なぜ満たされない?

DECO*27【妄想感傷代償連盟】歌詞の意味を徹底解説!なぜ満たされない?求めて守って掲げた理想とはの画像

DECO*27の代表作として知られる「妄想感傷代償連盟」。2017年4月3日に公開された楽曲です。

中毒性のあるリズムとキャッチーなメロディは、DECO*27の真骨頂ともいえます。

そして、サウンドだけでなく言葉も洗練されているのがその特徴です。

主人公は何かを求めていますが、一向に満たされることはありません。

もどかしい歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

また、独特な言葉遣いは何を表現しているのでしょうか?

徹底解説していきます。

MVの描写に込められた意味

主人公の内面を描写

こちらは「妄想感傷代償連盟」のMVです。

主人公と男の子との関わりが描かれていますね。

一見すると「赤ちゃん・ぬいぐるみ・動物」などの美しいイラストですが…。

時折、「ナイフ・首を吊る縄」といった狂気を感じさせるアイテムも登場します。

女の子の心に潜む光と闇、二面性を表現しているのではないでしょうか?

最後には文字が画面を埋め尽くして終わります。

これは、彼女の心のざわめきの大きさを意味しているのかもしれません。

食事が意味するのは?

そして、何度も登場する「食べ物」の意味も重要です。食事は「愛着」と密接しています

愛情不足を補うために過食に走ったり、愛情を拒絶するあまり拒食になると考えられているのです。

食事シーンからMVが始まるのは、女の子が愛に飢えていることの象徴だと思われます。

それでは、歌詞からも紐解いていきましょう。

積み重なる不安

DECO*27【妄想感傷代償連盟】歌詞の意味を徹底解説!なぜ満たされない?求めて守って掲げた理想とはの画像

まずはDECO*27らしい韻を踏んだ言葉遣いで、主人公の胸の内が語られます。

感じ取れるのは、吐き出すことなく積み重なった不安。

主人公はどんな葛藤を抱えているのでしょうか?

息苦しい原因は…

言っちゃった
もう一時ちょっとだけ隣に居たい
いやいやまさか 延長は鬱雑い
御免なさい 帰ってね
二酸化の炭素 きみの濃度

浸ってたいよ 泥沼の夢に
身勝手だって言われてもペロリ
不安じゃない 未来はない
その顔に生まれ変わりたいな

出典: 妄想感傷代償連盟/作詞:DECO*27 作曲:DECO*27

主人公は素直に胸の内を表現できない性格のようです。

思い切って「離れたくない」と本心を伝えるも、願いは届かず気まずい雰囲気に…。

愛情が欲しいのに手に入らないもどかしさが歌われています。

そして、今の状況を「二酸化炭素」と表現していますね。

空気中の「二酸化炭素」が濃くなれば、息苦しさを覚えるでしょう。

彼女は今、酸欠状態のような苦しさを味わっているのです。

そして後半では、さらに苦しい恋の沼に溺れることを望んでいます

最後の行ではなぜ生まれ変わりたいと言っているのでしょうか?

おそらく、今の自分のルックスに自信がないのだと思われます。

彼好みの顔に生まれたかった。今の自分の顔を好きになれない。

彼に愛されないのは、自分に魅力がないからだと悩んでいます

少しずつ狂っていく

DECO*27【妄想感傷代償連盟】歌詞の意味を徹底解説!なぜ満たされない?求めて守って掲げた理想とはの画像

知っちゃった
大嫌いを裏返したとて
そこに大好きは隠れてないと
叶えたい この想い
甘え過ぎ太る心回り

“ファット想い→スリム”を掲げよう
出逢った頃と同じ様に成ろう
思い笑描く理想狂
血走る願いはやがて安堵

出典: 妄想感傷代償連盟/作詞:DECO*27 作曲:DECO*27

主人公は君に嫌われてしまったようです。

しかも、ただの「嫌い」ではなく「大嫌い」と表現しており、2人の間に大きな溝があると推測できます。

憎しみは愛情の裏返し」という言葉があります。

単純にこの原理に当てはめれば、「嫌いが大嫌いになる」と同時に「好きが大好きになる」はず。

でも実際に主人公から見た2人の関係は、「大好き」とはほど遠いようです。

君に愛されたいという願望はどんどん大きくなります。

過食でお腹周りが太ったかのように、「心回り」と表現しているのでしょう。

そして、前述したように過食は愛情不足を意味します

後半で歌われているのは、女の子の不安定な情緒。

嫌われる前に戻りたい。やり直したい。理想を思い描くほどに狂っていく様子が読み取れます。