泣ける恋愛・・・

相手は私のことが好きじゃない

相手は私のことを好きになってくれない。

好きになってはいけない人を好きになった、 いけないことだとわかっているのに好きな気持ちが止まらない

昔の大恋愛が忘れられない。

そんな叶わない恋や禁断の恋、 そして片想いはとても辛く、涙が出るほど悲しく切ないものです。

そんな恋愛で辛い思いをしているあなたに捧げる、 「泣ける恋愛ソング」を集めました!!

ツラい想いをしている人、過去の失恋が忘れられない人に是非聴いて欲しい曲ばかり。

もちろん、今は幸せだけどあの頃はツラかったなぁ…という人にも共感してもらえること間違いなしですよ☆

泣ける恋愛ソング・・・

それではさっそく、泣ける恋愛ソングを紹介していきます。

動画も一緒に紹介させていただきますので、世界観にどっぷり浸かってみてください☆

歌詞の意味も追っていきながら、厳選した9曲を紹介していきます。

失恋してしまったばかりだという方は、涙腺がゆるまないよう要注意ですよ!

大塚愛 『プラネタリウム』

思わず涙がでてしまう泣ける恋愛ソング【女性アーティスト編】の画像

まず紹介するのが、大塚愛の歌う『プラネタリウム』です。

大塚愛バラードでは一番人気楽曲かもしれませんね!

あの大ヒットテレビドラマ、『花より男子』(第1期)のイメージソングに起用された曲です☆

お互いのことを想っているのに、 嫉妬や疑心暗鬼で心がすれ違う恋人たちを表現して 秀逸な曲です!!

聴くとドラマのシーンを思い出してしまうような名曲ですが、その歌詞にもご注目ください!

離れてしまった恋人を想う、切ない言葉が並びます。

行きたいよ 君のところへ 今すぐ かけだして 行きたいよ
真っ暗で何も 見えない 怖くても大丈夫
数え切れない星空が 今もずっと ここにあるんだよ
泣かないよ 昔 君と見た きれいな空だったから

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=B11195

恋人とは別れてしまい、遠くへ行ってしまったのでしょう。

会いたいという想いはあるものの、会いにはいけないという現実に悲しんでいる様子が伺えます。

ただ、泣きたいときにも空を見上げると綺麗な星空が広がっていることに気付きます。

君と見た星空はまるでプラネタリウムみたいに綺麗だという意味が、タイトルに込められているのかなと思います!

加藤ミリヤ 『destiny』

思わず涙がでてしまう泣ける恋愛ソング【女性アーティスト編】の画像

次に紹介するのは、泣き歌の歌姫とも呼ばれる加藤ミリヤです!

今回は加藤ミリヤの『destiny』を紹介します。

「destiny」=「運命」 一人の女の子が、 “この人は運命の人なんだ”

そう運命に導かれ、 禁断の恋に足を踏み入れてしまう、、

そんな瞬間がこの歌詞には描かれています!!

禁断の恋を思わせるMVですが、歌詞の世界観もチェックしておきましょう!

「好き」だと ああ言ってくれる男の人
それなりにいるのよ
友達はいいんじゃないって言うけど
ダメなの

携帯なる度 あなただったらって
願うのに またあなたじゃない人から
なんとなくレスるけど
やっぱりあなたなんだと感じるだけ

出典: http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=S06224

本当に好きな人とは結ばれない…そんな切なさが歌われています。

身近な男性に、自分のことを好きだと言ってくれる人がいるようです。

友達もすすめてくれるという人は、きっと”いい人”なのでしょう。

本人も”いい人”なんだということはわかっていても、どうしても恋愛相手としては見ることができないようですね。

叶わないとわかっていても、あなたじゃないと本気になれない…そんなモヤモヤとして想いが膨らんでいきます!

HY 『NAO』