「畢生皐月プロローグ」というタイトルが気になる!

「畢生皐月プロローグ」。いきなり難解なタイトルです。

漢字がまず難しい。

「“畢生皐月”ってそもそもどう読むの?」と思う人も多いはず。

日常会話でほとんど使うことのないキーワードで構成されたタイトル

UVERworldらしさ全開のネーミングです。

さて、この意図とは一体?

まず、タイトルの読み方は?

タイトルの読み方は、「畢生皐月(ひっせいさつき)プロローグ」

UVERworldはLIVEの曲紹介動画でもはっきり「ひっせいさつきプロローグ」と発音しています。

なので、UVERworldオリジナルの読み方などではなく、この一般読みで間違いないでしょう。

「畢生皐月」とは、どういう意味なのか?

「畢生(ひっせい)」とは、“一生、生涯”の意味。

「皐月」は“5月”のこと。

そして、「プロローグ」は“序章”です。

つまり、そのまま意味をつなげると「一生、5月、序章」となります。

一体どういうことなのか…?これは深読みしたくなるタイトル

ですがなぜか歌詞の中には「畢生皐月プロローグ」という言葉は出てきません。

それなら歌詞を順に追うことで、タイトルの意味が解明できるかも…?

というわけで、「畢生皐月プロローグ」の歌詞をじっくり読み解いていくことにします。

「畢生皐月プロローグ」の歌詞を考察

いきなり投げやりな歌詞

oh ノンフィクション いわば鼓動のプリズム
定期的にあらわれるこの衝動 全部やめようかな
安泰も将来も恋愛も関係も携帯も金も もうくだらねぇ

出典: 畢生皐月プロローグ/作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞

冒頭の部分が妙にアンニュイな雰囲気です。

「すべて面倒、すべて手放したい」。そんな感じでしょうか。

今をときめく天下のUVERworldでも、こんな気分に陥ることがあるんですね。

すべてを手に入れているような彼らなのに、なんだか意外です。

UVERworldは2000年が結成年。

とすると、すでに活動歴は長いです。

彼らはきっと、我々が想像する以上に多忙な日々を送っていることでしょう

<音を生み出し、演奏し、歌う。独自の世界観を創り出す>…。

ぼんやりする暇すらないでしょう。

TAKUYA∞氏、本音の吐露…?

期限付けられた指図も真っ平だ やめたやめた naked の heart

出典: 畢生皐月プロローグ/作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞

「ちょっと疲れた、鬱だ」

そんな呟きを思わせるこの部分の歌詞

いつもとは180度異なる、素のUVERworldの姿を垣間見ているかのようです。

また、歌詞にあるように、すでに多くのものを手に入れている彼ら。

ときに空虚さに襲われてしまうのも分かるような気がしませんか?

あまりに欲しいものが手に入りすぎると、人は生きる意味を見失いやすいですから…

この行は、なんとなく“大人の事情”を思わせます。

もしかすると、“ファンの求める曲と、作りたい曲との矛盾”を指しているのかもしれません。

UVERworldの本音が窺える歌詞です。

逃避行願望…?