【募集】日本最大級の音楽メディアotokakeの運営メンバーを大募集!

2018年02月11日更新

【ふわふわ/桜並木】楽曲を提供したのはあのバンド!?歌詞の意味を徹底解釈!可愛すぎると話題のMVも!

パステルカラーの綿菓子のような衣装をまとい、彼女たちが踊るたび、ゆるいカールの巻き髪もふわふわ踊る。ふわふわはなんだか懐かしい雰囲気のするガールズユニットです。 今回は、彼女たちが歌う『桜並木』に焦点を当て、楽曲の秘密と歌詞の意味を徹底解釈します。

「ふわふわ」とは?

「原宿駅前パーティーズ」の中のユニットの1つです。


チュールやらオーガンジーをスカートにたっぷり使ったふわふわした衣装に身を包み、長めの髪はツインテールやらポニーテールなどおのおのがキャラ付けを兼ねて形を決めています。


王道アイドルソングを歌うアイドルグループ。現在、15人が在籍しています。2016年4月13日、ファーストシングル「フワフワSugar Love」でデビューしました。

ふわふわのメンバーは?

15人のメンバーは以下の通りです。

赤坂星南、伊藤小春、岩崎春果、遠藤みゆ、兼次桜菜、鈴木瞳美、塚田百々花、中野あいみ、平塚日菜、本島莉々果、山本七聖、山本七穂、横田美雪、吉澤瑠莉花
松崎 梨央

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/原宿駅前パーティーズ

衣装といい、髪型といい、色使いといい、昭和生まれの人には懐かしい雰囲気がしますが、平成生まれの人達には逆に新鮮かもしれません。


見た目はむしろ、アニメのヒロインみたいな。古いところで言うと、「魔法の天使クリミーマミ」新しいところで言うと「アイドルマスターシンデレラガールズ」


これでも古いようならどなたか教えて欲しい!とにかく、アニメのキャラクターの方がイメージが近いように思います。

A post shared by côté (@cote_2011_ginza) on


原宿駅前パーティーズとは

大手芸能プロダクションであるライジングプロダクションに所属する研修中タレント(養成中タレント・控えタレント)で結成された女性アイドルグループです。


原宿駅前ステージで学休期間中や週末を中心に公演を行っています。そうか・・・・・・だからふわふわも、素人(しろうと)ではないけれど、何となくまだ荒削りで素朴な感じがする。それって、育成中だからかも。


特にふわふわのユニットメンバーはそれぞれまだあどけない少女の雰囲気が残っています。

原宿駅前パーティーズは4つのグループに分かれています。主に異なる色(いろ、性格のこと)を持っている「ふわふわ」「原宿乙女(はらじゅくおとめ)」、


そして「原駅ステージA(はらえきステージエース)」「ピンクダイヤモンド」です。


楽曲のみならず、ビジュアルでもその違いは一目瞭然?それぞれのユニットで歌うナンバーも変わってきますし、所属している子の性格でも変わってくるのかも。その辺は?ですが。


また、研修生による下部組織として「原宿駅前パーティーズNEXT(はらじゅくえきまえステージネクスト)」があります。


なんだかこの構成、何となくどこかのグループに似ていますね・・・・・・あえては言いませんが。

大トリビア、ライジングプロダクション

荻野目洋子観月ありさ国仲涼子三浦大知などが所属しています。西内まりやも同プロダクション所属ですよ。

ふわふわの活動について

2016年には第49回日本有線大賞の新人賞を授賞しました。


メンバーは個々でもnicola、LOVE berry、なかよし専属モデルや、ポンキッキーズのシスターラビッツ、Rの法則のR’sメンバー、ドラマ・映画「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」出演など多方面で活動中です。


十代の女性に訴求力の高い彼女たち。活躍の場所を見ると、彼女たちは異性よりも同性から愛されるユニットなのでしょう。

昨今のグループアイドルは育成型ゲームのような感覚で接することができる点がヒットにつながっているのかもしれません。誰に受けるかを重視したら、「育てたい人」がターゲットに。


それはペットを飼う前のわくわく感、飼ってから育て上げる喜びにつながり、長く愛されることを期待しているのでしょう。

楽曲『桜並木』について

『桜並木』はふわふわの6番目のシングルで、2018年2月14日に発売が決定しました。この楽曲、前回の甘酸っぱい夏の恋を歌った『恋花火』と同じく、バンド楽曲提供ソングです。


『恋花火』は男性5人組メロディラップバンド「LIFriends」からの楽曲提供でしたが、今作は、スリーピースガールズバンド「チロル」のギターボーカル・大竹智紗が作詞・作曲を行いました。


発売日であるバレンタインデーを意識してなのか、真っすぐな歌詞を爽やかで心地よいメロディで歌い上げる青春ソング。桜並木には誰しも持つ思い出があるもの。


世代を超えて聴く人の心に映る桜並木の景色は、春の暖かさを感じさせ、恋の切なさを教えてくれます。ちなみにカップリング曲は『Candy Love』となっています。ユニットのイメージにピッタリですね。

楽曲提供のバンド「チロル」とは

神奈川出身のスリーピース・ガールズバンドで、「第2回高等学校軽音楽コンテスト関東大会」で準グランプリを受賞し、国内最大規模の音楽コンテスト「Music Revolution」東京ファイナルに進出


そして音楽イベント「閃光ライオット2012ファイナリスト」として日比谷野音のステージ経験をもつ実力派です。


彼女たちも精力的に活動中。2018年3月から6月にかけて「東海道三人四脚」と銘打った企画ライブが開催されますよ。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてください☆

そんなチロル大竹が作った楽曲、『桜並木』を聞いてみましょう!

気になる歌詞をチェック!

ふわふわのメンバーのやわらかな雰囲気桜のイメージにぴったり。さっそく歌詞を読み込んでみましょう。

校庭に踊る桜の雨
四角に切り取られた綺麗な空
寂しさに心連れていかれそうで
それでもいいと笑った
君と過ごした
何気ない日々に
手を振ってサヨナラ出来れば

楽なのにな
君の無邪気な笑顔も
あの日語った夢の続きも
いつか色あせて

消えてしまうのと
春色の風が囁く
桜舞い散る季節に
また君と巡り会えたら
その日まできっと
もっと強くなるよ

だからさ
今は泣いてもいいかな?

出典: 桜並木/作詞:大竹智紗 作曲:大竹智紗

歌詞の意味は?

言わずもがな、卒業で好きな人ともお別れする春の季節を歌っています。好きになった人は同じクラスの子でしょうか。好きだと言えたのかな?


告白はしなかったけれど、その人のことをずっと目で追っていたのかもしれませんね。夢とかを語り合ったのかな。夢を話すその人を、ずっと見つめていたのかな。


清らかで切ない初恋卒業とともにその子ともお別れです。切ない気持ちを、そして今はただ切なくて泣いてしまうのです。・・・・・・アオハルですね。

まとめ

バレンタインデーに新曲をリリースするふわふわ、そんな彼女たちが所属する原宿駅前パーティーズは原宿駅前ステージで元気に歌っています。


そんな彼女たちの活動を是非とも公式ウェブでチェックしてください!

関連人気記事ランキング

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

人気記事ランキング

人気アーティストランキング

カテゴリー一覧

検索