奇跡の4人組バンド!

【King Gnu(キングヌー)】メンバー人気ランキングTOP4!常田大希とボーカル井口の裏側も紹介の画像

King Gnu(キングヌー)は奇跡の4人組ミクスチャーロックバンドメンバーはこちらです。

常田大希(Gt.Vo.)
勢喜遊(Drs.Sampler)
新井和輝(Ba.)
井口理(Vo.Key.)

出典: http://kinggnu.jp/biography

もともと常田大希さんが2015年にSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)として活動を開始しました。

そのかたわら常田大希さんはDTMP名義でソロ活動も展開されています。

さらにメンバー交代を経て4人体制になった後、2017年4月にSrv.VinciからKing Gnuに改名!

そんな流れがありますので、奇跡の4人組でのSrv.Vinci時代も存在します。

  • 2015年:Srv.Vinci始動
  • 2017年4月:King Gnuに改名
  • 2019年1月:メジャーデビュー

4人とも個性が際立つ音楽性豊かなメンバー。そのプロフィールをたっぷりご紹介しましょう。

人気ランキングとして順位がついていますが、これはTwitterのフォロワー数で判断しました。

ただそれだけですので、順位はむしろ気にしないでくださいませ。全員1位の奇跡の4人です!

4位:勢喜遊

【King Gnu(キングヌー)】メンバー人気ランキングTOP4!常田大希とボーカル井口の裏側も紹介の画像
  • 1992年9月2日生
  • 徳島県阿南市出身

ドラム&サンプラーの勢喜遊(せきゆう)さんライブでは踊るドラマとして話題騒然です。

お父様がドラム、お母様がボーカルの元プロミュージシャンという音楽一家で育ちます。

2~3歳からスティックを握っていたとか。小学4年生から始めたのはヒップホップダンス

中学では吹奏楽部でパーカッション……音楽とダンスが常に身近にある生活だったわけですね。

高校からバンド活動を始め、19歳で上京。音楽的なルーツはブラックミュージックになります。

上京後に常田大希さんと知り合ってから取り入れるようになったサンプラーもお見事です。

無類の豚汁好き!というエピソードも有り。ご自分で作り、豚汁パーティーを企てているとか。

ところが引きが弱いため、参加者がいない……という残念な結果になりがちなんですって。

お茶目……。ゴボウの灰汁を取りすぎないところがポイントだそう。さすがアクが強いドラマー!

3位:新井和輝

  • 1992年10月29日生
  • 東京都福生市出身

ベースの新井和輝(あらいかずき)さんは高校で軽音楽部に所属しつつ、ジャズに傾倒

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)のコピーから始めたというエピソードもあります。

別の大学に通いながら、国立音楽大学のビッグバンドのサークルでベースを担当されていました。

セッションを重ねるなかでドラムの勢喜遊さんと出会い、常田大希さんともつながります。

井口理さんとは2019年1月時点でルームシェアしているという仲良しぶり。

福生出身でジャズ……やはり音楽的なルーツはブラックミュージックというわけですね。

2位:常田大希

【King Gnu(キングヌー)】メンバー人気ランキングTOP4!常田大希とボーカル井口の裏側も紹介の画像
  • 1992年5月15日生
  • 長野県伊那市出身

ひとりでSrv.Vinciを始め、King Gnu全曲の作詞作曲もしている常田大希(つねただいき)さん

さらにPERIMETRON(ペリメトロン)というクリエイティブレーベルも主宰されています。

そのうえDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)名義でソロ活動も展開。まさに奇才!

東京藝術大学でチェロを専攻しつつ、実は1年足らずで辞めたそうです。

ただ在籍中には小澤征爾さんの楽団に参加していたという経歴もあります。

そもそも音楽一家に生まれ育ち、中学生からMTRで曲作りをしていたとか。

クラシックの素養がありつつ、ケンドリック・ラマーやオアシスもリスペクトしているわけです。

まさにKing Gnuの音楽性「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」そのもの。

しかもポジティブな歌詞で、J-POP=ポップミュージックにこだわっているところが魅力です。

自称ダミ声のボーカルと弦楽器の達人ならではのギターも垂涎モノ。

常田大希ソロDTMP

【King Gnu(キングヌー)】メンバー人気ランキングTOP4!常田大希とボーカル井口の裏側も紹介の画像

King Gnuは音楽性の幅が広いので、最初にどの曲を聴くか?によってイメージが変わるでしょう。

例えば「Tokyo Rendez-Vous」なら、常田大希さんは拡声器で車内ラップを展開するヤンチャな人?

ストリート系と思い込む可能性すらあります。ところがクラシック畑の人でもあるわけです。

どっちが表?裏?と区別するのは難しく、たくさんの要素が混在しているだけかもしれません。

ただKing Gnu以前、Daiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)名義のソロは非常に前衛的!

常田大希さんの奥底に隠された顔ともいえるDTMPの曲を聴いてみましょう。

「http://」ティザー映像

Daiki Tsuneta Millennium Parade「http://」Album Teaser

まず2016年7月にリリースされたDTMPの1stアルバム「http://」のティザー映像です。

芸術的というか前衛的というか、常田大希さんの裏の顔?をチラ見できたのではないでしょうか。