【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年04月02日更新

TЯicKY 10周年記念ワンマン@高田馬場club PHASE  LIVEレポート

前回のインタビューに引き続き、10周年記念ワンマン『トリはまだ本気出してないだけ~追加公演/まさかの新衣装お披露目!~』に突撃しました!10周年の集大成ともいえる記念すべき一日。ワンマンだからこそ堪能出来るソロ、バンドバージョンと盛りだくさんのLIVEをレポート!

トリ様 10周年記念ただいま東名阪ワンマンツアー ファイナル

今年10月に初のフルアルバム「おひとりさま」をリリースしたTЯicKYが、12/13に高田馬場club PHASEにてワンマンライブを行った。


10年間使用した衣装を卒業し、新衣装お披露目と銘打ったワンマンライブの模様をレポートする。

トリ様、新衣装で登場!~LIVEソロ編~

前半戦!

TЯicKYのファン“ひよこ”Tシャツが目立つフロアにお馴染みのSEが鳴り響き、オープニングは新作アルバムから「あいどるかつどう」。

王子さながらの新衣装に沸く会場に、テンションの高いポップス「HYPER LOVE」「しあわせになりたい」を続けて披露。

音の洪水の中から突き抜けるボーカルに、オーディエンスもピッタリ揃った振りで答える。


 


お決まりの挨拶
「ちゃお!(´・ω・`)しゃきん(`・ω・´)ぶわ(´;ω;`)」の軽いMCから、シングル曲並みにキャッチーな「あたしmind」へ。観客はタオルを振って応戦。

続いてヘヴィーチューンでありながら歌詞がキャッチーで面白系な「もやし最高」。

もやしをバラ撒くTЯicKY。


 


そしてMCを挟んでメロン記念日の「This is 運命」カヴァー。

男性Voでもまるで違和感がないのは、トリ様(TЯicKYの愛称)が性別を超えたアイドルだからであろうか(注:個人の感想です)。

2013年発表のミニアルバム「マジで恋する黒魔術48」の
リードトラック「恋する黒魔術」では、客席に降り立ったTЯicKYを囲んでドゲバンの


再度MCの後、前半戦ラスト3曲は人気曲3連発。

新作のリードトラック「ぶっとびメタルLOVE」(12/8よりDAMにてカラオケ配信中!)ではヘドバン&ジャンプ、
アイドルソング「目指せ!二次元」ではピッタリ揃った振り、
前半戦最後の「ストレス爆弾」ではヲタ芸、客席はここまでで最大のアクション。
ほぼ運動です。

TяicKYの楽曲は幅広い層に刺さり、皆が楽しめる空間を演出している。

『ストレス爆弾』

爆笑からの熱狂!~LIVEバンド編~

後半戦!

短いインターバルを経てここからは豪華布陣によるバンド形態のライブ

その前にメンバーによる当て振り寸劇で会場は大爆笑!

サンタの格好で全メンバーに弄られるTЯicKY、愛されキャラ全開です。

しかしいざライブが始まると寸劇の和やかな空気が一変、ゴリゴリのサウンドで会場はヒートアップ。

バンドメンバー

Vo.TЯicKY

Gt.デスエリンギことDIE吉(ムシケラトプス)

Gt.Lida(Dacco,Psycho le Cemu,NINJAMAN JAPAN)

Ba.裏(ex.遺伝子組換こども会)

S@TT-ON(from @works project,D@NCE T3CH MANIA)

「貴族の鳥」「負け戦エアーラブ」、そしてシングル発売された「焼身 I LOVE YOU」と、お馴染みの人気曲をこれでもかと叩きつける。オーディエンスは拳とジャンプで跳ねる。


SHAZNAのカヴァーを挟み、新アルバムのボーナストラック収録のスラッシュナンバー「火の車」。

客席全体が圧巻の拳&折りたたみ。凄まじい光景。


そして代表曲「シャンプー☆プロカリテ」。曲終盤の煽り連発で最高潮に達した会場に、本編最後の曲「愛をつかまえて~GET MY LOVE!~」が贈られる。

ベタなくらいポップでキャッチーなこの曲も、最後はTЯicKYとオーディエンスで激しいヘドバン“頭の体操”で締め。

熱気を残したままここで本編が終了。

『貴族の鳥』

『シャンプープロカリテ』

感謝のキモチ~LIVEアンコール①編~


「トリ様」コールが聴こえるかと思いきや、まさかの「ロン毛」コール!

そんな「ロン毛」コールにお応えして、ひよこTシャツに着替えたTЯicKY。



ソロで「ミラクル・ラブ!」を歌った後、長めのMCへ。

今年の総括と告知をする中、何度もオーディエンスへの感謝の言葉を口にする。

そして2016年の6ヶ月連続ワンマンと、シングル2枚発売の発表。

ここでも出てくる言葉はオーディエンスへの感謝。

「みんなの願いも、自分の願いも、全部の“わがまま”を少しずつ時間をかけてでもひとつ残らず叶えたい」という言葉から、
ラスト「わがまま姫を迎えに行こう」で終了。

「トリ様」コールが聴こえるかと思いきや、まさかの「ロン毛」コール!

そんな「ロン毛」コールにお応えして、ひよこTシャツに着替えたTЯicKY。

ロン毛コール、再び~LIVEアンコール②編~

ファンの「ロン毛!」コールに乗って、今度はバンド形態で登場。

バンドverでは初披露となる名曲、「とびきりコンプレックス」。

皆が全力で動き回り、会場に笑顔が溢れる。

切なくも暖かい極上の歌メロが、最高の空気を作り上げた。

笑顔で手を振るTяicKYとバンドメンバー。

こうして、TЯicKYのワンマンライブは幕を閉じた。

【総評】

まとめ

「継続する事」自体が難しい世界で、たったひとりで進んでいるTЯicKY。

しかしそれはTЯicKYの持つ信念が、
オーディエンス・メンバー・協力者などを強く引き付けていると感じさせてくれたライブだった。

ダブルアンコールの後も鳴り止まないロン毛コールが、
そしてその声に対して再登場し感謝を述べたTЯicKYが、それを物語っていたと思う。

年内にもまだライブは残っているので、今後も注目だ。

TЯicKY LIVE情報

公式はこちら

要チェック!

LIVEレポート:VisUnite ライター部

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

新感覚!ヴィジュアル系とファンを繋ぐ応援アプリの公式アカウントとなります。(アプリリリースは9月予定)
こちらではヴィジュアル系シーンだけをピックアップしてコラムを作成する専用アカウントです。
今までなかったバンギャルによるバンギャルのためのヴィジュアル系情報を主にお届けしていこうと思います!
ライブ情報からメンバーの魅力、曲の歌詞、グッズなどV系に特化して幅広く網羅していきます!
その他お問い合わせがある方は下記までご連絡ください
info@visunite.com

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索