「日本と海外のバンドが競演する」ワールドヴィジュアルフェスティバル

ワールドヴィジュアルフェスティバルとは?

ワールドヴィジュアルフェスティバルを通して海外のヴィジュアル系バンドたちを日本のヴィジュアル系音楽シーンに参入させ、

「ワールドヴィジュアル」という名前を定着させることにより、ヴィジュアル系のさらなる可能性を見出し、シーン全体の発展を目指すイベントである。

10 月 18 日(日)、渋谷 SOUND MUSEUM VISION で国境を越えたヴィジュアル系イベント「ワールドヴィジュア ルフェスティバル」を開催が決定した! 海外からは、2組。 日本からは、5組のバンドが出演する。日本のヴィジュアル系から影響を受けた海外のバンドたちの演奏も期待!

SOUND MUSEUM VISIONの会場は満員となった

「ワールドヴィジュアル」というだけあり、全世界から多くの観客が押し寄せ会場は満席となった。

トップバッターは Scarlet Valse(from 東京)

記念すべきトップバッターを飾ったのは、東京のScarlet Valseだ。 トップということで、まだ温まっていない会場を攻撃的サウンドで盛り上げた。 VocalのKakeruの美しいヴォーカルラインと様式美サウンドがScarlet Valseの 世界観を作り上げていた。 You.テクニカルでメロディアスなフレーズも印象的。 曲数は少なめだが、2015.12.15 (Tue) 恵比寿club aimにて無料ワンマンLIVEが開催される。 4th Single「La neige」発売記念 & Jun Birthday という記念すべきイベントでもあるので是非こちらも参戦してほしい。

関連記事

公式もこちら!

Scarlet Valseが MV集「Scarlet Valse Music Video collection I」をリリースした!Starwave Recordsに所属してからの映像集で、今までリリースされた映像に加え「Dear」を収録している。レーベルオフィシャルYouTubeにはSPOTも公開になっている!

Scarlet Valse Official Mobile Site

Scarlet Valse MV集「Music Video collection I」 2015年9月25日〜10月25日ライブ会場&通販期間限定発売

DIE/MAY (from フィンランド&スウェーデン)

続いては、フィンランド&スウェーデンからDIE/MAYが登場。


北欧らしいシンセと

ギターサウンドがタイト&バスドラとベースの重低音がステージをさらに盛り上げる。


そしてVocalのSEIKEの圧倒的な声量を魅せつけるステージとなった。

Vocal SEIKEからのコメント



シャイだったけど今回のイベントのように前に出て演奏をできるようになったのが、進化です。

これをきっかけに日本のバンドや日本のみなさんと繋がれるのが嬉しい。

そしてこれからどんどん気に入ったバンドを支援してほしい。(以下コメント)

DIE/MAY - THE RETURN (OFFICIAL PV)

DIE/MAY Official YouTube Vo. SEIKE Gt.TSUOMASU Gt.RIOTCOLOR Contact us: diemayofficial@gmail.com

日本と海外の夢の共演フェス ワールドヴィジュアルフェスティバルライブレポートの画像