なぜ5万円以上のクラシックギターがおすすめなの?

クラシックギターおすすめ人気ランキング10選!値段は5万円以上がおすすめ!選び方のポイントも解説の画像

クラシックギター相性が大切と表現されるように、一つ一つに個性がある楽器です。

同じ価格でも引き手によって大きく音が違ってきます。

これからクラシックギターを始める人は特に、高価すぎるギター、安すぎるギターを購入するのはやめましょう。

初心者には高価すぎないものがおすすめ

一般的に質のいいクラシックギターは60万から100万円が相場になります。

どんなに高級なクラシックギターを用意し、素晴らしい演奏者が引いたとしても、演奏者のちょっとしたコンディションの良し悪しで音が変わってきます。

それほど個性の強い楽器なのです。

高級すぎるクラシックギターでも5万円ほどのクラシックギターでも、正直なところあまり違いを感じることはないでしょう。

初心者の場合、音の違いを感じることはほぼないといわれています。

素材や見た目のデザインにこだわりたい!という人は始めから高級なクラシックギターを購入して楽しむのも一つの方法だといえます。

「安価過ぎるのはNG」の理由

安いものを見ていくと、1万円ほどのものが見つかります。

しかしクラシックギターとして基本の音が出にくいもの弾きにくさを感じるものが多いのです。

音の響きが弱く、練習の際に強く弾く癖がつきやすくなります。

安いギターが全てそうだとは言えませんが、安価のものは当たり外れが大きいのです。

上手く弾きこなしたい、クラシックギターが上手になりたいと思うのならば安すぎるクラシックギターはおすすめ出来ません。

クラシックギターの選び方

クラシックギターおすすめ人気ランキング10選!値段は5万円以上がおすすめ!選び方のポイントも解説の画像

初心者の人にありがちなのはギターの見た目で選んでしまう事。

自分の好きなカラーで選ぶ人もいますがクラシックギターの場合、ボディのカラーが音色に直結してきます。

その為見た目だけで選ぶのは避けましょう。

ではクラシックギターを選ぶ際はどこに注目して選ぶべきなのでしょうか?

出したい音色にあった素材(カラー)を選ぶ

自分が出したい音色はどんなものでしょう?

軽い音、温かみのある音、低い音など出したい音色はギターの素材によって変わってきます。例を挙げると

  • 「杉」は赤系やブラウン系のボディトップで、深い音、優しい音色、甘い印象の音が出ます
  • 「松」は白系やイエロー系のボディトップで、明るい音、少々固めの音が出ます

またサイドやバックの素材によっても音色は多少変わってきます。

  • 濃い茶系の紫檀(ローズウッド)と呼ばれる素材が使われ、音に深みをプラスします
  • 家具に使用されるマホガニーは赤みが強い茶系で音を軽やかにする素材です
  • 高級なクラシックギターにはボディトップ、サイドそしてバックの素材を一枚板にするものもあります

練習用にはエレガットのないものを選ぶ

クラシックギターおすすめ人気ランキング10選!値段は5万円以上がおすすめ!選び方のポイントも解説の画像

クラシックギターをライブなどで演奏する際は、音を拾うために「エレガット」の付いたギターを弾きます。

しかしこのタイプはサイズが小さくボディも薄く設計されているのです。

その為音が出にくく、弾きにくいというデメリットがあります。

初心者や練習用に購入する際はエレガットのついていないフルサイズのクラシックギターを選びましょう。

弾きやすい弦長と弦高を選ぶ

一般的な弦長650mm、短い方が弾きやすいといわれています。

手が小さめの人や女性は650mm以下のものがおすすめで男性の場合は660mm以下が弾きやすいでしょう。

また弦高は低めの方が弾きやすさを感じます。

ナイロン弦のクラシックギターは他のギターに比べ弦高は少々高めで、6弦3.5mm1弦3.0mmが一般的です。

クラシックギターおすすめ人気ランキング10位~7位

10位から7位は伝統的なギターがランクインしています。

長く愛されているギターには多くの人を魅了する音色がありますね。

10位:Esteve フラメンコギター 8F