話題になったあのドラマの主題歌

切ない恋を歌った名曲

Uru【プロローグ】歌詞の意味を解説!なぜ出会ってしまったの?と思うあなたへ…やさしく寄り添う名曲の画像

繊細な歌声が魅力的なシンガーソングライターUruさん。

彼女が2018年12月5日にリリースする『プロローグ』はドラマ『中学聖日記』の主題歌です。

「禁断の恋」を描いたドラマにぴったりだと評判な『プロローグ』。

今回はその歌詞の意味を独自に解説しています。

駄目だと分かっていても抑えきれない恋心…

Uruさんの美しい歌詞をお楽しみください。

ドラマ『中学聖日記』の主題歌

大ヒット漫画が原作のドラマ!

Uru【プロローグ】歌詞の意味を解説!なぜ出会ってしまったの?と思うあなたへ…やさしく寄り添う名曲の画像

末永聖(演 - 有村架純)は中学校教師として赴任した先で、男子中学生・黒岩晶(演 - 岡田健史)と運命の出会いをする。しかし、聖には既に婚約を交わしている男性・川合勝太郎(演 - 町田啓太)がおり、聖は晶と勝太郎との間で思い悩むことになる。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/中学聖日記

キャッチ・コピーも「教師にあるまじき、純愛」とある通り、中学生と女教師の恋のストーリー。

ドラマ初回放送時は年齢差について賛否両論でした。

原作漫画とはストーリーやキャラ設定が違っているので読み比べても面白いかも?

吉田羊さんが演じる肉食系な原口律など、個性的なサブキャラクターも魅力的な作品です。

スピンオフムービーに『プロローグ』が流れている!

『中学聖日記』のスピンオフムービーが公開されており、BGMとして『プロローグ』を聴くことができます。

残念ながらMVはまだ公開されていませんので、ドラマ本編かこちらで曲を聴いてみてくださいね。

タイトル通りドラマ本編の『プロローグ』といった内容で、聖が赴任する前の生徒たちの様子が描かれています。

主題歌になった作品に合わせて曲を書き下ろすことも多いUruさん。

今回はどんな歌詞を書いているのでしょうか。チェックしてみましょう。

歌詞の意味を解説!

映画のようにワンシーンを切り取っている

目にかかる髪の毛と
かきわけた指
壊れそうでどこか
寂し気な背中

頼りない太陽を
滲ませながら
微笑んだ その横顔
見つめていた

出典: プロローグ/作詞:Uru 作曲:Uru

まるで映画のワンシーンのように歌詞の主人公は誰かの仕草を思い出しています。

細かく動作まで覚えているほど印象的だったのでしょう。

相手の背中からは何か悩みを抱えている様子がうかがえます。

「太陽」とは決して手が届かないもの。

主人公は相手に対して自分が持ってないものを持っている「まぶしさ」を感じているのでしょう。

でも、やはりその「まぶしさ」も不安定。

だからこそ、はかなくて美しい。

背中には色んな想いを抱えていながらも、微笑むその顔。

主人公はその表情から目が離せないでいます。

どうして気づいてしまったの

いつの間にかその全て
視界に入ってくるの
心が波打つ痛みに
どうして気づいてしまったの

出典: プロローグ/作詞:Uru 作曲:Uru