平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2017年10月11日更新

嵐のドームコンサートのセトリが知りたい!グッズはある?(ライブ写真あり)

ジャニーズ最多の会員数を誇る嵐さん。彼らのコンサートはプラチナチケット!今年も11月からのツアーを控え、ファンは大賑わいですが、そんなファンの方に「過去の好きなドームコンサート」を聞いてみました。ベスト3の発表です。セットリスト・グッズもご紹介します。皆さんの思い出とともに振り返っていただけると嬉しいです☆

嵐のコンサートはオリンピック周期程度に当たればよい方!

プラチナチケットの理由

のコンサートはプラチナチケットと呼ばれるくらい、ファンクラブに入会していても「毎年当選することは不可能」な実態です。


掲題の通り、オリンピックばりに4年に1度当選すればよい方なのかもしれません。


ジャニーズの中でも最大の会員数を誇るは、2017年度になり会員数が200万台を軽く突破。


芸能人のコネを駆使してもなかなかいけないのも現実としてあります。


ファンじゃないけど「ちょっと行ってみたい」などとファンの前で言おうものなら、完全にスルーされる・・・厳しい現実に向き合ってるのが嵐のファンなのです。


中でも昔ファンだったけども、応募して当選すれば高額でチケットが売れるという、悲しい事象を伴っているのも確か。そしてチケット屋さんなどもPCと会員NOを複数持ち、転売して定価以上の高額チケットとして売っているのも確か。


そんな中、2017年のチケットは、デジタル認証方式がやっと導入されます!


転売リスクが減る対処も取られる「嵐の5大ドーム最初のコンサート」としても注目をされています。


ぜひ本当の嵐ファンの手元に平等にチケットが届くことを祈るばかりです!

デジタル認証とは


  • 入金確認後当選会場の3週間前くらいにデジタルチケットQRコード準備の案内メールが配信されます。

  • デジタルチケット(QRコード)は当選会場の公演数日前に案内されます。

  • つまり、座席は公演当日入場の際に発券される座席券で初めて分かる仕組みです。(これにより、アリーナ席などのチケットが●十万円で取引されることがなくなりますね。

  • ハガキの方は入金確認のできた方に対して、QRコードを印字した当日引換券が送付されるようです。

  • 当日はデジタルチケットQRコードを掲示して入場します。(スマホ・タブレット端末が必要になります)

今年のツアー日程も決定

ツアー名は「untitled」。秋から始まるツアー名、ツアーアルバムの発売、新たにツアー上で組まれるユニットなどが発表され、嵐ファンの首がキリンばりになっている今日この頃!


ツアー日程も発表されました。


札幌ドーム


11月17日(金)18:00 11月18日(土)18:00 11月19日(日)16:00


東京ドーム①


12月1日(金)18:00 12月2日(土)18:00 12月3日(日)18:00


福岡ヤフオクドーム


12月8日(金)18:00 12月9日(土)18:00 12月10日(日)16:00


ナゴヤドーム


12月15日(金)18:00 12月16日(土)18:00 12月17日(日)16:00


東京ドーム②


12月24日(日)18:00 12月25日(月)18:00 12月26日(火)18:00


京セラドーム


1月12日(金)18:00 1月13日(土)18:00 1月14日(日)16:00

嵐のドームコンサートベスト3をアラシックに聞いてみました

ドームコンサートに限定し(つまり2007年以降ですね)嵐ファンに「好きなドームコンサートベスト3」を聞いてみました!


集計の結果!


まず第3位に輝いたのは・・・

3位 Japonism

2015年11月6日ナゴヤドームを皮切りに、約80万人を動員した嵐の5大ドームツアーです。


テーマは「原点回帰」


名前の通り「日本」「和」のテイストを意識しながら、彼らが所属するジャニーズ事務所の先輩たちから伝承する音楽性や踊り、パフォーマンスを見事に融合させた素敵なツアーでした。


舞台セットがとても美しく、衣装も「着物」を意識したものもありながら、現代の光の演出をきっちり入れての過去と今の融合に、目を見張るものがありました。


嵐独特の楽しさ・カッコよさ・挑戦を入れ込みながら「毎年、前年を超える演目」で、ファンの目を離させませんでした。

第2位は、Are You Happy?

嵐のコンサートでの決め台詞。「5万5千人を幸せにしてやるぜ~」を地で言ったコンサート。2016年11月から2017年1月まで開催された、嵐の直近のコンサートです。


動員数は85万人を超え、「嵐が思う今の嵐」をテーマに嵐ファンと嵐さん自身が幸せをコンセプトに向き合ったコンサートでした。


中でもメンバー1人1人が単独プロデュースした「渾身の曲」が組み込まれており、5人のカラーがおもちゃ箱のように繰り広げられる演目は、自然と皆が笑顔になる「まさにHAPPY」そのもの。


素敵な思い出となったファンも多いはず!

栄えある第1位は LOVE

2013年11月8日のナゴヤドームを皮切りに、2000年以降初の円形セットでの公演は最大6万人を収容!


嵐さんからの愛を受け止めたファンが多数の思い出のコンサートですね。


筆者も大阪で参加をしましたので、中身を振り返ってみたいと思います。

LOVE コンサート

セットリストを振り返ってみましょう


  • 1.愛を歌おう(OP)

  • 2.Breathless

  • 3.ワイルドアットハート

  • 4.Love Rainbow (挨拶)

  • 5.CONFUSION

  • 6.EndlessGame

  • 7.Intergalactic

  • 8.Step and Go

  • 9.EYES WITH DELGHT

  • 10.sugar and salt 櫻井翔さんソロ

  • 11.Hit the floor 大野智さんソロ

  • 12.サヨナラのあとで (映像)

  • 13.Rock Tonight

  • 14.20825日目の曲 二宮和也さんソロ

  • 15.One Love

  • 16.果てない空

  • 17.君のために僕がいる

  • 18.言葉よりも大切なこと

  • 19.エナジーソング (MC)

  • 20.Dance in the dark松本潤さんソロ

  • 21.モノクロ

  • 22.P・A・R・A・D・O・X

  • 23.Calling

  • 24.夜空への手紙 相葉雅紀さんソロ

  • 25.Tears

  • 26.Starlight kiss

  • 27.FUNKY

  • 28.迷宮ラブソング

  • 29.Love so seet

  • 30.愛を歌おう (アンコール)

  • 31.遠くまで

  • 32.サクラ咲け

  • 33.Happiness (Wアンコール)

  • 34.感謝カンゲキ雨嵐

  • 35.マイガール

宿題があったコンサートは初めてです!!

チケットの当落とともに、嵐からの宿題が出されました。


なんと、コンサートまでに1曲振付を覚えてきてくださいという内容でした。(曲はFUNKY)


ダンス経験のないファンは大焦り。ジャニーズネットに掲載された動画(お人形)と嵐さんの声での振付の指南動画を何度も何度も繰り返し覚えるファンたち。


しかもAブロックとBブロックの踊りが違う!(さらに責任を感じるファン!!)


当時 自分と同方向を向いた動画でないと分かりづらいからか、YouTubeに素人の方が動画を載せる・・なんていう現象もありました。


そして持参必須となるペンライト。コンサート当日、照らす色を間違えたら、コンサート総監督の松本さんに叱られるのでは・・と心配したファンもいらっしゃったでしょう!


ただ、信じることはただ一つ。あの空間で嵐とともに何かを成し遂げる時間があること。


それを夢見て、楽しみにしながら練習をした方も多かったですね。嵐の喜ぶ顔が見たい・・・そんな思いもありました。

グッズも可愛かった

LOVEのコンサートは、大人っぽい中に可愛い要素のグッズで、大好評でした。


ベロア調生地のポーチやボアつきのバッグなど、普段使い、かつ嵐ブランドが主張できるいい具合のもので、かばんリメイクなどに火が付いたのもこの頃ですね。


そして5大ドーム限定のリボンは、その地でしか買えないメンバーカラーの色嵐ファンはきちんと各ドームで売られる色を予測し、並んで買って、買えない遠隔地のお友達に郵送する仕組みまで構築しており、嵐ファン同士の協力体制は流石です!


もちろん、コンプリートするのも嵐ファンとしての「あるある」で、友達の輪の広さも必要なんですね。

コンサートの感想☆

大阪のツアーに参加した当時の感想をお伝えしたいと思います。


以下、櫻井さんの大阪でのあいさつを覚えている限りご紹介します。


>今回も冒頭勢い余って「愛し合おうぜ」なんて言ってしまいましたが、われわれからのLOVE届きましたか? 皆さんからもLOVEは届けられましたか? われわれにとってもコンサートの場が『いわばオアシス』のような場で。


人間なので、日々上手く行かない出来事や悔しいこともありますが、こういう場で、こういう方々が支えてくれてるんだなと思え、実感すると、またこれを糧にスタートが出来ます


皆さんにとっても、『この場所がオアシス』となりますように。


これから先も10年・・・20年・・・嵐でいさせてもらえるように、これからも僕らに愛を送り届けてください。 そうしたら、われわれからも愛を倍返しだ!」←(当時半沢直樹に嵐さんもはまってらっしゃいましたね)


 まさに嵐からファンへの愛とファンからの嵐への愛を相互交換するかのようなコンサートであるとともに、ソロ曲にも出てくる家族愛、ツアー曲にある壮大な人類愛、そして愛くるしい嵐・・・全てが詰まった素敵なコンサートでした。


ツアー曲では、大野さんが振付をした「サヨナラの後で」がとても印象的でした。


まるで絵画のような振り付け、水・花にも見える美しさを振りつけているとともに、天井から見てもきっと美しい立体的なフォーメーションは本当に感動しました。


大野さんの振り付けは、曲の雰囲気にピッタリはまり、出すぎず、かといって足らない部分なんて全くない、コンパクトでスマートな仕上げ方が秀逸ですよね。


そして、なんといってもFUNKYダンスは、2013年の秋に練習し、嵐と一緒に踊り歌い、会場との一体感とともに、あのコンサートの一部を自分が構成することができた満足感が、ステキな思い出として残りました。曲中にドーム内で行うウェーブは、ファン同士の息を合わせることも重要!周りを見渡しながら笑顔になるファン同士の交流にもなりました。


ダンスを踊るファンを見る嵐メンバーの目の優しさったら半端ではありません!ぜひDVDで確認いただきたいです!

ソロが充実

毎回ソロはとても好きなのですが、LOVEのソロはわれわれの日常にも置き換えることができて、印象に残っています。特筆したいのは相葉さんと二宮さんのソロです。


その前にお伝えしておきたいのが、会場が必ず固唾をのむほど静まり返る力を持つ、大野さんのソロ。このコンサートでも空中を歩く・飛ぶような足さばきの振り付け(大野さん自身によるもの)が素晴らしかったです。また、大スターとの恋をイメージさせる内容で、妄想に走ったファンも多数いらしたようです!


櫻井さんのソロも、ガーデンズを彷彿させる今までと違う雰囲気で、ラップのステキさに加え、ダンサーを率いる櫻井さんのカッコよさに酔いしれたファンも多かったです。


松本さんは、アメリカで習得したかのような「THEアメリカン」を見事に演目として打ち出してくれました。松本さんにしかできない色気とカッコよさ・派手さが素晴らしかったです。

相葉さんのソロは、歌詞と映像との光合成で、号泣しました。


ご両親が共働きだった相葉さんはおじいちゃん子。そのおじいさまが亡くなられた時の気持ちを描いた曲だったんですね。


映像上、亡くなる知らせを聞いて走る相葉さんが映りながら、生前おじいさまに教えられたこと、恥ずかしくて「ありがとう」なんて言えなかった後悔、そして教えられたとおりに生きていこうとする青年相葉さんの決意が歌詞から伝わり、そこからにじみ出る優しさが手に取るようにわかる曲でした。


相葉さんをよく知る阿部裕也さんに作詞をお願いしたこともよかったですね。


大阪では、この曲で涙する相葉さんを見ることができました。

共に過ごした あの日々が 不器用な あの優しさが
今日と 今日の この僕をつくっている
何万光年離れたって この声が聞こえるように
放つんだ もっと 光輝いてみせるよ
多くは語らない やわらかな
あの眼差(まなざ)し 忘れない

出典: http://www.kasi-time.com/item-69187.html

追われるように 過ぎていった
日々の中 見落としていた
いつでも すぐ 逢えるような気がしてた
照れくさくって言えなかった
抱きしめて叫びたかった
「たくさんの愛を、優しさを、ありがとう」

共に過ごした あの日々が 不器用な あの優しさが
掛け替えのない この瞬間をつくっている
何万光年離れたって 寂しくなんかないように
放つんだ ずっと 光輝き続けるから

微かに残った 最期の あの温もり 忘れない

出典: http://www.kasi-time.com/item-69187.html

二宮さんのソロはお母様へ送る愛の歌でした。


ソロ前に流れる映像が映画のようで、俳優二宮和也の表情の上手さが素敵でした。


お母様の誕生日、かかってきた電話では、(誕生日に)気づいていないふりをする顔、用意していた花束、結局お父様と仲睦まじくしていることがわかり、姿を見せずにお花だけ置いて帰る青年二宮和也


作詞作曲二宮さんご本人というところも、毎回彼の才能に唸らされます!

俺はさ、あなたの息子で。
あなたはそう俺の親であって。
たまたまかも知れないけど、
それだけは唯一の誇りで
恥ずかしいから言ってないけど。
そう思ってるよ…

最近白髪 目立つようになったから。
もういいんじゃない?

ずっと人の為に生きてきたんだからこれからは
やりたいように生きる…っても無理だな。
優し過ぎるから。

出典: http://www.kasi-time.com/item-69185.html

今後も上を上を目指す嵐メンバー

最近のコンサートまで知っておられる、嵐ファンに聞きドームコンサートのベスト3をご紹介しました。


この当時の嵐も言ってましたが、13年たったからこそできる「LOVE」の名のコンサートだったことを改めて実感しました。若すぎれば、家族の死や感謝などもまだできないでしょうし、単純にファンに愛を届けるだけに過ぎなかったと思います。


このLOVEの素晴らしいところは、年を重ねた嵐だからこそできる内容であったこと、またファンに対しての愛の1つとして「一緒にコンサートを作って思い出作りをしよう」という新たな愛の魅せかたがあり、ファンとしても心に残るものだったものではないでしょうか。


ファンの方も、ファンでない方もぜひ一度見ていただきたいコンサートです。

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

コピーライターたまごandライターたまご経験あります☆音楽大好き、ピアノは4歳から大学受験までの経験者です。 座右の銘は座布団一枚!楽しいことが好き!どうぞよろしくお願いいたします!

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索