平井堅のノンフィクション、歌詞が意味深すぎる。。。

2018年01月10日更新

「LOVE涙色/松浦亜弥」○年の紅白トップバッター曲!切ない歌詞の意味に涙、、、【アルバム情報アリ】

14歳でデビューしてから現在まで、トップアイドルとして音楽シーンで活躍を続ける松浦亜弥さん。今回は、そんな松浦亜弥さんの楽曲の中でも、デビュー当時から歌われてきた「LOVE涙色」について、歌詞の意味やアルバム情報を紹介していきます。

松浦亜弥の経歴

14歳で芸能界デビュー

幼い頃から歌うことが好きで、歌手に対する憧れを抱いていた松浦亜弥さん。


ある時、友達から借りたCDの中に偶然「第4回モーニング娘。&平家みちよ妹分オーディション」が同封されており、歌手を目指していた松浦亜弥さんはこのオーディションに応募します。


そして、応募総数1,500人の熾烈な競争を勝ち抜き、見事オーディションに合格。


14歳にして、芸能界デビューを果たしました。

デビュー後すぐに、トップアイドルへの仲間入り

2000年10月、14歳にして芸能界入りした松浦亜弥さん。


最初は女優として活動していましたが、2001年の4月に「ドッキドキ!LOVEメール」で歌手デビューを果たします。


すると、いきなりオリコンチャートで最高10位を記録するヒットを記録。


さらに、その年の紅白歌合戦に「LOVE涙色」で初出場を果たすなど、デビューからわずか1年で、トップアイドルに駆け上りました。

人気絶頂の中、突然の活動休止

デビュー翌年に紅白歌合戦出場を果たした松浦亜弥さん。


その後も紅白歌合戦には6年連続で出演し、映画ドラマへの出演や単独ライブ公演も行うなど、アイドルとしてまさに順風満帆の日々を送っていました。


そんな中、2009年に突如、歌手活動の休止を発表。


突然の発表だったため、多くのファンを驚かせ、悲しませました。


実は、この活動休止の原因となったのは、子宮内膜症という病気でした。


病気による体調悪化の結果、松浦亜弥さんは歌手活動の休止に追い込まれたのです。

結婚を経て、母の「あやや」に

病気による活動休止後しばらくは、芸能活動をセーブしていた松浦亜弥さん。


しかし、歌手デビュー10周年となる2011年に、10周年記念ベストアルバムとなる「松浦亜弥 10TH ANNIVERSARY BEST」を発売。


それに合わせてライブを行うなど、徐々に歌手活動を再開していきました。


2013年には、男性ダンス&ボーカルグループ、w-inds.の橘慶太さんとの結婚を発表。


10年以上の交際を実らせてのゴールインだったため、多くのファン、芸能関係者から祝福を受けました。


翌2014年には第一子を出産し、母となった松浦亜弥さん。


今後の一層の活躍が期待されますね。

2001年リリースの「LOVE涙色」! 人気曲の秘密に迫る……!

2001年紅白歌合戦のトップバッターソング!

2001年9月、松浦亜弥さんが歌手デビューして間もない頃にリリースされたのが、「LOVE涙色」です。


オリコンランキングでは週間3位を記録するなどヒット曲となり、松浦亜弥さんはこの曲で紅白歌合戦初出場を果たしました。


さらに、順番の巡り合わせもあり、松浦亜弥さんはトップバッターとして出場。


LOVE涙色」は、21世紀最初の紅白歌合戦ソングとして、後世に名を残すこととなりました。

「LOVE涙色」は様々なアーティストがカバーする人気曲!

松浦亜弥さんの初期の代表曲「LOVE涙色」。


一方で、多数のアーティストがこの曲のカバーを行っていることでも有名です。


ファンの間だけでなく、プロの歌手からの人気も高い曲であるといえますね。


たとえば、℃-uteのメンバーである岡井千聖さんは、YouTubeにこの曲をカバーした様子をアップしています。

LOVE涙色を歌って踊ってみた【岡井千聖】

歌だけでなく、キレのあるダンスも見事です。


また、「LOVE涙色」をアカペラでカバーした動画もあります。

松浦亜弥 - LOVE涙色 [アカペラ cover]

アカペラカバーだと、原曲とは違った爽やかさが感じられますね。

「LOVE涙色」収録のアルバムを紹介

松浦亜弥さんの人気曲「LOVE涙色」を収録したアルバム情報について紹介していきます。

ファーストKISS

200211日にリリースされた、松浦亜弥さんのファーストアルバムです。


オリコン最高2位を記録するなど、商業的にもヒットしたアルバムとなりました。


松浦亜弥さんの、初期の名曲が詰まったアルバムとなっています。

松浦亜弥ベスト1

2005年に発売された、松浦亜弥さんのベスト盤です。


発売前に行われたファン投票を基準に、収録曲が選ばれました。


ファン目線での人気曲が収録されたアルバムです。

松浦亜弥 10TH ANNIVERSARY BEST

松浦亜弥さんの、デビュー10周年を記念したアルバムです。


2011年、本格的に歌手活動を再開した年にリリースされました。


これまでとは違い、松浦亜弥さんの大人の魅力あふれるアルバムとなっています。

切ない意味に涙、、、松浦亜弥「LOVE涙色」の歌詞を紹介!

ポップなメロディーとダンスで、一見すると楽しげな、幸せな曲のようにも聴こえる「LOVE涙色」。


しかし、実は歌詞にはとても切ない意味が込められているのです。


ここでは、「LOVE涙色」の歌詞を紐解くことで、曲の持つせつなさに迫っていきます。

「LOVE涙色」の歌詞を紹介

LOVE 涙色 あなたのメールを
読みました
LOVE あの人と 別れたってことを
聞きたくなかったな…

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の最初の部分です。


あなたというのは、今はもう別れた恋人(彼氏)のことを示します。


私と別れたあと、彼は別の人と付き合っていました。


彼のことを忘れようとしている最中、そんな彼から「あの人と別れた」というメールが届いた、という場面です。

Ah きっぱり あなたの事なんて
忘れてる
そう 思って とぼけてきたみたい
Ah なんだか 急に複雑な
感情が
こう 頭の 中をぐるぐる巡っている
くやしいわ

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の1番Aメロの部分です。


別れた後、私はかつての恋人のことを忘れようと、毎日を過ごしてきました。


きっぱり忘れている、と思い始めた頃、彼からメールが届きます。


メールを見た私は、彼のことを思い出すと同時に、淡い期待感が入り混じった感情で頭がいっぱいになってしまいました。

飽きっぽい 飽きっぽい
あなたの性格と
意地っ張り 意地っ張り
そんな私の性格
きっと続かない

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の1番Bメロの部分です。


飽きっぽい性格のあなたと、意地っ張りな性格の私。


そんな2人だから、もし恋人に戻ってもきっと上手くはいかない。


彼からのメールで心が揺らいだ私でしたが、彼への未練の気持ちを抑えようと、必死で自分に言い聞かせている様子が描かれています。

LOVE 涙色 泣いても泣いても
止まらない
LOVE あの夜で 全て終わったのよ
メールは返さない

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の1番サビの部分です。


彼への未練の気持ちが募る私。


しかし、あの夜で全て終わったのだと言い聞かせ、メールは返しません。


涙色、というワードが、切ない乙女心を表しているといえるでしょう。

Ah 誰かと なんとなく恋の
途中なら
Uh なんとか 穏やかでいたかな
Ah 何度も 忘れようとした
あなたの番号達
もう ほとんど 丸暗記してるみたい
やっぱ くやしいわ

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の2番Aメロの部分です。


誰かと恋をすれば、彼のことを忘れられるかもしれない、と私は期待していました。


だけど結局上手くはいかず、忘れようとした彼の電話番号も覚えたままでいます。

どれっくらい どれっくらい
身長伸びたとか
太ったり 痩せたり
どんなバイトしてるとか
考えてばかり…

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の2番Bメロの部分です。


彼のことを忘れようとしているが、頭に浮かぶのは彼のことばかり、という私の様子を表しています。

LOVE 涙色 今また涙が
止まらない
LOVE あの夜に 今すぐ戻りたい
素直に甘えたい

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲の2番サビの部分です。


あの夜に今すぐ戻りたい、という素直な心情を吐露しています。


出来ることなら恋人同士の関係に戻りたい、という切ない感情を、涙で表現していますね。

LOVE 涙色 泣いても泣いても
止まらない
LOVE あの夜で 全て終わったのよ
メールは返さない

出典: LOVE涙色/作詞:つんく 作曲:つんく

曲のラスサビの部分です。


元彼との間で揺らぐ感情を、メールは返さない、と決めて終わらせようとしています。


しかし、涙が止まらない、と歌うことで、後悔や未練の感情も表現していますね。


切ない乙女心が溢れている歌詞です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


松浦亜弥さんの「LOVE涙色」について紹介してきました。


曲の持つ、せつない歌詞や世界観がお分かりいただけたかと思います。


現在は母となり、一度休止していた活動も再開している松浦亜弥さん。


今後の活躍に期待しましょう!

アーティスト記事ランキング

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

新米ライターのコニシと申します。皆様に有益で新鮮な情報をお届けできるよう、日々精進していきます!

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

FacebookやTwitterで最新情報を厳選してお届けしています!フォローしてチェックしよう!

検索