いいねして最新情報を受け取ろう!

2016年01月05日更新

涙が止まらない米津玄師「Bremen」のおすすめ曲の歌詞

自分の汚れをすべて洗い流してくれるかのような澄んだ歌声と切なく胸を締め付けられる歌詞が話題を呼んでいる米津玄師さん。その3rdアルバム「Bremen」より筆者が大好きな曲ばかり集めてみました。全部良すぎるけどあえて5曲に厳選しました。必聴!!!!

メトロノーム

涙が止まらない失恋ソング

初めから僕ら出会うと決まってたならば どうだろうな
そしたらこんな日がくることも 同じように決まっていたのかな

ずっと叶わない思いばかりを募らせていては
互いに傷つけ合って 責め立て合った
ただ想ってただなんて 言い訳もできずに
去り行く裾さえ掴めないでいた
弱かった僕だ

今日がどんな日でも 何をしていようとも
僕はあなたを探してしまうだろう
伝えたい思いが募っていくまま
一つも減らない僕を 笑い飛ばしてほしいんだ

味気ない風景だ あなたがいないのならどんな場所だろうと
出会う前に戻っただけなのに どうしてだろうか何か違うんだ

きっと僕らはふたつ並んだメトロノームみたいに
刻んでいた互いのテンポは 同じでいたのに
いつしか少しずつ ズレ始めていた
時間が経つほど離れていくのを 止められなくて

これから僕たちは どこへ行くのかな
全て忘れて生きていけるのかな
あなたが今どんなに 幸せでも
忘れないで欲しいんだ 僕の中にはいつも

すれ違って背中合わせに歩いていく
次第に見えなくなっていく
これからも同じテンポで生き続けたら
地球の裏側でいつか また出会えるかな

今日がどんな日でも 何をしていようとも
僕はあなたを愛してしまうだろう
伝えたい思いが 募っていくまま
一つも減らない僕を 笑い飛ばしてほしいんだ
あなたがいてほしいんだ

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-151021-174

これはこのアルバムを聴いていちばんに気に入った曲です。
メトロノームのように一定のテンポを刻んでゆっくり流れるメロディが耳に心地よくて。
それで歌詞を読んで泣きそうになりました。そうこれは失恋ソング…!!

恋人同士でメトロノームみたいに同じテンポ・同じ歩幅で一緒に歩いてきたのに、いつの間にか二人のテンポは狂って離れてしまった。
あなたの気持ちが離れても、僕はずっとあなたの影を探し続けてしまう…という切なすぎる1曲。
失恋した時に聴いたら絶対に泣けます。
でも、嘆き悲しむだけじゃなくてちょっと吹っ切れたようなすっきりした気分にもなると思いますよ♪

アンビリーバーズ

とにかく前に進もうという応援歌

ヘッドライトに押し出されて 僕らは歩いたハイウェイの上を
この道の先を祈っていた シャングリラを夢見ていた

誰がどんなに疑おうと 僕は愛してるよ君の全てを
もしも神様がいたのならば 僕と同じことを言うだろう

何されたって 言われたっていい
傷ついても平気でいられるんだ
だから手を取って 僕らと行こうぜ
ここではない遠くの方へ

今は信じない 果てのない悲しみを
太陽を見ていた 地面に立ちすくんだまま
それでも僕ら 空を飛ぼうと 夢を見て朝を繋いでいく
全て受け止めて一緒に笑おうか

テールライトに導かれて 僕らは歩いたハイウェイの上を
気がつけば背負わされていた 重たい荷物を捨てられずに

誰のせいにもできないんだ 終わりにしようよ後悔の歌は
遠くで光る街明かりに さよならをして前を向こう

貶されようと 馬鹿にされようと
君が僕を見つめてくれるなら
キラキラ光った パチパチ弾いた
魔法だって使えるような

今は信じない 残酷な結末なんて
僕らアンビリーバーズ 何度でも這い上がっていく
風が吹くんだ どこへいこうと
繋いだ足跡の向こうへと まだ終わらない旅が 無事であるように

そうかそれが光ならば そんなもの要らないよ僕は
こうしてちゃんと生きてるから 心配いらないよ
帰る場所も無く僕らは ずっと向こうまで逃げるんだ
どんな場所へ辿り着こうと ゲラゲラ笑ってやろうぜ

今は信じない 果てのない悲しみを
太陽を見ていた 地面に立ちすくんだまま
それでも僕ら 空を飛ぼうと 夢を見て朝を繋いでいく
全て受け止めて一緒に笑おうか

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-150909-152

Bremenの1曲目に収録されている曲で、まさに始まりの曲にふさわしい曲です。
「アンビリーバーズ」は直訳して「信じない人たち」。
何を信じないのかって、これから起こる悲しみや残酷な結末…。
まだ起こってもないことを心配して足踏みするよりも、とにかく前に進もうという応援歌です。
仕事に失敗したり、友達とけんかしてしまったり、何か困ったことがあった時にこの曲を聴けばきっと前に進む勇気がもらえるはずです。

シンデレラグレイ

雨の日に大音量で聴きたいそんな曲

ねえどうして、そうやってあたしのこと馬鹿にして
優しさとか慰めとか与えようとするの?
その度々に惨めな思いが湧いてきて
どうしようもない気持ちになるってわかってないの?

色んな色で満ち溢れた街を歩いたって
色づかないあたしは灰色 どこへ行けばいいの?
自分の好きなように生きていけばいいって 知っている筈なのにさ
忘れちゃうんだいつもいつもいつも

思い出したくもないようなことがいつまでも消えないな
ぐしゃぐしゃの頭の中 一つも整理がつかずに また思い出した

怖かったのに 辛かったのに 誰も信じてくれなかったのに
あなただけが その声だけが いつでも笑いかけてくれたのに

カボチャの馬車もガラスの靴も似合わなくて
ただひたすら何事もない日々のあり合わせ
この世界はどうも鮮やかすぎて目が眩む
色づけやしないあたしへのあてつけみたいで

もういいよ、どうなろうと何もかも知らないし
あなたのこと あたしのこと これからの全ても
「ねえ王子様、あたしの為に生きて」って言いたくて
言えなかった あの日の自分が嫌い嫌い嫌い

何処へだって行けるような自由なんてほしくはないな
あなたという不自由だけが あたしを自由にしていたんだって
気づいてしまったんだ
痛む心 癒えないのは 無様なほどに期待してるから
あなただけに その声だけに 優しくされたかっただけだったのに

「愛は永遠」って 誰かの誰かの誰かが言った
それがもし本当なら いつまで苦しめばいいの?
12時を越えて ずっと消えないものがあるなんて
お願いよ もう消して 消して 消して 消して

怖かったのに 辛かったのに 誰も信じてくれなかったのに
あなただけが その声だけが いつでも笑いかけてくれたのに
痛む心 癒えないのは 無様なほどに期待してるから
あなただけに その声だけに 優しくされたかっただけだったのに

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-151021-176

女性目線で書かれた歌詞に共感する女性多数!
シンデレラの世界観に重ね合わせた切なすぎるラブソングです。
「王子様」って書いて「ダーリン」、「灰色」って書いて「グレイ」って読ませるところがなんか粋ですよね。
淡々と進むメロディが逆に切なさを物語っててはっとしてしまいます。
雨の日に大音量で聴きたいそんな名曲。

ミラージュソング

前に進もうという気分にさせてくれる1曲

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った
その声はいつか消えてしまうからさ
明日の世界がまた少し近づくたびに僕は
残された今日を感じ くしゃみをする

照りだした太陽 逃げ水で濡れた道路を歩いた
不思議なくらいの静けさに塗れて
過ぎ去ってしまった日々は二度と戻らないと知った
あの日の記憶も 遠く触れないまま

何を悲しむことがある? これほど明るい陽の射し込む場所で
何を疑うことがある? 隣にいつも君がいるのに

生きていけば今 生きていくほど さわれないものが増える
何も手に入れちゃいないのに 失くしていく気がするんだ
どうして

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った
その声はいつか消えてしまうからさ
「明日の世界も同じように生きていられるのかな」
蜃気楼の中で昨日の僕が言う

何を怖がることがある? 奪いも与えもできない癖に
何を求めることがある? 隣にいつも君がいるのに

近づけば今 近づくほど 知らない君が増える
何もいらないさ いらないのに 物足りない気がするんだ
どうして

どんだけ確かめてみたって どんだけ呼びかけてみたって
いつだって君はそこにいて 微笑んでくれるのに
僕たちが生きるここは今 失望で満ちているだなんて
そんなこと言いたくはないんだ それだけさ 本当さ

生きていけば今 生きていくほど さわれないものが増える
何も手に入れちゃいないのに 失くしていくとしても
生きていけば今 生きていくほど 愛おしい今も増える
何も手に入れちゃいないけど 失くせないものがあるんだ
ミラージュソング

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-151021-177

曲のタイトルにもある「ミラージュ」は「幻覚」や「蜃気楼」という意味を持ちます。
仕事も恋も順調、何も不安になるようなことはないはずなのになぜか見えない不安に押しつぶされそうになる…
そんな瞬間は誰にでも訪れるものですよね。
この曲はそんなときに聴くのをおすすめします。
はっきりとした答えは見つからないけど、幻覚におびえる必要はない。マイペースに前に進もうという気分にさせてくれる1曲♪
明るい曲調も前向きな気持ちになれます。

Blue Jasmine

幸せすぎるラブソング

あなたの思い出話を聞く度 強く感じているんだよ
僕はその過去一つ残らず 全てと生きていると

差し出したジャスミンのお茶でさえ
泣き出しそうな顔をして 戸惑いながら口を付けた
あなたを知っているよ

沢山の道を選べるほど 上手には生きられなかったけど
心も体も覚えている あなたとなら生きていられる

これから僕らはどこへ行こう? ねえダーリン何処だろうときっと
となりにあなたがいるなら それだけで特別なんだ
キスをして笑い合って 悪戯みたいに生きていこう
全て失くしてもなくならないものを見つけたんだ

昼間の星みたいに隠れて 今は見えないとしても
幸せなんてのはどこにでも 転がり落ちていた

眠るあなたの瞼の上 流れる睫毛を見ている
僕は気づく これからの日々が幸せだってこと

誰とでも仲良く出来るほど まともには心開けなくて
でもあなたなら話せることを あなたの為に用意していた

寂しくってしかたがなくなって それさえ隠せなくなって
あなたの声が聞きたかった あの夜をまだ覚えているんだ
これからも同じ夜を いくつも繰り返すんだろう
その度に僕は確かめる 君を愛してると

差し出したお茶を美味しそうに飲む 君のその笑顔が
明日も明後日もそのまた先も 変わらなければいい

これから僕らはどこへ行こう? ねえダーリン何処だろうときっと
となりにあなたがいるなら それだけで特別なんだ
キスをして笑い合って 悪戯みたいに生きていこう
全て失くしてもなくならないものを見つけたんだ
いつでも僕は確かめる 君を愛してると

出典: http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-151021-179

この曲は間違いなく筆者の「こんな風に愛されたら幸せシリーズ」の5本の指に入るほどの幸せすぎるラブソングです。
晴れた日の昼下がりにジャスミンティーを飲みながら他愛のない話をしてまったりしている幸せそうなカップルの光景が目に浮かびますね!!!ああうらやましい!!笑
とにかくメロディも歌詞も爽やか。
どんな爽やかイケメンが主人公なのかとあれこれ想像(妄想?)してしまいます。

さて、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」よりおすすめの5曲を厳選してご紹介しました。
米津さんの書く歌詞を読んでいると、日本語っていいなぁって思いませんか?
メロディも儚さや切なさが見え隠れしてなんともいえない素晴らしさがあります。
ぜひ「Bremen」を聴いてみてくださいね!
1月からはワンマンツアーも控えてます!!
ちなみに筆者、チケット争奪戦に漏れて悔しい思いをしております…。
そして実は1月22日に「Bremen」バンドスコア&米津玄師初のピアノスコアの発売が決定しています!!!
筆者買います、絶対に。

米津玄師おすすめ特集記事

関連人気記事ランキング

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

のーみゅーじっく・のーらいふ。
主食は邦rockのオブラートに包めない系女子。
最近は洋rockも気になるところ…。
バイオリン、ピアノが原点なのでクラシックもかじってます!
音楽の輪を広げたい。がんばります。

人気記事ランキング

カテゴリー一覧

おすすめの記事

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索