いいねして最新情報を受け取ろう!

2017年03月30日更新

クリープハイプの「寝癖」の不器用な恋愛を描いた歌詞の意味を紐解く

2014年2月。四人組ロックバンド、クリープハイプが、本意ではないベストアルバムを巡って所属レコード会社ビクターと食い違いが起こり、生配信でユニバーサルシグマに移籍することを発表。この配信後、表舞台にはしばらく出てこず、楽曲制作に取り組んでいたクリープハイプ。この長い沈黙を破ったのが、「寝癖」という曲でした。

男女の30センチ未満の気持ちを描く歌詞

クリープハイプの曲には、生きるのが下手で、

不器用な男性と女性がたくさん登場します。

再出発となったこの曲で、待たせてしまった信じ続ける相手に対し、

どんな思いを伝えたかったのでしょう。


「寝癖」には、別れを決意した恋人同士の心情が描かれていて、

気持ちの距離と心の距離がうまく交わらない、

お互いに素直になりきれない関係性が、”髪”という表現を使って描かれています。

その歌詞の世界を独断と偏見で紐解いていきます!

1番の歌詞は女性目線、2番の歌詞は男性目線

君が嘘をつく次の日は決まって変な寝癖が

無造作なんて都合の良い言葉では誤魔化せない位凄いのが

あたしはいつでもそれに気付いてない振りをして

癖っ毛で情けない言う事聞かない自分の気持ちを誤魔化す

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-140514-019

これが、1番のAメロ部分です。


君=男性 あたし=女性


長年同棲をするカップルを想像させられます。

付き合いたての初々しさはそこにはなく、

この付き合いが一日でも長く続いて欲しいから、

嘘だと思っていても強がってしまう女性なのかもしれません。

気付いてない振りの君に気付いてない振りをして

素っ気ない態度で言ってしまいそうな本当の気持ちを誤魔化す

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

それに対し、2番のAメロはこうなります。


まだ別れたくない女性に対し、

男性側は強がってしまう女性への

気持ちが少し冷めているように感じます。

もうこれでやめようかな

もうこれで決めようかな

切ってもすぐに伸びてくるこの気持ちは

嫌になる位真っ直ぐで

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

1番のBメロです。


やめようかな/決めようかな

という歌詞が、女性と男性が逆になっています。


あたしほんと馬鹿だよなあ

こんな関係続けて行っていいのかなあ

と悩んで断ち切ろうとしても

気持ちはまっすぐ彼に伸びていく

一途な女性の気持ちが伺えます。

もうこれで決めようかな

もうこれでやめようかな

切ってもすぐに伸びてくるこの気持ちは

嫌になる位曲がってて

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

2番のBメロです。



好きという気持ちが少し見え隠れする彼女に対し、

嫌いという気持ちが少し見え隠れしているように

聞こえてきます。

君の髪が白くなってもそばにいたいと思ってるよ

あたし髪が白くなる位ずっとそばにいたいよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

1番のサビ部分です。


髪が白くなっても一緒にいたい。

おじいちゃんおばちゃんになってもそばにいたい。

彼と結婚したい気持ちが

溢れ出ています。

僕の髪が白くなればその気持ちも変わってるかな

君の髪が乾くまではここにいると思うよ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

2番のサビ部分です。


彼女がプロポーズして欲しいんじゃないかと

薄々気づき、妥協することも出来なくは

ないかもしれない。と、心揺さぶられている

気持ちはあるけど、やっぱりそれは

難しいなと離れることを決意したように

感じます。

最後まで本当の気持ちを伝えられない男性の心の声と誤魔化し合う想い

いつも同じシャンプーの匂い

いつも同じリンスの匂いで

ずっと一緒にいたいって思ってたよ

ドライヤーの音が消える


新しい君の髪型はもう全然似合ってなくて

こんな事になるんなら寝癖のままでよかった

君の髪が白くなってもそばにいたいと思ってるよ

あたし髪が白くなるまでずっとそばにいたいよ

ずっとここにいてね

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-140514-019

大サビ〜ラストのサビの部分です。


今まで抑えてきていた感情が爆発します。

あの頃のままなら一緒に居たかったけど

ある日を境に変わってしまった彼女に対して

なんで言ってくれなかったんだろう。

言ってくれて居たら今頃は一緒になっていたかも

しれないのに。という突如途切れた気持ちを

”ドライヤーの音”に重ねているように感じます。

曲がりくねった感謝の気持ち

本当はお互いに好き同士のハズなのに、

日々変わっていくことに納得できず

馴れ合い誤魔化し合う仲になってしまい

別々の道を歩み、再出発を選んだ二人の関係が

レコード会社の移籍と重なる部分があるように思います。


心待ちにしていたファンに対して、

「変わっていく事を許してね。変わっていくけど側にいてね。」

というメッセージが込められているようにも感じませんか?

MVは、何作もクリープハイプのMVを手がけている松居大悟監督によるドラマ仕立てになっています。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

音楽評論家気取りの音楽馬鹿です。
歌詞の世界を紐解いて綴っています。
相棒はマーティンのジュニア。
よろしくお願いします!

クリープハイプの世界観に少しでも歩み寄る事が出来たなら…。

Twitter→@YucoLiry310_98

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索