切ないボカロ曲

音楽では明るい曲やかっこいい曲、聴いていて心が躍るような曲もあれば、思わず涙が出そうになる切ない曲も一定の割合であります。

それは、「ハイテンポで賑やかな音楽」という印象を持たれがちなボーカロイド楽曲でも同じです。

ボーカロイドの透明感ある歌声は、そこに良質なメロディや歌詞が乗せられることで感動的な名曲をたくさん生み出してきました。

そんな、「泣ける切ないボカロ曲」を15曲、厳選して紹介していきます。

ボーカロイド=無感情?

コンピューターソフトによる合成音声である「ボーカロイド」は、その歌の裏に人間がいないことから「無感情な歌声」という評価をされることもよくあります。

そこは個人的な考え方・感じ方なので人それぞれですが、「ボーカロイド曲=無感情」という図式は必ずしも常に成立するとは限らないのではないでしょうか。

ボーカロイドの歌声にはそれぞれのボカロPが独自の技法で細かい調整を入れていて、よく聴くとそこには様々な違いが表れています。

それは、歌手が試行錯誤して自分自身の表現を生み出そうとするのと同じではないでしょうか。

そんな部分まで意識しながら、是非ここで紹介する曲を聴いてみてください。

泣けるボカロの名曲15選

supercell「初めての恋が終わる時」

「初めての恋が終わる時」は、今やボカロ界の枠を越えて人気クリエイターユニットとなったsupercellの初期の代表曲です。

supercellの中心人物・ryo氏の音楽の特徴はキャッチーなメロディと情景が思い浮かぶ歌詞ですが、この曲はその両方の魅力が存分に発揮された名曲となっています。

その歌詞では初恋の人と別れるシーンが、その場所の景色や肌に当たる冷たい空気、頬をつたう涙の温かさまで伝わってくるような臨場感を持って描かれます。

胸が締めつけられるような切なさ・寂しさが感じられて、思わず涙してしまう名曲です。

supercell (通常盤)
supercell feat.初音ミク
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)

n-buna「花降らし」

バンドヨルシカのコンポーザーとしても注目を集めるn-buna。元々はボカロPとして人気を集めていった彼の代表曲のひとつが「花降らし」です。

切ないメロディーとどこかノスタルジックなサウンドが印象的なこの曲では、歌詞で描かれる、花びらが舞う中で踊る少女の姿が鮮明に思い浮かびます。

曲のテーマとなったのはアンデルセンの童話「赤い靴」。意味深で切ないこの物語のストーリーを知ってから歌詞を見ると、その中で描かれる景色の意味が分かってさらに感動できます。是非、原作となった物語がどんなものかも調べた上で聴いてみてください。

和田たけあき「わたしのアール」

「くらげP」の通称で親しまれる和田たけあきの代表曲のひとつが「わたしのアール」です。

同じ目的を抱えて屋上で出会った女の子たちの物語が展開されるこの曲は、最後まで聴くとその歌詞の本当の意味が分かります。

そしてその意味に気づいたとき、きっとあまりの切なさ・やるせなさに泣いてしまう人もいるでしょう。

曲調は爽やかで明るいのにその中で描かれるストーリーはあまりにも悲しいもので、聴き終わった後も強烈なインパクトをもって記憶に残ります。

バルーン「朝を呑む」

今最も勢いのあるボカロPの一人であり、シンガーソングライター「須田景凧」としても活動を始めたバルーン

アップテンポでノリのいい曲調と独特な世界観が印象的な彼の音楽ですが、「朝を呑む」はその中ではやや異色な、ストレートに涙を誘う感動の曲です。

抽象的な表現が並ぶ歌詞は、おそらく少し離れたところへ旅立ってしまった愛する人のことを歌っているのではないでしょうか。

いじらしいほど切なく相手のことを想っている様が、感情を揺さぶるメロディとサウンドに乗せて描かれる名曲です。