"カリスマアーティスト”としての地位を確立したUVERworld

今や日本でトップクラスの人気を誇り、日本音楽界のカリスマ的バンドと言われるようになったUVERworld

「なぜUVERworldが好きなの?」という問いに対し、歌詞の良さ」を答えに挙げるファンは多いと思います。

かくいう僕もその一人です。

それほどTAKUYA∞の紡ぐ歌詞は、詩的で、情熱的で力強い!

TAKUYA∞の曲前MCが特にアツいことでも知られるUVERworldライブ

そのMCで語られる内容はそれぞれの楽曲歌詞にかなり密接に結びついています。

それがTAKUYA∞の「歌詞への向き合い方」であり「歌詞へのこだわり」なのでしょう。

今日はそんなUVERworldの曲の中から、特に歌詞が素晴らしいと思える曲TOP10を紹介します!

第10位 D-tecnolife

心の傷にそっと寄り添う優しさ溢れるロック・ソング

2005年にデビューを果たしたUVERworld。

そのデビューシングルとなったのがこの曲で、彼らの”原点"

アニメ”BREACH”の主題歌に起用されたことから、アニソンとしてのイメージが強いと言えるこの曲。

その歌詞はとてもセンシブルで、聴き手に優しく寄り添い、そっと”心の傷み”を癒してくれます。

癒えない 痛み 悲しみで キズついた 君
もう笑えないなんて 人嫌いなんて 言葉そう言わないで
見えない未来に起こる事 全てに意味があるから
今はそのままでいい きっと気づける 時が来るだろ
錆びきった人のように

出典: D-tecnolife/作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞

深い悲しみに襲われ、誰かを呪いたくなったり、自分で自分を傷つけてしまったり

周りのあらゆるものが憎くて疎ましくて・・・そんな時期が続くのは、本当に辛いことです。

そんなとき、無理してすぐに立ち直る必要はない

錆を落とせばまた鉄が輝きだすように、「心の錆」を、これから少しずつ落としていってあげればいい

聴き手の「心の傷み」にそっと寄り添ってくれる、そんな優しさに溢れた1曲です。

第9位 THE SONG 

ありのままを曝け出して歌う“彼ら自身の歌”

【UVERworld】歌詞が名言!おすすめ人気曲ランキングTOP10!TAKUYA∞の言葉が沁みる!の画像

この曲は、彼らの素顔に迫った同名ドキュメンタリー映画『THE SONG』のテーマソング。

このことからも分かるように、“彼ら自身の歌”であり“彼らの生き様”そのものの曲でもあります。

上の予告編冒頭で、TAKUYA∞が音楽に向き合う時の表情は、真剣そのもの。

UVERworldのプロとしての姿勢、プライドが、そこには詰まっています。

残された時間 才能 運命が決めた限界が此処だとしても
従うつもりはない 理解 理由もいらないよ
ただこの感覚で 魂を奮わせ生きて行く

出典: THE SONG/作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞

いつでもエネルギーに溢れ、ファンに熱いメッセージを送り続けるUVERworld。

映画では、そんな彼らの表舞台では決して見せない葛藤や苦悩が描かれています。

テーマソング「THE SONG」からは、彼らの聴き手へのメッセージを感じられることでしょう。

普段見ることが出来ない、UVERworldのカリスマ性、スター性の裏に隠れた“人間性”に迫る1曲。

心を揺さぶられます。

第8位 哀しみはきっと

「運命」を受け入れ強く生きていくということ