独自のものに仕上げてしまうマイケル・ジャクソンを見て強く憧れた三浦大知は、「自分もこんな唯一無二な存在になりたい!」と思うようになったそうです。

三浦大知のオススメミュージックビデオをご紹介!

歌って踊れるアーティスト・三浦大知の魅力を味わうなら、ミュージックビデオのチェックは必須!


三浦大知は自身のミュージックビデオのダンスの振り付けも数多くこなしています。


ミュージックビデオを見ていると、彼ならではダンスの振りや特徴が分かって楽しめます。


また、歌詞にリンクした振り付けをよく取り入れているので、それを探したり、めまぐるしく変化する複雑なダンスのフォーメーションを眺めるのも面白いですよ。

とにかく踊って踊って踊りまくる!三浦大知のダンスを見たいならコレ!

Who's The Man

目の前にいる女の子に視線をロックオンしてダンスで口説く姿がスリリングでセクシーです。


しなやかでありながら溜めの効いた粘りのあるダンスは必見です。


三浦大知の即興ダンスではよく取り入れられる「ジャケット広げて見せ」ポーズも見れます。

Right Now

「Right Now」のダンスリハーサル風景を定点カメラで撮影したものです。


日米の世界的なダンサーに引けを取らない三浦大知の華麗なダンスが評判を呼び、動画ニュースにも取り上げられました。


三浦大知曰く「リハーサル動画は、衣装もセットもシンプルだからこそ、ダンスの面白さが際立つ」そうです。

GO FOR IT

曲の間中ずっと流れ続けるホーンのループが中毒になる、Funkyな1曲です。


複雑なビートに一つ一つの動きがピタッと重なるダンスは見事の一言。

(RE)PLAY

ブレイクダンスの世界大会のテーマソングになっているこの曲。


ロッキングやブレイキング、アニメーション、ヒップホップなど、色々なジャンルのダンサーが次々と踊りを繰り広げる、見所満載のミュージックビデオです。


全てのダンサーが勢揃いして、フリースタイルを各自で披露するラストのシーンは特にカッコいいので必見です。

Nao'ymtプロデュースの切なさだだ漏れR&Bで繊細なヴォーカルを堪能する

Your Love

KREVAをフューチャリング・アーティストに迎えた1曲。


冬に聞きたいしっとりと切ないミッドスロウです。


片想いの彼女に振り向いて欲しい一途な男心を歌っています。


この曲を一度聞けば、KREVAのラップパートの「バナナの皮で滑るからさ!ハハッ!」の部分が忘れられなくなるでしょう。


(どうしてバナナの皮で滑るからと言うのかは、ミュージックビデオを見て確認しましょう)


サビの部分の「How can I sleep without your love」のおやすみなさいポーズは見ていると真似したくなります。

Delete My Memories

恋人への愛情は残っているのに気持ちが冷めていくのを自分でも止められないもどかしさを歌っています。


哀愁を帯びた、疾走感のあるエレクトリカルなR&Bサウンドに合わせて踊っている4人のバックダンサーはなんと本人!


撮影が大変だったというのも頷けます。

Possibility

この曲では、BoAとデュエットしています。


二人の、息の合ったダンスにも注目して欲しいです。


この曲は、恋人と別れる瞬間の心情を歌ったものです。


壁を隔て、時には背を向けた相手に向かって訴えるような表情で踊る二人が切ないです。


決してもう交わる事のない二人の関係を表しているようで、胸が締めつけられるようです。

三浦大知の爽やかな笑顔でハッピーな気分に!

I Remember

このMVでは、リラックスした表情の三浦大知を見ることができます。


自分の部屋をイメージしたセットの中で軽やかに踊る三浦大知の楽しそうな表情をご覧ください。


このMVでは、将来を夢見ていた頃の「自分」と、今の「自分」が順に登場します。


映像と踊りで二つの「自分」のスイッチが切り替わるのですが、その手法がとても鮮やかで素敵なので、ぜひ注目してほしいです。

SING OUT LOUD

IT'S THE RIGHT TIME

爽やかさ100%のゴキゲンなダンスポップスです。


目の前を風がスーッと通り過ぎるようなサウンドが心地いいです。


原色の鮮やかさを強調したようなポップな映像と、涼しげな三浦大知の歌声がマッチした作品です。

じっくり聴かせるタイプのバラードで、繊細な三浦大知の歌声を堪能できます。


バラードなので、ダンスも控え目になっています。


三浦大知はこういった、柔らかく、甘く、優しい声も出すことができるので、バラードも秀逸なんです。


『knock knock knock』、『Stay with me』などのバラードもオススメです。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

好きなジャンルはR&B。洋楽、邦楽POPSもよく聞きます。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索