いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年12月18日更新

アスリートが選ぶ、試合前に奮い立たせてくれる音楽 “5選”

試合前というのは、どれだけ準備が念入りであろうとプレッシャーや色んな葛藤に押しつぶされそうになるものではないでしょうか?? そんなシーンで不安をかき消してくれる元気がわいてくる、そんな曲を紹介させていただきます☺︎♪

あのアスリートも聞いている!! チャレンジャーにささぐ

中高、大学などの新入生や、新入社員にとって
この頃は毎日が目新しいことばかりで

それこそ目の前の「チャレンジ」に打ちひしがれそうになることも多いでしょう。

今回の記事では、ときには壁にぶち当たりながらも
結果を出し続けるアスリートにフォーカスしていきたいと思います。

アスリートが薦める曲、気になりませんか??

そういえば、FIFA女子ワールドカップ2015がカナダで開催されていますよね!

4年前の大会で見事に大会初優勝を決めた“なでしこJAPAN”
もう一度その栄冠を勝ち取り、人々を感動させることができるか?

こちらも要注目ですね⤴︎⤴︎

“澤穂希”も愛聴するナオトの勇気がわく魔法の一曲

◼︎ ナオト・インティライミ - Brave

2015/16シーズン Fリーグ公式テーマソング『Brave』

僕ならできるって 思いながら闘って
新しい未来をイメージすればいい
あの虹を渡って まだ見ぬその先へ
自分を信じて 始まったばかりさ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt1526

テンポの良いリズム感といい、彼自身の透きとおる美声が
その歌詞に込められたメッセージ性をより引き立たせていますね!

この一曲、澤穂希(INAC神戸)が
大会初優勝を果たした2011年女子W杯で何度も救われた曲という。

なでしこJAPANのキャプテンとして当大会の得点王とMVPを獲得し、
2011年のFIFA最優秀選手賞(バロンドール)も受賞した

その舞台裏で大活躍した『Brave』

そして驚くべきことに..

2014年W杯を経験した
長友佑都(インテル・ミラノ)と齋藤学(横浜F・マリノス)の
「試合前に聴く曲」も、同じくナオト・インティライミさんの曲だそうで、

彼の楽曲がいかに人々に勇気を与えているのかが一目瞭然ですね!

“錦織圭”を頂点へ導いた奇跡の一曲

◼︎ ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソラニン

映画『ソラニン』のメインテーマ曲

お次は、今すごくHOTなこの人が精神統一するときに聴いている曲を紹介!

テニスATP世界ランキング自己最高位は4位。
ツアーシングルでは、日本人最多の9度の優勝を誇る。

この“錦織圭”が2014年の世界選手権・バルセロナオープン
決勝戦直前で聴いていたのが『ソラニン』

アジア人初の優勝を果たしたその偉業を支えたその歌詞とは??

あの時こうしてれば あの日に戻れれば
あの頃の僕にはもう戻れないよ

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする
きっと悪い種が芽を出して
もう さよならなんだ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=kt0512

緩急豊かなメロディーに中で、サビの部分に奥深さを感じます。

「やらないよりは、やって後悔したほうがいい」
よく言うこの言葉をうまく表現できている、そんな風に思います。

考えずにまず行動すれば結果としていい気づきが生まれる。
そんな背中を押してくれる良曲ですね!

“石川佳純”はこの曲でキュンキュン・スマッシュ炸裂!

◼︎ 西野カナ - GO FOR IT!!

剛力彩芽が出演する「ランチパック」CMソング

試合前とは関係ないですが、告白も立派な「チャレンジ」ですし
ダイスキな人のためなら頑張れる。そういった思考になれますもんね!

ダイスキな人を想う女子の気持ちを連ねた歌詞に、
「あ〜 それ超わかるわ〜」てひっきりなしに思えてくるのではないでしょうか?

さすがは恋歌のカリスマ“西野カナ”ですね!!!

日本の卓球界を、福原愛とならんで2大エースとして引っ張る“石川佳純”

試合においては、がむしゃらに球に食らいつく猛獣ライオンのように思えますが
プライベートは乙女心満載なウサギちゃんなのかもしれませんね!←

ごめんなさい、余計なお世話ですよね笑

今後も得意のキュンキュン・スマッシュで、より一層のご活躍を願いましょう!

“羽生結弦”のセンスは音楽においてもピカイチだった!?

◼︎ The Sketchbook - Colors

“The Sketchbook”4枚目のシングル

力強さとそのメッセージ性の強さに「よっしゃ、やってやるぞー」
そんな気分にさせてくれる歌詞ですね!

歌詞にとても感銘うけたので、ぜいたくに全文掲載したいと思います。

歌詞に目を通すだけでも教訓になるのでぜひ!!

春の風が 吹き始める頃には
少しは大人になれているのかな
ほどけかけた 靴紐を直したら
前だけ見てた知ればいい

型にはまるより
はみ出すくらいがいい
誰かの真似ならもう止めにしようぜ

派手に転んでも 笑われてもいい
大事なことは自分自身を信じることだ
上手くなくても バカにされても
僕は僕らしく誰の色にも染まらないで

どんな未来も このキャンバスに
描いていける 光る音色で

窓の向こう 散り始めた桜に
誰よりも早く夏を感じながら
見えないゴールに不安はあるけれど
歩みは止めたくないんだ

諦める理由なら
幾つもあるけど
諦めたくない気持ちは一つでいいだろう

「明日もあるから」なんて待っていたら 
どんなにチャンスが近くに来ても手が伸ばせない
この両手にしか掴めないものが 
僕の明日を彩っていく色に変わる

君も君だけの色でキャンバスに
大きく夢を描いてみよ

何度も描き直してぐちゃぐちゃになった
キャンバスは君がここまで頑張った証だろう
君の代わりは誰も出来ないから
君の描いた夢ん続きは自分で描こう

どんな未来もこのキャンバスに
僕は描くよ 光る音色で

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-120530-080

日本フィギュアスケート界の貴公子“羽生結弦”はさすが音楽のセンスもピカイチですね!

現在弱冠20歳にして、「オリンピック」「世界選手権」を制しているという..
なんとも末恐ろしい怪物スケーターの今後にも注目ですね!

“内村航平” クールの裏に、激アツイケ系ソングあり。

◼︎ Jennifer Lopez feat. Pitbull - On The Floor

9thアルバム「LOVE?」からのスマッシュヒット

米ピープル誌が2011年「世界で最も美しい人」に選んだ“Jennifer Lopez”
とお祭り番長“Pitbull”をフューチャリングしたイケイケソング。

ラテン系クラブサウンドがカッコよくて、PVにも注目です!!

この曲を聴いてボルテージを最高潮にすれば、いいパフォーマンス間違いなし!

“内村航平”がその効果をそつなく証明しているのも、うなずける。

新体制のホープとして挑んだ2012ロンドンオリンピックでは、
圧倒的な総合力を見せつけ個人総合金メダルを獲得した。

今後も彼の活躍から目が離せない!

======================================================


いかがでしたでしょうか?

じゃっかん私の私見も入ってしまいましたが、
意外性のある読んでてワクワクする記事になったかと思います。

チャレンジを避けててはその場に直立不動で進歩はありません。

前述の曲をぜひとも味方につけて
自分と正々堂々と闘ってみてはどうでしょうか?

どんなに泥臭くても、ゴールはゴールです。
迷わずチャレンジし続けましょう!

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

otokake総合プロデューサー兼編集長です!

音(oto)を通じて充実した新しいエンターテインメント体験の架け橋(kake)を創造します!

oto kakeを通じてたくさんの方が、楽しめる新しい形のメディアにします。



人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

新着の特集

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索