春よ、来い/松任谷由実

「春よ、来い」(はるよ こい)は、松任谷由実の26枚目のシングル。1994年10月24日に東芝EMIからリリースされた (TODT-3360)。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/春よ、来い_(松任谷由実の曲)

松任谷由実が書いた「春よ、来い」は、誰もが聴いたことがある曲だと思います。

数々のCMタイアップを経て、今や音楽の教科書にも載っています

この曲は歌詞に難しい言葉が使われているので、全て記憶されている方は少ないでしょう。意味がわかりづらい曲ほど覚えにくいものですよね。

この記事では歌詞を振り返りつつ、その意味を考えていきたいと思います。

【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

春を待つ歌は別れに彩られる

雰囲気で誤解されがちですが、これは冬から初春にかけての歌です。

葉が全て落ち冬枯れた山や強い風が吹きすさぶ湖など、寒々とした風景をイメージしてください。

文語を交えた言葉遣い

G♭6 A♭ B♭m

B♭m G♭6 A♭ D♭M7
淡き光立つ 俄雨
G♭ A♭ D♭ A♭ Fsus4 F
いとし面影の沈丁花
B♭m G♭6 A♭ D♭M7 A♭
溢るる涙の蕾から
  B♭m Fm7 G♭ A♭ B♭m
ひとつ ひとつ香り始める

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

流麗な言葉遣いが一貫して使われています。滑らかさが心地よいです。

教科書に出てくるような文語がこの曲の雰囲気を作り上げています。

それらには深い意味が込められていました。

俄雨

「俄雨」はにわか雨と読み、突然の大雨の内すぐ止むものに使います。

「俄」には「突然に」という意味があります。

人偏に我が使われているのは「人が我に返る」こと、つまり「意識と無意識がすぐに入れ替わる」ことが漢字の成り立ちになっているからです。

この字を持ってきたのは意図的でしょう。意識と無意識の移ろいを示す「俄」が、光や雨が心の風景であることを示しているのだと思います。

心の中は淡い光(=愛)に満ちているけれども、大雨が突然降るほど不安定なのです。

なぜ不安定なのか、それは花に秘密があります。

沈丁花

 沈丁花(じんちょうげ)は2月末から3月頃に花を咲かせる木で、その香りで春の訪れが近いことを知らせます。

歌詞でこの花が香り始めているということは、春が近いということでしょう。

そして沈丁花は「面影」という言葉で擬人化され、「この曲の主人公」の姿に重ねられます。

松任谷由実は沈丁花の香りを涙に例えます。春が来て欲しくない人が、近づく季節を思い涙する

花が香れば香るほど、つまり涙が増えれば増えるほど、春は近づいてくる。思えば春は出会いの季節であると共に別れの季節なのです。

あの人と別れる未来を思い、涙する日が増え、春がやってくるのです。

松任谷由実の言語能力の高さが伺える1節です。

【春よ、来い/松任谷由実】教科書にも掲載される名曲!歌詞の意味を改めて解釈してみた!コード譜ありの画像

春が君を連れ去っていく

  G♭M7    A♭/G♭
それは それは 空を越えて
  G♭M7 D♭/F E♭m6 E♭m7/A♭ D♭M7 D♭7
やがて やがて 迎えに来る

G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに
G♭6 A♭ B♭m G♭6 A♭ B♭m
愛をくれし君の なつかしき声がする

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

そして春はやって来て、「愛をくれし君」を連れて過ぎ去りました。

君と過ごしたあの春は遥か遠くへ…。

君との愛の日々であり、青春の日々であったあの春、来て欲しくなかった季節は別れをもたらしたのです。

時が流れる

B♭m G♭6 A♭ D♭M7
君に預けし 我が心は
G♭ A♭ D♭ A♭ Fsus4 F
今でも返事を待っています
B♭m G♭6 A♭ D♭M7 A♭
どれほど月日が流れても
 B♭m Fm7 G♭ A♭ B♭m
ずっと ずっと待っています

出典: 春よ、来い/作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

1番Aメロは君との別れの前、2番Aメロは君と別れた後を歌っています。

かなりの年月が流れたことが推測できます。それでも「君」を愛し待ち続けているのです。

1番と異なり平易な言葉で語られるのは、「君」を思う語り手の率直な気持ち。

1曲通して聞いたときに難しすぎる印象を与えないのは、松任谷由実のバランス感覚が優れているからですね。

難しい文語が使われている分、分かりやすい言葉でストレートに書かれている部分が印象深く残ります。